※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラッキー・ロンド



 ラッキー・ロンドは、コルサント出身の帝国軍人。男性。

概要



出生


 ラッキー・ロンドは、クローン大戦の真っ最中、商人の家に生まれた。彼は幼い頃から宇宙船に憧れており、末期のコルサントの戦いでは、軌道上でのほとばしるレーザーの光を飽きることなく見つめ続けていたという。

 皇帝による新秩序が施行された後、そんな彼が真っ先に飛び込んだのが帝国アカデミーだった。彼はアカデミー内のフライト・スクールで戦闘機の操縦と戦術を専攻、その成績は常に上位であり、卒業が迫るころには主席での卒業が有力視されていたが、結局二番目の成績で卒業することになる。この理由については、新共和国がコルサントを奪回した際、彼が帝国への忠誠と、皇帝の理念への理解に乏しかったためであったことが流出した個人情報ファイルに記載されている。

実戦


 だが前途有望な彼が優秀であることに変わりは無く、アカデミーを無事に卒業すると、すぐさま惑星フォンドアの防衛艦隊に配属された。彼は艦隊の戦闘機中隊の一員として当時建造中だったスーパー・スター・デストロイヤー<エグゼキューター>の守備任務に就くこともあった。だが、反乱軍による<エグゼキューター>への破壊工作が行われた際、ルーク・スカイウォーカーがTIEファイターに乗り込んでいたために敵機と誤認され味方に撃墜されてしまう。その後、同造船所ではクローキング装置を搭載したスーパー・スター・デストロイヤーが建造されていたが、ローグ中隊率いる反乱軍艦隊が再び攻撃してきた際、またも撃墜される。最終的にスーパー・スター・デストロイヤーはローグの活躍により破壊され、帝国軍は大損害を蒙るのだった。だが、2度の被撃墜を経験しながら、どちらの惨事も無傷で帰還した彼には、名前にもなっている幸運があったのかもしれない。

盟友との出会い


 その後、アウター・リムの辺鄙な駐屯地に転属を受け、ラッキーはそこでエドリアン・クラフスコフと出会う。彼はトリッキーな男だったが、ラッキーはエドリーと意気投合するようになり、戦闘任務でもお互いの弱点をカバーしあいながら戦果を挙げていった。エンドアの戦いの直前には「機械人形」のような印象の女性パイロット、ユズキ・マクファーレンとも出会い、ラッキー、エドリー、ユズキの3コンビは、この頃から形成されていくのだった。

 エドリー、ユズキとの友情を深めていく中、現地での実戦で効果的な戦績を輩出していたラッキーは、帝国アカデミーのでの優秀な成績も相まって、コレリアの帝国アカデミーに特別教官となる機会を手にする。彼はしばらくの間そこで訓練生達に指導を重ね、そこで若きエリッヒ・ハルトマンとも知り合うのだった。彼はパイロットとしての天性の素質を持っており、成績も飛びぬけていたが、ラッキーは帝国の理念に心酔していた彼に「帝国軍人であることに誇りを持つのもいいが、戦場では一人の兵士として飛べ」と説く。この言葉は、その後のエリッヒに大きな影響を与えることになるのだった。

エンドアの戦い~内乱


 その後、ラッキーの所属していた部隊は経歴を買われ、エンドア軌道上での反乱軍壊滅作戦に参加することになる。3人はインペリアル・スター・デストロイヤー<ストラッグラー>に配属され、反乱軍を迎え撃った。ラッキー達はこの戦いで合計6機の反乱軍戦闘機を撃墜するという快挙を成し遂げたが、エンドアのシールド発生装置が破壊され、<エグゼキューター>も反乱軍の猛攻により轟沈、パルパティーン皇帝も遂にデス・スターと共に破壊されてしまう。デス・スターの爆発の衝撃はによって<ストラッグラー>も壊滅的なダメージを負うが、3人はどうにか帰還し、エンドアから撤退したのだった。

執筆中

  • 上官の権力闘争に反抗し、ティルファング中隊に左遷される。ユズキは懇願書出して一緒に異動する。
  • バスティオン協定ののち、統一戦争で英雄に。
  • その後、ティルファング・リーダーの座をディータ・マイヤーに譲り、ちょびっとアカデミーの教官をしたあと退役
  • アマナとシャンスをもうける。
  • ペレオンいわく「帝国軍人のなかでもっとも人間らしい男」
|