本田先生の講演会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本田先生講演
2007年5月
日本の医療費安いが、質はいい(考えてみれば、非常識な話。医師の努力によってきた?)
but3h,3m診療、相部屋→レベル低い、途上国並み
自己負担は一番高い
一人当たり医療費・・・
→超高齢化

勤務医の給料が安い(大企業より安い)


医療崩壊
1医師不足
日本の医者は26万人だが、80、90歳の人も含む。(アメリカなどでは65歳で切ってる)
偏在は嘘?→偏在はあるが、東京、四国など、医師が多い件でも、OECD平均の方が多い(14万人不足)
日本では年3、4千人増えてるが、OECD平均になるまで、30~40年かかる。2020年には世界最低か。

59歳まで、週60時間労働

2低医療費政策
医療費亡国論
3医療従事者の認識不足
どうすればいいか
→情報発信!