※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エアリアル・トルーパー



  エアリアル・トルーパー は、帝国地上軍のトルーパーの一種であり、主に空挺部隊として作戦に投入される。

構成



活動拠点:銀河系全域
構成:不明
活動時期:旧共和国~
主なメンバー:不明

概要


 エアリアル・トルーパー、または単にエア・トルーパーと呼称されるこのトルーパーは、旧共和国軍から帝国地上軍にて使用された航空兵員部隊である。

 このエア・トルーパーは背中に装備されたリパルサーパックを使用して遥か空中に飛び上がることのできる兵士達で、上空からの支援任務を行うほか、目視による戦場偵察の一翼も担っている。更にガンシップなどから飛び降りる空挺部隊とても採用され、その任務は多岐にわたるものの、扱いにくいリパルサーパックの戦術的な使用方法の熟知や兵士自身の身体的な高い練度が必要とされるため、その数は他のトルーパーに比べると限られたものとなっている。

 エアリアル・トルーパーの特徴はなんといってもリパルサーパックだろう。このリパルサーパックはジェットパックよりも遥かに効率的な装置であり、旧共和国時代のエア・トルーパーには大型のジェットパックが使用されていたが、新秩序の数年後からこれが使用されている。リパルサーパックはジェットパックのように燃料タンクが必要なく、また騒音も格段に低い。そして遠方からでも視認性の高いバーナーの炎もリパルサーパックには存在しないため、このエアリアル・トルーパーは空中にいながら、高い隠密性を得ることが出来るのだ。初期のリパルサーパックは非常に質量が大きいことでトルーパーに嫌がられていたが、エンドアの戦いの直前からは小型で大出力のリパルサーパックが開発され採用されている。リパルサーパックは完全装備のエア・トルーパーを10秒で240フィート(約80メートル)上昇させることができ、上昇限度は17000フィート(約5700メートル)に達するが、タイプIの上空5700メートルの大気はトルーパーの呼吸フィルターの大気呼吸濃度補正機能の対象外である上、他の航空機との衝突の危険性があり、緊急時・特別任務以外では160メートル以上の上昇が許可されていない。しかし通常時と緊急時を判断するのはエア・トルーパー自身であり、緊急時を称して自由自在に上昇する兵士も一部には存在する。また、エアリアル・トルーパーのアーマーはストームトルーパーのものを基にしているが、更に隠密性を高めるためにアーマーには灰色~緑色の制空迷彩が施されている。