※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Aphmau(ミッション編)



  • ヒューム♀、独自フェイス、通常配置無し
  • 家族構成:兄(Razfahd)、父(Jalzahn)死去、母(ジュブリール)死去
  • アトルガン皇宮に仕える宮廷傀儡師の15歳の少女。
  • その招待は、アトルガン皇国聖皇・Nashmeira二世。
  • 一人称は「マウ」Nashmeira時は「わらわ」


アトルガンミッションでのアフマウ&ナシュメラ

  アフマウ・ナシュメラはアトルガンミッションで重要な役割を担っている為ページが長くなり、別にまとめる事にしました。なお、アフマウの動向だけでなくOvjangMnejingの行動も一緒に記していきます。
  アフマウとNashmeiraは同一人物ですが、イベントの台詞の記載と統一して書いております。


登場はアトルガンミッション「双蛇の謀」より。
ナシュメラはRazfahdと皇都の情勢を話しながら、アフマウはOvjangと盗み聞きしている。
不滅隊より「幽霊船」と「漆黒のルザフ」の復活の噂を聞く。


冒険者の所属するサラヒム・センチネル社にアフマウとOvjangRishfeeが現れる。
幽霊船の調査をサラヒム・センチネル社、そして居合わせた冒険者に依頼する。

Razfahdの名を使い、捜索中の冒険者を皇宮に招待する。
ナシュメラ、幽霊船の正体を掴んだ冒険者への褒美にグローリークラウンを与える。
上の件がRazfahdにバレ、怒られる。マトン達は過保護と逆に煽る。

Karababaアトルガンに到着。お供のカーディアンKing of Heartsが出迎えたMnejingと口論。
Razfahdの客であるが、OvjangKarababaKing of Heartsに怒りを覚える。
OvjangMnejingを再起動させ、King of Heartsと戦闘へ。Mnejing敗れる。


憤慨したマウ。

反動でOvjangが気絶している間にアフマウは「表着」に着替え「お忍び」の準備をする。

二人(?)は宮を抜け出しKarababa偵察にシャラトトへ向かう。
シャラトト茶屋にて、冒険者と会話しているKarababaを発見。
アフマウ、自分より先にスィーツを食べている事と冒険者を私物化するKarababaに嫉妬。
(盗み聞きの為二人は屋根の上、Ovjangは上から覗くアフマウの足を掴んで支えてる)
Karababaと冒険者の行き先・エジワに先回りするアフマウとOvjang
魔笛に似た「ぐるぐるの欠片」を発見、物色していた所Wawaroonらキキルンに襲われる。
後に到着した冒険者とKarababaの精霊魔法がキキルンを追い払う。
King of Heartsに「ナマ・イッテンジャ・ナイヨ!」とOvjangが発言(ナジャ社長の真似)。
King of HeartsのファイガIVでアフマウ・Ovjang・冒険者が吹き飛び気絶。

Karababaは「ぐるぐる」の絶縁体を手に入れ先に帰ってしまう。
Ovjangは、この時インプとマムージャの群れに連れ去られる。
アフマウと冒険者は、不滅隊の通達により駆けつけたRazfahdが救出。

アフマウ、宮廷でOvjangが行方不明に気付く。
Razfahdはこの時OvjangよりMnejingを大事に思ってる節が垣間見れる)
不滅隊のRaubahn、アフマウが「表着」の時の方が活発で奔放だと指摘。
Ovjangの不在にアフマウ・Mnejingは不安を隠せない。

Razfahd、冒険者を皇宮に召集。アフマウが行方不明になっている事を告げる。
不滅隊のRaubahnAmnafからMnejingも消えている事を教えて貰う。
二人はOvjang探索に向かったものと推測される。
先にアフマウ達を探しに向かった不滅隊のRishfeeと合流し、捜索の協力を依頼される。
エジワで、気絶しているRishfeeを発見。
アフマウ達の手掛かりは見つかったが、今はここにいないと言う。


ワラーラ寺院にて、アフマウが匿われていると、僧のNadeeyが明かす。
アフマウの過去、寺院に預けられていた時代の話もこの時聞ける。
封魔堂でアフマウとMnejingは、当時の思い出話(二体が話すようになった時期)をしている。
現れた冒険者とRishfeeに、Ovjangを探し続けたいから「帰れない」と明言。

