※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Shantotto


  • タルタル♀、4B(金髪)、ウィンダス石の区・博士公邸(K-7)
  • ウィンダス口の院の元院長であり、ウィンダス三博士の一人
  • クリスタル戦争での英雄の一人
  • 現ウィンダス連邦政府元老院議員首席

関連イベント
  • Final Fantasy XI外ゲーム「DISSIDIA FINAL FANTASY」(FFXI代表)
  • 特別BC「ヒロインズ・コンバット」ウィンダス代表
  • ウィンダスミッション
  • プロマシアミッション
  • コンフリクト開催の際、ウィンダス代表として会議に出席。
  • アトルガンミッションの際、同様にウィンダス代表として参加。
  • 黒魔道士AFクエスト
  • チョコボレース(パシュハウ沼激闘編)
  • クエスト「闇のまなざし」「星の大樹(黒AF3)」「血塗られた道(両手棍WS)」「淑女たちの饗宴」等

代表セリフ集
  • 「あら!わたくし、ブチ切れますわよ。」
  • 「……ぶっ壊す!」「……ぶっ殺す!」
  • 「オーホホホホ!よござんす!」
  • 「ああ、まったく残念ですわ。あんなに素敵な手袋がせっかく手に入りましたのに。相手を殺してでも手放したくはなかったんですけれども……、アプルルが「手の院の予算3年分で買い取る」というから、仕方なく売ってしまいましたの。わたくしも、まるくなりましたわね。そうそう、満月の泉での戦いに呼ばれなかったことも、恨んではおりませんのよ。……ただ、少しばかり呪わせていただきますけどね。オーホホホホ!」
  • 「わたくしのファンか、どこかのスパイだと思うけれど、不愉快この上ないわ。わたくしは見せ物じゃないことよ。」
  • 「あら、わたくし富くじなんて、別に興味ありませんことよ。 だって、お宝なんて、自分の手でつかまなければ、なんの価値もありませんもの。」
  • 「オーホホホホ!脆い!脆いですわ!!」
  • 「オーッホホホホホ!ご覧じあそばせ。美しい炎のダンスを!」

関連事項(補足)
弟子にAjido-Marujidoがいる。
両親とも優秀な黒魔道士を輩出した由緒正しい家系の出身。
設定は「黒魔道士」。各種古代魔法・ホーリーの使用が見られている(クエスト)
得意分野は「呪い」と「魔法」、開発も行っている。両手棍EVWSの伝授者でもある。
淑女らしい口調、愛らしい姿とは裏腹に、プライドが高く気が強い。
ゲーム内での登場をはじめ、公式記事などの扱いからしてもヴァナ最強NPCの一人という扱いと思われる。
Yoran-OranKoru-Moruと共に「ウィンダス三博士」と称されている。
公式有名人好感度ランキングでウィンダス一位。
公式での扱いも「ウィンダス代表」としても単独のネタキャラとしても頻繁に登場しており、その独特の女王気質を強く印象付けている。
「モグボナンザ」でのインタビューでは、意外にギャンブルには興味が無いような発言をしている(宝は自分で掴むもの)。
「アルタナの神兵」開始段階はウィンダスには居ないが……。
DISSIDIA FINAL FANTASY」ではFFXI代表キャラクターとしての登場が11/22/2008 の公式オフラインイベント「ヴァナ★フェス2008」で発表された。
DISSIDIA FINAL FANTASY」で発表されたボイス担当声優は林原めぐみ嬢。
2009年発売予定の「追加シナリオ」の一つのタイトルが「シャントット帝国の陰謀」。
年齢不詳




公式告知:“モグボナンザ”街頭インタビューにて「ウィンダス代表」として登場