更新日時: 2011/11/02 14:40:42
アクセス数: -


Tripwire's KILLING FLOOR -COOP SURVIVAL HORROR-



ストーリー


―8月の最後の日、活気のあったロンドンの街は全てが変わってしまった。
有名な生化学関連企業「ホージン社」のオフィスを数千人の暴徒が包囲しているという通報が寄せられた。
市街の秩序回復のため、この暴徒達を鎮圧すべくロンドン市警の機動隊が直ちに呼び出された。
目撃者の証言によると、ホージン社のエントランスは粉々に粉砕されているとのこと。
警察は政府お抱えの軍産企業に対して、少々まずい事になっても、建物の内部を調査せざるを得なかった。
数人の武装した若い機動隊員が建物内部へ潜入、彼らは自身が活躍する機会を逃したくなかったのだ。

現場に到着した警官達は破壊されたエントランスを目の当たりにする。生々しい傷跡を残す大きな穴があいた扉の残骸、捻じ曲がった金属の塊等、それらすべてが暴徒達を早期に鎮圧せねばならない事を物語っていた。
そして、機動隊長がその場にいた隊員達の意見を聞いていた時、暴徒の一人がエントランスの瓦礫の中から転がり出てきた。
この暴徒が恐ろしい混乱を引き起こすまでには、瞬く間しか要さなかった。
この素っ裸でやつれた暴徒は側にいた警官の首へ噛み付いて、その肉を食い千切ったのである。
その次の瞬間には、機動隊の持つ9mm拳銃が一斉に火を噴いた。

当たりは血臭で満たされた。
その臭いに釣られたのか建物の中から、大勢の暴徒達が姿を現した。
彼らは何かを渇望するかのように、遠吠えを上げながらゆっくりと動き出す。
彼らは大きいモノや小さいモノがおり、手足には彼らが断末魔に手にしていた物なのか電動ノコギリや肉切り包丁が握られていた。

機動隊長は今起きている惨状が冗談で、彼らはちょっとばかり気味の悪いサーカス団員なのだと祈るほかなかった。

その日、ロンドンは凄惨な屠殺場(Killing Floor)と化した。

TOP

製品化までの経緯


KILLING FLOORは元はUT2004上で動作するMODでした。
最初のバージョン1.0は2005年頃発表され、独特の雰囲気を持ったカスタムモデルとマップによりカルト的な人気を博しました。
開発はカナダ在住のAlex氏が開発チームの中心となり、KILLING FLOOR Communityの有志によって行われていました。
2008年、Alex氏はUT2004でのMOD開発に限界を感じ、版権のすべてを繋がりのあったTripwireへ売却しようと考えましたが、
すでに同じアンリアルエンジンのMODであったRedOrchestraの製品化、Steam配信で一定の成功を収めていたTripwireはKILLING FLOORに市場性を見出し、逆にAlex氏のチームも製品版開発へ参加するよう提案しました。
現在はAlex氏を中心としたMOD版開発チームがKILLING FLOOR製品版の開発に携わっており、MOD版KILLING FLOORの開発は終了となりました。(現在も各ミラーサイトからダウンロードしてプレイする事は可能です。)

Tripwire版KILLING FLOORはMOD版からプレイスタイルはほとんど変わっていません。
ウェーブ毎に現れる多くの敵を6人で協力して捌いていくだけです。
ウェーブ間に買い物、溶接、回復を効率よく行うというのも変わっていません。
肝心のFPS部分は若干カジュアルになりましたが、武器の泥臭さやバラエティは相変わらず最高です。
MOD版プレイヤーも違和感なく移行できる魅力的なFPSに仕上がっています。


TOP



  • テスト -- (名無しさん) 2009-11-23 21:23:05
  • 公式にあるKFのバックストーリーの和訳を追加。英語力の無さから間違いがあるので雰囲気だけ掴んで貰えれば幸い。 -- (名無しさん) 2009-12-02 12:45:14
  • テスト -- (名無しさん) 2010-01-10 08:30:21
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

TOP