2010年3月30日


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2010,3/30
レクチャーが中心の会

丹波の医療について
  • 過疎化、高齢化
  • 心筋梗塞、脳卒中に24h対応する医療機関が無い
  • 3次救急するところがない

(1~3次救急について)
1次救急→入院の必要がなく、外来で対応可能な患者の対応
2次救急→入院の必要がある重症患者の対応
3次救急→2次救急では対応できない複数診療科にわたる特に高度な処置が必要、または重篤な患者への対応機関
心筋梗塞,多発外傷、重症熱傷の患者など。

勤務医vs開業医
勤務医は、開業医と比べて
収入が半分
勤務時間は1.5~2倍

鹿屋医療センターについて
→開業医が輪番で一時救急担当
紹介状あればすべて受け入れる。紹介状がなければ一切受け入れない

開業医輪番制について
欠点:専門外医療を診ることの抵抗
対策:全科みれる総合医・家庭医の養成


寺沢先生の話
Phisician scientist vs Clinician Educator
今まで大学病院の教授になれるのは、研究をして、論文を沢山出すような、科学者的な医師(Phisician scientist)が多かった。
→これからは、患者を診ることと、後輩の医師を育てる事に重点を置く医師(Clinician Educator)が求められる。

総合医と専門医
今の病院では、専門医がほとんど
→全科見れる総合医・家庭医を養成する。専門医は主に大病院のみにして、下図のような構図を作る

診療所の総合医
↓↑ ←→大病院の総合医、ER医←→専門医
中小病院の総合医