※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新着情報


【まとめ特設ページ】出没!アド街ック天国:2009年9月19日(土)9時~:テレビ東京を作成しました!!



じゃがいも入りやきそば【栃木】 まとめ @ ウィキ とは?

 栃木県栃木市で普及している「じゃがいも入りやきそば」について調べているのですが、
 「いつごろからどういうきっかけでジャガイモを入れ始めたのか誰も知らない。」「都賀とか西方ではぜんぜん知られていないのはなぜか・・・」「一方、足利・桐生ではポテト入りやきそばと呼ばれているらしい」など、謎が多い食べ物であります。
 wikiでみんなの情報を集めていければと思い、開設しました。→wikiについてはこちら参照

じゃがいも入りやきそばの特徴

  • じゃがいも入りやきそばは栃木県栃木市で普及している焼きそばで、一口大に切ったゆでたジャガイモか、いもフライを焼きそばと一緒にいためたもの。wikipediaの記事
  • 麺は二度蒸し、一度蒸した麺をもう一度蒸す。色は茶色っぽくなるが、やわらかくモチモチとした食感になる。
  • じゃがいもは蒸(ふ)かして、ホクホクにしておく
  • 肉(鳥?)で出したスープを入れて炒める。

どこで食えるのか?(地理)

 まず、栃木市内の家庭では「焼きそば」といったとき、とりあえずジャガイモが入ってるものだと思っている。
  • 西方では、入ってない。
  • 都賀では、入ってない地域もある。
  • 大平では、入ってない地域もある。
  • 小山は入ってることが多いみたい。参照
  • 鹿沼は細切りのイモが入っている店がある。参照
  • 今市・日光は"いまいち"よくわからないけど、多分入ってない。
  • 佐野はよくわからないのですが、焼きそばにいもを入れるお店はあまりないらしい。(栃木の「いも入り焼きそば」と足利「ポテト入り焼きそば」は別々に進化したのでは・・という仮説)
  • 足利以西の両毛地域は同じものが「ポテト入り焼きそば」と呼ばれている。

お店で食べる

「じゃがいも入り栃木やきそば会」加盟店

マップ番号 店名 業種
1 ないき食堂
2 日出海家
3 佳伸 (残念ながら閉店しているみたいです)
4 大豆生田商店 やきそば専門店
5 お好み焼きおおで
6 未都
7 こうしんの店 駄菓子屋
8 仲よし 駄菓子屋(しばらくお休み中らしいです。H19.12.1現在)
9 かねふくストア 八百屋
10 好古壱番館 喫茶店
11 ふくや 食堂
12 栃木グランドホテル レストラン
13 まごまご
14 黒田焼そば店
15 たかだ 焼きそば専門店 店の外観は立派じゃないが味・おばちゃんのサービスはどこにも負けない!!
16 上永野キャンプ場
17 トゥインクルフード

加盟していないけどじゃがいも入りのお店

店名 業種 どのへん?
巴波の小歴 喫茶 うずま公園近く
長栄軒 食堂 うずま川沿い
さだづか 駄菓子屋 3小の近くらしい?
観光館の中のお店 ?? 栃木蔵の街観光館内
つがや ?? ??
岡本商店 やきそば専門店 本町通り・城内十字路前

メディアのPRぶり

山口智子とじゃがいも入り焼きそば

 ドラマ「ロング・バケーション」中で、栃木市出身の山口智子演じる葉山南が、木村拓哉演じる瀬名秀俊と「焼きそばにジャガイモを入れるか入れないか」についてさりげなく、自然体で議論する場面があります。

瀬名「じゃがいもなんか普通、焼きそばに入れないでしょ」、
南「入れるもんねー、あたし。」

「『ロングバケーション』の若者ことば」小矢野哲夫(http://www001.upp.so-net.ne.jp/ketoba/long.html)より引用

テレビ

「こんにちわいっと6けん」NHK H19.7.11
「Nippon検定」フジTV H19.6.24
「にっぽん菜発見」テレビ朝日H18.1.22 番組HP
「ぶらり途中下車のたび」日本テレビH18.5.6 番組HPその1 番組HPその2
「おはよう日本」NHK H17.7.16

ラジオ

「RECO」JFN H18.9月ごろ

新聞

「朝日新聞(栃木版)」H19.7.12
「日経新聞」H18.2.4
「リビングマロニエ」H17.11.12

雑誌・ガイドブック

「dancyu」プレジデント社 H19.10
「旅の手帖」交通新聞社 H19.9
「散歩の達人」交通新聞社 H19.5
「食楽」徳間書店 H19.4
「散歩の達人」交通新聞社 H17.10
「旅」新潮社 H17.5
「(仮称)ご当地B級グルメ」日本出版社 H19.12発行予定
「2008年版全部うまい店」プレジデント社 H19.10
「ガイドのとら 日光・那須」カントリープレス H19.10
「るるぶドライブ首都圏発ベストプラン」 JTBパブリッシングH19.3
「るるぶ栃木‘07」 JTBパブリッシング H18.8
「イケ麺!」(勝谷誠彦/著)新潮社 H18.4
ガイドブック一覧へ

歴史とか由来とか

  • 「戦後の食糧難の時代に、量を増やすためにいもを入れ始めた」という説、駄菓子屋でいもフライと焼きそばを扱っていたが、両方混ぜても美味しかったので普及した」という説があるがいまだよくわかっていません。

リンク集

一応カウンター

【通算】
-
【今日】
-
【昨日】
-