※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

T-65A-5



  T-65A-5 Xウィング・スターファイター は、真共和国が配備するXウィング・シリーズの最新鋭機である。

スペック



機種名:T-65A-5 Xウィング・スターファイター
製造元:インコム社
級種:宇宙戦闘機
分類:宇宙戦闘機
大きさ:全長12.5メートル
速度:3,900G(ブースターを使用した場合は4.500G)、110MGLT、8SU/STP、時速1200キロメートル(大気中)、操縦性基準75DPF
操縦要員:1名
乗員定員:なし
搭載機:なし
積載重量:110キロ
航続期間:1週間
価格:160,000クレジット(新品)
動力機構:ノヴァルデックス社製O-4Z低温パワー・セルおよびイオン化反応炉
推進機構:インコム社製MKIドライブ・モジュール、インコム社製4j.4核融合推進エンジン(または4L4核融合推進装置) 4基(能率300KTU)、インコム社製GBk-585ハイパードライブ(クラス1.0)、高機動ブースター 4基
航行装備:ファブリテク社製ANq3.6追跡装置、ファブリテク社製ANs-5dセンサー・ユニット、ファブリテク社製kブレイカン小型センサー、Sフォイル駆動装置、Sフォイル後縁フラッペロン、ギャックス社製生命維持システム、ガイデンハウザー社製射出シート、ケンパット社製シールド発生装置(能率50SBD)、トープレックス社製Rq8.Y航法電子制御パッケージ、インコム社製IN-344-B照準型ホログラム投影装置、カーバンティ社製万能型トランシーバー・パッケージ、メリハット社製多重映像専用エネルギー受信装置、ターナ・イア社製電子画像受信装置、長距離型位相変調タキオン検出装置PA-9r、短距離型脅威分析装置PG-7u、バートリアック社製高出力能動型通信妨害装置、FGLコンデンサ、トランスパリスチール・キャノピー、アストロメク・ドロイド・ソケット、外部ナセル 4基、サリルコープ社製反応体攪拌注入装置、排気孔、消火装置
武装:ボーステル社製ボーステル・ディスラプター 4基(連動式)、アーメック社製フラストレーク・イオン砲 2基、クルプックス社製MG7プロトン魚雷発射管 2門(各4発搭載)
機体材質:チタニウム合金(能率20RU)

概要



 T-65A-5と呼ばれるXウィングの改良型は、公国大戦時の真共和国の実質的な主力戦闘機である。T-65A-5は銀河内乱の最中に一部で使用されていたヘヴィXウィングとA-3型の性能を同時に発展させたもので、帝国のTIEアクシスなどの超高機動性能を持った戦闘機の実戦配備による軍事的バランスの崩壊に危機感を募らせた真共和国首脳が急遽インコム社に設計を依頼したものでもあった。

 T-65A-5の特筆すべき性能は、やはり高機動性だろう。A-5はTIEアクシスと同様の技術を使った各Sフォイルに搭載された4基のブースターによる高機動性が売りで、ノズル内の偏向軸ではなく、ノズル自体を三次元に曲げることで推力偏向を行うA-5の新型ブースターの性能はTIEアクシスに匹敵する。また、TIEアクシスの高機動ブースターは他の機より劣る速度を補うためのものでもあったが、A-5は通常推力で問題なく飛行できるため、ブースターは高機動時以外は余分な推力となる。そのため通常は使用させておらず、TIEアクシスの慢性的な使用とは対照的なブースターは、過熱による高性能な冷却装置も必要としない。更に通常推力と合わせて使用することにより一時的に最高速度を大幅に引き上げることも出来るため、ブースターの点で見ればオリジナルのTIEアクシスより高い性能を誇っている。この事実はTIEアクシスの製造元であるシーナー&シグナス社もしぶしぶ認めており、A-5の技術は後のTIEエリミネーターの参考にされることになる。

 また、A-5のもう一つの特徴はコクピット下にあるインテーク型ストレーキであり、このストレーキはプロトン魚雷発射道の全体を覆っている。大気圏内での飛行に関してこのストレーキは一見空気抵抗を起こす障害物のように見えるが、実際には揚力増加にも貢献している。更にストレーキにはもう一対のプロトン魚雷を収納でき、プロトン魚雷の総弾数を向上させている。武装に関しては、技術発展に伴った性能向上が図られており、前改修型までのテイム&バック社製KX9レーザー・キャノンではなく、より高威力のボーステル社製のキャノンを搭載している。また、前述のストレーキに搭載されている冷却器の性能向上により、下のSフォイルにはもう一対のアーメック社製フラストレーク・イオン・キャノンが搭載されており、武装面でもTIEアクシスに匹敵する。また、アストロメク・ドロイドによるサポートは健在であり、T-65A-3までより、より多くの航行制御をドロイドに依存させている。ドロイドは頭が外部に露出しているために敵の攻撃を受けやすいが、シールド発生装置の性能向上により、ドロイドには強力な保護が施されている。

 全体的に見れば、T-65A-5とTIEアクシスの性能に良し悪しの評価を付けることは出来ない。T-65A-5に搭載されたブースターはTIEアクシスのそれを上回っており、非常に洗練されたTIEアクシスのアヴィオニクスにはA-5も追いついていない。だが、このようなA-5もTIEアクシスも、友好政策を取り合う真共和国と帝国の水面下における軍拡競争の一部であることは、紛れもない事実であろう。