Gesshoが山麓で苔が着いていた赤い機関人形見たと情報を提供。Ovjangの可能性が高い。
しかしRishfeeはエジワで気絶した時や、不滅隊の情報よりGesshoを信用出来ないと発言。
Gesshoが向かったと言い残した(仕事依頼の記録な無し)マムークにこそOvjangは要ると推測。アフマウは、Ovjang救出の為に冒険者、Rishfeeとマムークへ向かう。

マムークでは、マムージャの幹部達とGulool Ja JaGesshoらが密談していた。
内容はOvjangに秘められた「我らを滅ぼすもの」についてだった。
その場に潜伏していたアフマウ達にGulool Ja Jaが気付き、Ovjangが放り投げられる。

ブレーカーが落ちてる様子のOvjangを、アフマウが回収に走る。
突如現れたインプFlitMnejing、そしてOvjangが捕らえられる。
Luzaf登場、二体を「厄災の双人形」と呼ぶ。
二体を連れて魔方陣へ消え行くLuzaf達をアフマウも飛び込んで追いかける。

「幽霊船」ブラックコフィン号に連れてこられたアフマウと二体。
Ovjangは復興されたのか、アフマウと共に船旅を楽しんでいる様子。
「鉄巨人アルザダールと冥路の騎士」の絵を発見する。
Luzafに危害は加えないものの、二体に「用事」があるから帰せないと告げられる。
一方冒険者は、アフマウ捜索の為に「ペリキア」に赴く命を受ける。

ペリキアに向かうブラックコフィン号。
アフマウと二体の待遇は良いらしく、すっかり打ち解けている。
Luzafも心境の変化が伺えるが、会話は不快音によって打ち切られる。
これは、合成獣ラミアを動かす皇国の笛の音だとLuzafの発言。
200年前も同様な出来事があり、Luzafらコルセアの隠れ家を一掃を一掃した。
皇国がそのような事をするはずがないと反発するアフマウ。
真実を見るために、ペリキアに急ぐ。

冒険者と合流していたRazfahdと不滅隊はラミアを操りアフマウ捜索を続けていた。
物陰より、Luzafとアフマウ達はこれを目撃する。
アフマウの発言によりアフマウはRazfahdの妹とLuzafも知る。
Razfahdを直接問い詰めるアフマウ。
(お互い「見知らぬ異性」と居て嫉妬してるような会話にも聞こえる)


ラミアは冒険者と同様、自分達の味方だと説得を試みるRazfahd
それらが皇国が作った化け物で、半死半生の味方を食い殺したと罵るLuzaf
そしてアフマウこそがナシュメラ2世、聖皇だとも判明する。
Razfahdが後継者にならなかった理由と彼の秘密を明かす。
衝撃を受けたナシュメラも、大人しく皇国に戻ると合意する。
しかし仇のアトルガン皇族が目前に居ると知ったLuzafの怒りが暴走し冥界の騎士が現れる。
ラミアを一掃するも、崩れ落ちるLuzafに駆け寄るナシュメラ。
Flitに魔方陣の出現を命令し、Luzafと共に、アシュタリフ号に戻ると宣言。

アトルガン形式の礼で兄に別れを告げる。
状況の全貌が見え、Razfahdは冒険者をアフマウ捜索から任を解く。


それから目を覚まさないLuzafを見守り続けるアフマウ達。
倒れたLuzafを看病するアフマウに、イフラマド風の敬礼をする船員。
様子を見に来た船員やうなされるLuzafは「審判の日」を口にしていた。

アフマウ達が船の甲板を掃除したり、雑用をこなしてる頃、Luzafは目を覚ましていた。
寝ずに看病していたアフマウに礼を述べ、自分の過去を明かすLuzaf
恨んでいるのは当時の皇国であり、今のアフマウ達には恨みも殺意もない、と。
目標を失ったと語るLuzafにイフラマド王国の再興を提案するアフマウ達。
その為には聖皇として力を貸す、とも。
しかし復習と引き換えのOdin(冥界の騎士)との契約は履行済みと笑うFlit
冥界への扉が開かれたと言われるハザルム試験場に向かう事になる。

アシュタリフ号に冒険者が現れ、船員に発見される。自分の身を案じての事と喜ぶアフマウ。
疑いが晴れないLuzaf達やFlitの策略もあり、冒険者はイフラマドの財宝を護衛することに。

