※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀河帝国海軍 第24特殊戦術飛行隊



 銀河帝国海軍 第24特殊戦術飛行隊(NSF-24)、通称 グリーン・リザード中隊 は帝国海軍の特殊戦闘機中隊である。新共和国期のキャッシーク侵攻などの任務において輝かしい戦績を残したが、統一戦争の際、ウィン・チェスターの駆るOウィングによって壊滅し、解隊された。

部隊データ



活動拠点:銀河全域
構成:12機のTIEオプレッサー
隊員数:12名のパイロット、47名の整備部隊、6名の特殊訓練教官
活動時期:帝国~

概要



クリーチャーが多く潜む密林や、エイリアン種族による特殊な戦術を採用している勢力と戦うために組織されたのが、このグリーン・リザード中隊である。彼らのほとんどがエイリアンやクリーチャーなど非人類種族についての豊富な知識を持ち合わせており、その知識が爆撃や襲撃、交戦で多いに役立っている。彼らはスローン大提督が敵の芸術文化を知り、戦略に生かすのと同様に知識を戦略に生かしているのである。キャッシーク侵攻の直前には、トランドージャンのパイロットが隊員に編入されている。中でもウスクという名の黄土色の肌をしたトランドージャンはグリーン・リザード史上最も活躍した非人類パイロットだった。ウスクは、キャッシーク侵攻の際にウィング・メイトであるサフレット・ゲリドスをかばって戦死している。
|