※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

(※女性向け、R18。初心者作品。)

ようこそ、お待ちしておりました。
突然お呼びたてして、申し訳ありません。
私は、あなたのお世話のために使わされた者です。

あなたは、栄えある「千年シチュウ」の材料に選ばれました。
「千年シチュウ」の伝説を、お聞きになったことがおありですか。

「千年シチュウ」。
天空の王が千年かけて、コトコト、コトコトと煮込んでいる。

太陽と月のおぼしめしのままに、コトコト、コトコト。

そのとびっきりのシチュウの材料に、あなたは選ばれたのです。
これはとっても名誉なことなんですよ。
身の回りの、煩わしいものごとの、一切から解放されて、あなたは天空のシチュウに溶けてしまえる……。
「千年シチュウ」の一部となって感じるのは、ぼんやりした軽い倦怠感。
永遠に続く、甘美な、生温かい、まどろみ……。

これから、あなたには、シチュウの材料として、相応しい状態になっていただきます。
「千年シチュウ」の材料には、とびきりリラックスした体と心が必要です。
私は、そのお手伝いをさせていただきます。

どうぞ、横になって、楽にしてください。
手足を伸ばして、リラックス……リラックス……。
まだまだ固いですよ。
息を大きく吸いましょう。
吸って、吐いて、
吸って、吐いて……
あなたの体を、天空の濃い空気に慣らしていきます。
吸って、吐いて、
吸って、吐いて、
天界の空気は生気が濃く、馨しい。
あなたの肺から、血管、心臓、脳へ、濃い酸素が送りこまれます。
あまりの濃さに、むせ返るほど……。
だんだん、あなたは濃い空気に酔って、頭がぼんやりとしてきます。
ぼんやり……ぼんやり……。

全身の力を抜いていきます。
ゆっくり、ゆっくり、ひとつひとつ、ていねいに……。
上から、頭のてっぺん、額、目元、口元、首、肩、胸、背中、お腹、腰、太もも、ひざ、ふくらはぎ、足首、足の甲、つま先。
二の腕、ひじ、手首、手のひら、指先……。
やわらかく、やわらかく。
急がずに、ゆっくりでけっこうですよ。

それでは、やわらかくなった体に、白い布をかけて、大きな蒸し器に横たえます。
あなたの全身がすっぽりと入る、大きな大きな蒸し器です。
これはとある惑星に生えた、特別なヒノキを使って作った蒸し器です。
とても良い匂いがするでしょう。

蒸し器の中で、あなたは蒸気に包まれていきます。
じんわりと、背中から温かさが広がって行きます。
指先がぽかぽかとしてきます。
ぽかぽか、ぽかぽか。
どんどん温度が上がっていきます。
ぽかぽか、ぽかぽか。
だんだん、体の脂肪が溶けていきます。
トロトロ、トロトロ。
トロトロ、トロトロ。
あなたの中の悪い物質も、いっしょに溶けだしていきます。
疲れ、ストレス、イライラ、そういったものは「千年シチュウ」に相応しくありません。
しっかり取り除いておきましょう。
トロトロ、トロトロ。
トロトロ、トロトロ。

悪いものが全部流れおちたら、蒸し器から取り出します。
ほかほかと蒸し上がった体は、信じられないほど白く、つややかです。
悪いものを全部出して、あなた本来の体に戻ったんですね。

まだ肌がしっとりしているうちに、全身に、オイルとハーブをすりこみます。
そう、下ごしらえです。
まず、顔。やさしくマッサージしながら、くるくる、くるくる。
気持ちいいでしょう。眠たくなってくるかもしれません。
次に、手。包み込むように。
指の一本一本まで。
つづいて、腕、肩……いかがされましたか?
力を抜いて下さいね。
腋の下……くすぐったいかもしれませんが、身を任せて下さい。
胸……乳房の先……念入りにオイルを塗り込みます。
おや、ここがまだ足りないようですね……。
ちょっとつまんで、重点的にマッサージしますね。
やわらかく、やわらかく。
大切なのはリラックスすること……あなたが最も気持ちいい状態になることですよ。

下に進んでいきます。
脇腹、お腹、腰……。
オイルをぬるぬると塗り込みます。
太もも……一番大切なところは、最後に重点的に。
ふきらはぎ、足、足の裏、指の間……。
たっぷりハーブをすりこんでおきます。

さて、お待たせしました。
下ごしらえは、全身くまなく、ね。
どこかだけ、抜かすことはできません。
あなたの一番大切なところも、もちろんマッサージさせていただきます。
足の付け根をマッサージしながら、広げていきます。
ひだとひだの間に指を入れ、すり、すり、
割れ目の入り口を、くちゅ、くちゅ、
小さな突起を、つん、つん、
ここがお好きですか?
なら、指の腹でくる、くる、くる、
声を出していいですよ。
たくさん、気持ちよくなってください。
ほら、割れ目からこんなに蜜が溢れています。
これは、とっても美味しいエキスになるんですよ。
もっと、もっと気持ちよくなりましょう。
どこがよろしいですか?
私に教えて下されば、その通りにいたします……。
ああ、そこがよろしいんですか、では……。
これは……?
なら……?
ああ……本当に気持ち良さそう……本当に美味しそうです。
つい、つまみ食いしたくなってしまうくらい……。

……もっと、気持ちよくなりたいですか?
あなたを最上の状態にするためなら、私には味見をすることが許されているんですよ。
あなたの入口に、ぬるり、とした固いものが侵入してきます。
心拍数が上がっています……いけませんね、あとでクールダウンしなくては。
ぴったりと、あなたの粘膜と私の粘膜が、張り付きます。
あなたの中で、私が動きます。
あなたの中を、トロトロとかき回します。
ていねいに、ていねいに、腰を使って、大きくかき回します。
ときどき、先端の張ったところが、壁にひっかかって、あなたの脳にビリビリとした刺激が伝わります。
ぬるぬる、ぬるぬる。
あなたの中のものは、更に大きさを増し、あなたの中を圧迫していきます。
動きは段々激しくなり、卑猥な音が響きます。
グチュ、グチュ、グチュ、グチュ。
私が三つ数えると、あなたは最高の恍惚に達します。

3、2、1……ドクドクと、あなたの中で私が脈打ちます。
あなたの体液と私の体液が混ざり合います。

深く、深呼吸をしましょう。
吸って、吐いて、
吸って、吐いて、
あなたは最高のリラックスに到りました。
吸って、吐いて、
吸って、吐いて、
あなたはこれから「千年シチュウ」に溶けていきます。
「千年シチュウ」の一部となって感じるのは、ぼんやりした軽い倦怠感。
永遠に続く、甘美な、生温かい、まどろみ……。

目を閉じて、天空の大鍋をイメージしてみましょう。
安楽の地がそこにあります。
ずっとそこにいたいなら、このまま眠ってしまいましょう。

もし、引き返したいのなら……このまま、耳を傾けていてください。
元の世界に返してさしあげます。






良いですか。
3、2、1……(手を叩く音)

栄えある「千年シチュウ」の材料に選ばれたというのに、もったいないことをなさいました。
残念です。
もしも、気が変わって、「千年シチュウ」の材料になる決心がついたら、いつでもお呼びください。
また、お手伝いさせていただきます。
それでは。