※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆このページでは、霧雨の野望におけるレミリア・スカーレットについて詳細に解説しています。
東方Projectでのレミリア・スカーレットについて詳しく知りたい方は東方wikiなどのレミリア・スカーレットを調べてください

レミリア・スカーレット(Remilia Scarlet)(劇中では紅魔レミリアで登録)(? - )

紅魔館の主、吸血鬼。山名家に身を寄せている。
正式な登場以前に、Act36とAct50で此隅城を築城したことにより既に所在は判明していた。
(Act36の築城はなかったことにされた)

動画での正式な初登場はAct53。
赤松家の姫路城を攻め、その様に当主の赤松晴政が恐れをなしたため
(レミリア自身には不本意ながら)無血開城を成し遂げる。
弓木城の戦いではダブル明智の早撃ちを防ぐカリスマっぷりを発揮している。

山名家降伏に伴い姉小路家へ。そのまま西国勢に加わると思いきや、毛利がお気に召さないらしく対武田の東部戦線へ。

他の動画では能力値に見合わぬカリスマ崩壊がよく見られるが、能力が数値通りに反映される革新ではカリスマ溢れる感じである。

BGM
亡き王女の為のセプテット アレンジ:Ezel-Ash

☆出生・家族構成

1500年頃(1503年?)生まれと推察される。
家族は妹のフランドール・スカーレット。他に、十六夜咲夜を始めとする従者と共に
幻想郷にある紅魔館で暮らしている。


☆官位・役職

☆参加合戦
弓木城の戦い(山名)、生野の戦い(山名)



革新能力
統率87 武勇107 知略62 政治16 義理40
足軽A 騎馬B 弓C 鉄砲A 計略B
兵器C 水軍D 築城D 内政D
戦法:槍衾、早撃ち、組撃ち、罵声、鼓舞、威圧、籠絡

うp主解説
紅魔郷ラスボス。本物の吸血鬼。完全な火力特化型キャラとして設定。
100を超える武勇から放たれる固有戦法「組撃ち」の破壊力はまさにカリスマ。
砲台役としては文句無しの最高級だが、知略は並、統率も絶対的とまでは行かず
単独で使うと意外な脆さが出る事も。出陣の時は補佐役を付けてあげたい。

緑の人解説
「運命を操る程度の能力」(吸血鬼)
最近は、いろいろな動画でカリスマのないお嬢様だが果たしてここではどうなるか。

ヴラド・ツェペシュ(ドラキュラ公)の末裔を自称し、
夜の王としてのプライドは高く性格はかなり我が儘。
極めて高い身体能力を持ち合わせており、肉弾戦で叩き潰すのが得意。
また、再生能力所持のためほぼ不死身。
しかし、流水、ニンニクなど苦手な物も多く、
日光は特に苦手なため日中で歩くときは日傘を持ち歩く。
最近言動やらネーミングセンスやら幼女化などでカリスマ急降下ty(ピチューン

(Act.53水色コメントより)
他動画ではカリスマ暴落に歯止めが掛からない。
能力がプレイに反映しないキャラでチルノとは真逆の補正が掛かる傾向。