※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TX-130F




  TX-130F インペリアル・ファイター・タンク は、帝国地上軍の採用する小型ファイター・タンクである。

スペック



機種名:TX-130F帝国軍仕様セイバー級ファイター・タンク
製造元:クワット・ミリタリー・アームズ社
級種:ファイター・タンク
分類:スピーダー
大きさ:全長8.2メートル
速度:時速400キロメートル
操縦要員:操縦手 1名、砲手 1名、車長 1名
乗員定員:なし
搭載機:不明
積載重量:750キロ
航続期間:不明
価格:不明
動力機構:不明
推進機構:不明
航行装備:シールド、各種センサー、反応型複合式装甲
武装:ミディアム・ツイン・レーザー・タレット 1基、ボーステル社製ヘヴィ・レーザー・キャノン 2基、震盪ミサイル発射管 2門(各12発搭載)
機体材質:反射型合成装甲

概要



 TX-130などの高速軽量の全く新しい種の戦車はクローン大戦でLAAT/iと並び、最も活躍した兵器と言って良いだろう。しかし、ファイター・タンクと呼ばれる級種を確立してしまったTX-130の偉大な功績は大艦巨砲主義を絶対とする帝国の台頭によって過去のものとなってしまった。多くのファイター・タンクは第一線から退けられ、その姿は辺境の小さな基地でしか見られなくなってしまったのだ。
 エンドア戦い後もTX-130Tが前線に配備されることは極めてまれだったが、和平協定の直後に勃発した統一戦争は銀河に暗い影を落としたが、TX-130Tに明るい未来をもたらした。戦争中盤のシー攻防では、シーに駐在するE-58基地のTX-130Tが予想外の戦果を上げたのだ。このファイター・タンクは迫りくる統一軍の上陸部隊を次々と返り討ちにしてみせ、TX-130Tの利点である素早さを最大限に活用したこれらの戦い方は、のっそりとしか進めないウォーカー兵器より有利に立ち回れたのだった。

 統一戦争後、帝国議会は統一軍の猛攻により激減した地・海両軍の代理的兵器を模索していたが、シー基地司令のマースタ・リーレ大佐がこのファイター・タンクの思いもよらない戦果を報告すると議会はその戦果に興味を示し、その後、迅速にTX-130Tの改良型の採用が決定した。他の攻撃を受けた帝国軍の辺境基地でもTX-130Tが活躍した事実は、リーレが議会に報告を行わなければ永久に忘れ去られる事実だっただろう。

 クワット・ミリタリー・アームズ社は帝国の要求仕様に達する性能をTX-130Tから引き出すため、機体の再設計を行った。いくら戦果を上げたとしても、TX-130Tはもはや30年前の兵器であり、旧式なのである。その後、TIEアクシスの正式配備から数ヵ月、大幅な改良を終えた試作機X/TX-130Fが製造され、100台が再編成された機動艦隊に限定配備された。最新のF型は真下からの攻撃に弱いウォーカーの補佐として各AT-ATに1台ずつ支援戦車として配置される。時に迅速性の必要とされる任務ではLAAT/cによって戦場に投下され、単独で潜入任務を行う場合もあり、こういった任務に就くTX-130Fは敵からは忌々しい侵入者として憎まれている。これらはエメストロの戦いなどで期待通りの戦果を収めると、急速に帝国地上軍に浸透していったのである。

 TX-130Fもまた、軽量小型で高速ながら戦車に分類される陸上兵器であり、上部ハッチから外を監視する戦車長とタレット以外の武器の操作を行う砲手、自身を移動させる操縦手の3名で運用されている。戦車長はタンク全体の指揮を執るのはもちろんのこと、バイノキュラーで遥か目視外の標的を確認したり、ハッチに備え付けられた回転式タレットを使って近距離の敵を攻撃することもできる。TX-130Fは他のTX-130シリーズと同じく、小回りの利いた素早い動きが必要とされるため、熟練の操縦手がその任におかれることが多い。また、外の視界が前方の2つの四角いビューポートというだけでは機動性の高い操縦に支障が出るため、車体に取り付けられた多角カムによってコクピットのディスプレイにリアルタイムで横方向、広報などの状況が映し出される仕組みになっている。砲手は上下40度、横20度まで砲角を傾けることの可能な車体横の1対のボーステル社製レーザー・キャノンと震盪ミサイルの操作を行い、後者は合計24発の搭載画が可能であり、自動装填される仕組みになっている。近接戦闘ではレーザー・キャノンを使って敵を蹴散らし、目視外のターゲットには震盪ミサイルを使用して破壊する。極めて防御力の高い標的に対しては近距離でも破壊的な威力を持つミサイルが使われる傾向にあるが、その場合はミサイルの射程外であるために完全無誘導であり、砲手の技量が問われる場面である。また、ミサイル発射管は2門あるため、一方に通常の震盪ミサイル、もう一方に近距離用のミサイルといった具合に柔軟な使い方をされる場面もあり、任務によってはマウント化されたヘヴィ・レーザー・キャノンの兵装ポッドにEMPパルス迫撃砲、エナジー・グレネード発射管などのより攻撃的な兵器に換装することも可能である。
|