※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆このページでは、霧雨の野望における鈴木重意について詳細に解説しています。
史実での鈴木重意について詳しく知りたい方はwikipediaなどの鈴木重意を調べてください

鈴木重意(すずきしげおき)(永正8年?(1511年?- )

鈴木家当主。雑賀衆頭目。
滅亡後は姉小路家に仕える。本願寺攻略後は越中防備に当たる。



☆出生・家族構成


☆官位・役職
加賀守護 (Act54:1565年5月~)
紀伊守護(Act78:1567年2月~)

☆参加合戦



革新能力
統率79 武勇89 知略70 政治47 義理82
足軽B 騎馬D 弓D 鉄砲S 計略B
兵器D 水軍C 築城C 内政D

うp主解説
佐太夫。紀伊雑賀衆頭領。雑賀衆は鉄砲戦術に長けた傭兵集団。
本願寺と手を組み、石山合戦の際に雑賀孫一らを送り込み信長に抵抗した。
経歴通り、鉄砲に明るい戦争屋。普通に戦闘要員として使うだけでなく、
後から若い名将が登場した時の鉄砲熟練養成役にも適している。

緑の人解説
鉄砲の扱いに長けており、佐々成政や織田信長を負傷させたことで知られる。
信長による紀伊征伐の後、信長に下るも本能寺の変以降は再び独立勢力して割拠する。
その後、秀吉による紀伊征伐を受け降伏。最後は藤堂高虎によって謀殺されたとされる。

雑賀党党首。石山戦争時に鉄砲隊を率いて本願寺に協力。以降、織田軍と抗争を続けることとなる。
鉄砲の扱いに長けており、天王寺の戦いで信長の右大腿を撃ったとされている。
(戦い自体は敗北)

(白コメントより)
群雄の昔より中級者の心の友。特に天翔記の攻めかかる織田の大軍を
向こうに回した弾幕プレイは人気が高い。


東方風武将解説
「信長を負傷させる程度の能力」