ナシュメラはLuzaf達と共にハルザムと着き、Odin召喚を目撃する。
異界より流れたアストラル風により気絶するアフマウ。


Flitの煽りもあり、銃をナシュメラに向けるLuzaf
しかしそれはLuzafの策であり、裏でFlitが不穏な動きを起していた事を確認し、撃つ。
契約が成就してしまったLuzafはナシュメラに、Alexanderの破壊を持ちかける。
RazfahdAlexanderを復活させれば、LuzafOdinが降臨する。
つまり全土を巻き込むラグナロクが起こってしまう。
しかし、現場に、Luzafの部下を壊滅させたRazfahdが現れLuzafを拘束する。
冒険者の「主権」やアトルガン国の政権について言い争うRazfahdとナシュメラ。
ナシュメラに「輝金の短剣」を託され、その場から魔法で逃がされる冒険者。

Razfahd達の会話により、Alexanderの詳細が語られる。
OvjangMnejingにパーツを組み込んだのはナシュメラの母、ジュブリールだった。
ナシュメラはこの段階では、自室に引き篭もっている。

ゴルディオス(Razfahd達が作ったAlexanderの媒介)にマトン達を組み込む事に。
二体からJalzahnとジュブリールからの最後の伝言・警告が流れる。
ナシュメラの目前で二体は頭を残して砕け、Alexanderとゴルディオスと融合。


意識を取り戻したナシュメラは、無残に壊された二体を目の当たりにしてしまう。

四国が動き出し、Alexanderが動き出した頃、ナシュメラは再び皇宮から脱走していた。
サラヒム・センチネル社へ逃げ込み、Abquhbahにより社長室で匿われていた。

戻ってきたナジャ社長により、ナシュメラがサラヒム・センチネル社のオーナーでもあると明かされる。
四国でLuzaf救助を命じられた冒険者と同様に、ナジャ社長もナシュメラから命じられていた。
改めてLuzaf救出に向かう際、ナシュメラは兄Razfahdを説得する作戦に。

ナイズル遺跡の奥、Razfahdとナシュメラの交渉は決裂した。
Alexanderを操る装置をナシュメラが奪う作戦を思いつく。
その隙を作るために冒険者は不滅隊Raubahn・Razfahdと対決する。
しかしAlexanderの意思が覚醒し、暴走を開始する。
Alexander(ゴルディオス)と戦う冒険者。

Ghatsadを押しのけ、回路の停止を試みるナシュメラ。
一方、内部からOvjangMnejingAlexanderの意思を押さえ込んだ。


Alexanderを停止させたと喜ぶナシュメラ。

現場に駆けつけたLuzafに走りよる時に、Alexanderからの光がナシュメラを貫く。

Luzafの怒りによりOdinが降臨し、とうとう「ラグナロク」が始まる。


二神が激突する中、ナシュメラはRazfahdの幻影を見る。

一方、Luzafもオーディンの意思に反し剣を収める、AlexanderOdinは静止した。


瀕死のナシュメラに自らの命を注ぎ、生き返らせるLuzaf
イフラマドの民を彼女に預け、新たな異界の海へと彼は消えていった。

数々の出会いと別れにより、彼女は成長した。

アトルガン皇国にて、第16代聖皇ナシュメラ2世陛下の再戴冠式に招待された冒険者。
更にナジャ社長、四国の代表者も集まっていた。

今回は自分の好きなように戴冠式をしたい、と言うナシュメラ。
聖皇としての今後の政治方針を宣言する。
四国、そしてGesshoの働きで東の国の和議も成した。
冠を授けるのは、ナシュメラの意思により「腹心」の冒険者が努める事に。
しかし冠はGhatsadが歯車の調達に溶かしてしまったという。その歯車がパーツとなったのは…。
復活したOvjangMnejingだった。しかもMnejingにはRazfahdの記憶が宿っていた。

今回の働きによりナジャ社長とサラヒム社に褒美を与える。
新たな「王冠」としてナシュメラは冒険者の「心」を授けて貰う。
ナシュメラより報酬を受けた冒険者に、Ovjangは投げキッスをする。

ミッション・その後
Nashmeira : わらわは聖皇として学ぶべきことが、あまりにも多く仕事も山積みとなっています。
Nashmeira : もう、あなたと共に旅をする機会もないことでしょう……。
Nashmeira : あなたが、この国に来てくれて本当によかった……。