※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆このページでは、霧雨の野望における赤松晴政について詳細に解説しています。
史実での赤松晴政について詳しく知りたい方はwikipediaなどの赤松晴政を調べてください

赤松晴政(あかまつはるまさ)(永正10年(1513年- )

Act.53で初登場。
夜なのに赤くなっている空やレミリアの蝙蝠の大群に怯え、山名家に降伏。
その狼狽ぶりは官兵衛萃香も呆れるほど。


☆出生・家族構成


☆官位・役職


☆参加合戦




革新能力
統率16 武勇21 知略27 政治29 義理34
足軽D 騎馬D 弓D 鉄砲D 計略D
兵器D 水軍D 築城D 内政C

うp主解説
赤松家当主。領国を牛耳る浦上村宗が細川家の争乱に介入するとこれに便乗。
不意討ち同然に浦上勢の背後を衝き、村宗を討つも権力回復はならなかった。
こちらはネタになるレベルの無能。戦には一応勝っているのにこの扱いは酷い。
紛れもなく逆コーエー補正の被害者で、当然ながら使い道は無いに等しい。

緑の人解説
8歳で家督相続。内乱、内乱、内乱と…飛騨を統一できなかったいい笑顔みたいな感覚を受ける。
父の義村が浦上氏と対立して敗れてしまったため、わずか8歳で家督を譲り受けることとなる。
村宗を討っても尼子に敗れて堺に逃亡するなど、権力は失墜の一途を辿った。
晩年は浦上政宗と、その政宗の擁立する嫡男義祐と対立する日々であった。

東方風武将解説
「(´・ω・`)な程度の人物」
「傀儡にされる程度の人物」