※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トルシャリュスBP-12



  トルシャリュスBP-12 は、銀河公国宙軍、国防軍が採用するブラスター・ピストルである。

スペック



型式:トルシャリュスBP-12
製造元:プリンシパリティ・ミリタリー・アームス社
種別:ブラスター・ピストル
価格:700クレジット
射程距離:47メートル~62メートル

概要



 銀河公国は、近代的な軍備を持つ連合国に対抗するため、多くの新型火器を製造していった。その中で、歩兵や士官、護身用にと司令官にまで普及していたブラスター・ピストルがこのトルシャリュスBP-12である。

 トルシャリュスBP-12は、プリンシパリティ・ミリタリー・アームス社によって「小型ピストルになるべく大きな攻撃力を持たせる」という典型的な設計構想に基づき開発された。このブラスター・ピストルはティルヌアンナビッティアンコリミアンと手の形状が大きく異なる種族間でも共用できるようにするため、銃把(グリップ)が特殊な形状となっており、一般的な人間の手で使用することが出来ない。これは帝国軍のトルーパーなどが戦場で鹵獲し、使用するという事態を防止することにも繋がったのだった。

 トルシャリュスBP-12は銀河の平均的な軍用ブラスター・ピストルと同じくセミオート式であり、威力調整弁が本体右側に取り付けられている。威力モードは装甲貫通、殺傷、標準、麻痺(スタン)の四つが選択でき、通常は標準モードでのレーザー・ボルト47発分のパワーパックほを使用する。麻痺モードでは生物を気絶させることができ、標準モードでは衣服を着た生物を殺害することが可能である。殺傷モードではストームトルーパー・アーマーを貫通させることができるが、トルシャリュスBP-12の特筆すべき点といえば、やはり装甲貫通モードてだろう。このモードでは重兵器の装甲にすらダメージを与えることができ、この事実は敵兵器の操縦士に「公国軍兵士はその全員が潜在的な対戦車兵である」という驚異的な威圧感を与えることが可能である。だがその反面、装甲貫通モードは反動が非常に大きく、また膨大なパワーを消費するために有効射程は著しく減少する。このため、装甲貫通モードは最後の切り札として使われることが多かった。
|