※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀河帝国



  銀河帝国 、通称 帝国 は、北西アウター・リムの9セクターの惑星が加盟する惑星国家連合体である。首都はバスティオン

歴史



執筆中

所属宙域



中央基幹宙域


加盟支配下宙域


独立加盟宙域・惑星


政治



政治体系


 銀河帝国の首都はサーティネイニアン星系の惑星バスティオンに置かれており、帝国全体の政策や方針の全決定権を持つ帝国モフ評議会はバスティア市で運営されている。だが、全ての重要機構がバスティオンに集中しているわけではなく、銀河帝国海軍の主要基地はリンディーンヤガ・マイナーにあり、銀河帝国銀行ムーニリンストに存在する。
 現在帝国の支配下にあるセクターは9つに及ぶが、1つのセクターの最高権力者はモフであり、モフの配下にそれぞれのセクターの省庁や機関が存在している。そしてモフや軍の高官が集って開催される評議会が帝国モフ評議会であり、それぞれのセクターの省庁はバスティオンの省庁本部で統括されている。

加盟支配下惑星


 加盟支配下惑星は、文字通り帝国に加盟する惑星のことである。
 帝国は人間・エイリアンに関わらず加盟を歓迎しており、加盟することにより、
  • 政経の一体化
  • 関税の緩和
  • 安全保障条約の締結
 を主なメリットとし、周辺のセクターに加盟を呼びかけているが、加盟自体は星系単位で可能である。
 帝国という概念上、加盟後は「支配」つまり隷属化に置かれることになるが、これは銀河内乱時代の名称の名残であり、個々の加盟惑星の権利については、事実上共和制国家のそれと何ら変わらない。


経済



 銀河帝国の経済は近年にかけてより強固なものとなりつつある。中央銀行は、ムーニリンストの銀河帝国銀行

通貨


 帝国の公式通貨は 帝国クレジット で統一されている。また、帝国クレジットは名称やデザインこそ違うものの、真共和国の発行する共和国クレジットと全く同様の通貨であり、両通貨は国内・国家間の取引においても共通化されているため、混合して使用することも可能である。

軍需産業


 帝国の産業を語る上で切っても切り離せないものが軍需産業である。建国以来銀河最大の軍事大国として君臨していた帝国は、大規模戦争の頻度が少なくなってきた現在においても偏執的なまでの軍事力を保持しており、それを供給している国内企業もの規模もまた銀河で最大クラスを誇っている。

国外との取引


 帝国の国外との貿易は、輸出入共に真共和国が圧倒的な割合を占める。コーポレート・セクターで活動する民間企業への支援にも積極的であり、その見返りとして、食糧を初めとした多くの生活必需品を同セクターから優先的に購入している。
 また、ハット・スペースとの交易を禁止するノベサ条約の主要加盟国としても知られており、自国民のハット・スペースへの出入国を禁止している。そのため、事実上国交が断絶している。

執筆中

軍事



 帝国はその国の規模が小さいと言えど、銀河系において真共和国と肩を並べる列強国家である。パルパティーン時代の名残である帝国軍は依然として銀河最強といえる錬度や士気を誇っており、国土や経済に対する軍事的密度は銀河系内でも他の国家や同盟の追随を許さない。

軍事体系


 銀河帝国には、大きく分けて2つの軍隊が存在する。かの有名な帝国の中央政府が保有する海軍、地上軍と、それぞれの加盟惑星が保有する独自の防衛軍である。前者の軍隊については銀河帝国海軍を参照されたし。後者の防衛軍は帝国軍から独立しているが、安保条約により、帝国軍の艦船の優先的な供与・購入が認められている。そのため、防衛軍の多くは帝国軍払い下げの兵器を運用しており、両軍は一見見分けがつかないものの、僅かながら他社の兵器、独自開発した兵器を使用している惑星も存在する。だが、その多くも軍事利権によって帝国軍の旧式兵器を購入させられてしまうことがほとんどであるといい、これは帝国への数々の批判材料となっているが、帝国政府はこれを否定している。

他国への影響


 帝国の強固な軍事力は周辺の独立セクターに大きな影響を与えており、ペレオン・ドクトリンが表明されてから多くの時間が経っている現在でも、帝国へ警戒心を抱かざるを得ない状況となっている。一方、帝国は周辺セクターに無闇に警戒心を与えたり、実際に攻撃を行ったりすることはないが、極端に挑発してきたり、敵対している国家には容赦なく侵攻していくことで知られる。
|