※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラ対策(ver.B用)


・対アルクェイド

地上のB攻撃はアルクのほうが強いので、B攻撃で打ち合いをしない。相手のBには2C先端やj2cを当てたり中距離からおもむろにBECを出して相手の攻撃の出始めに当てたりするのもあり。
こっちの2Aがあたらない近距離が一番危険なので、一気に近づくか距離を開けて仕切りなおす。
ディレイ邪魔よ!や肘打ちの暴れ&ジャンプ潰しが強いので、攻撃をガードして距離が開いてもうかつに動かない。

・対暴走アルクェイド

地上通常技はほぼアルクと一緒。BE5Bと3Cにハイパーアーマー。
空対空ではJBとJCの判定の強さ、置き空中リング、たまに出てくるJ2Cのおかげでまず負ける。こちらのJB先端あてでも勝てる技はないし、先出しカウンター狙いでも相手の相殺が強いから基本打ち合わない。
空中リングはできればEXシールド>Aですき消しから反撃or逃げ。こちらの置きor適当J攻撃をカウンター取られたらごっそり減らされるから空中戦は特に慎重に動く。
空対地でも置きAアルトネーゲルや5A等で落とされるのであまりジャンプしないほうがいいかも。Aアルトはもの投げ多用すればつかってこないが。
地上での固めは下手に暴れるとBEBやディレイ地上リングやEXカッツェがささるし、投げからのEXカッツェのコンボor受身狩りと結構痛いものが多いのでアルクとは違う意味でつらい。地上リングをシールドすると、キャンセルEXリングを取りきれないからやらない。
前ジャンプからのjBや空中リングならガードしこみで空中投げにいくか、リングなら見てからシールドで。距離が開いているときに後方ジャンプから空中リングなら下をくぐるか弁当やもの投げでも。
相手がジャンプ多用するならB埃でも。どこにジャンプするかにもよるが、とりあえず空中リング振ろうとしてる相手にはよくあたる。読まれてない限りは地上でリングがあたるくらいだから、空中カウンターもらうよりはいい。
EX地上リングは出始め数フレーム無敵、EXヴァイスは出始め数フレームと持続の後の方は無敵なし、EXアルトは出切るまで無敵。
EXヴァイスは持続の後半を当てられると微不利。近めでガードなら投げ確定。

・対シエル

5CC後は基本五分五分、距離によっては相手有利。シンカーや黒剣のいれっぱ狩りに注意。シンカー後は微有利。
セブンスとEX黒剣は相手にもよるが常に注意。何度も同じ固め、行動をしない。
セブンスはガード、EX黒剣は最低空中カスあたりすればフルコン。
JC>(着地)>のぼりJCや2CC>J攻撃or下段からの見えない中段に注意。後者はファジーガードでも何とかなるけれど慣れないうちは難しい。コンボからの空投げから狙いにいけるからコンボ食らった後で壁際だったら注意する。
中央だと空投げ後に前後の二択あり。空投げ後に最速ダッシュで裏、遅いと前になる。
のぼりCは最初のJCをシールドくらいしかまともに対処できないので、相手の考えを読む。成功しにくい、ヒット確認できない、と相手のリスクも大きいから一回やってきたら考慮に入れるくらいで。
2CCは派生C後のJ攻撃か下段にバンカーでもいい。
2BB>AorBハイロゥはAがきたのに反応して2Aで動けるように。でもBにあたるくらいならAから投げられたほうがいい。
5C等からのEX黒剣はジャンプなどで動こうとすると移行フレーム中にあたるからミスだと勘違いして動かない。
椅子を設置しておくとセブンスの一段目を相殺してくれるのでガードしやすくなる。
知らない相手にはフルコン、知っている相手にはけん制になるから置く価値あり。

↓経験談のようなもの。いらないようなら消しちゃってください↓
2CCの連携は、ほとんどの人が最初は中段を出してくるから立ちガード、としてもいいかも。その後JC>JBとくるから二回立ちガードする。二回目からは相手の戦い方を見て読む。


・対吸血鬼シオン


・対シオン

2Cにスーパーアーマー。
エテグラは下段、エテエアは全身無敵。
威嚇射撃は一発はこちら微有利、他は相手有利。
打ち合いではJCにまず負けるかよくて相打ち。潰すならこっちの攻撃を置いておく。
6B、ちょい溜めC>2Aの連携に対してBECか6Bが見えたらとにかくシールド。
バクステが要所で重宝するけど、使いすぎると2C>EXエテグラからフルコン。
端の物投げ固めは1入力だと2Cで狩られるから6入力が基本。

・対遠野秋葉

低空鳥は見てから空投げかなるべくシールドをとるようにする。 
相手の5Cや2Cの射程内ではうかつにジャンプしない。こっちの2Bが届くなら2B>2Cで相殺当てにして振るか、強気にダッシュ2Aで攻める。秋葉は地上ダッシュが遅いから地上バクステで逃げもあり。
空中の高めで鳥を出してから前方ダッシュしてくるときは、鳥見てからハイジャンプ空投げで。後方ダッシュしてきたら、こっちが先に着地してるから、B埃で対空や再度ジャンプして空投げ。
相手地上投げ>ジャンプで裏周りj2C、着地2Aの二択は、飛び越えたのを見てから基本バクステで。
↓赤主と同じ↓
リバサEX鳥は2Aを一回で止めればガードor投げれる。地上シールドは投げ確定だから絶対にしない。
リバサバクステは2A空キャン2Cで簡単につぶされるので多用禁止。

・対赤主秋葉

地上は危なすぎるからとりあえず空中にいるようにする。相手に空投げされないように注意。
JAを当てて引きずり落とす、相手の空中ダッシュを先読みして置きJCorJ2C、一点読みで空投げやシールド等を駆使して相手を地上に落とす。
動きが早いから暴れたくなるけれど絶対に暴れない。暴れで勝てる選択肢はダッシュ投げくらいしかないし、赤主は投げなくても十分勝てるキャラなので。
空中ダッシュJCからのめくりやすかし2A、先端当てでもコンボにいける6Cと選択肢が多いけれどがんばってガードする。ガードしつづけパターンを読むか相手のミスを待つ。

・対遠野志貴

変則的な動きがない(空ダの移動距離がすごく少ない)ので、相手のJ回数を見ての物投げが非常に有効。志貴相手に物投げを使う上での注意点は、J回数や距離を見ていない下手な物投げをして間をくぐられたりしないこと、壷等をシールドで対処し攻めてくる事が多いのでそれを頭にいれておくこと、固めでの物投げは読まれるほど乱用すると狩られるということ。
空中戦は相手のJC(発生前)にJB差込が勝てて、相手のJAにJ2Cが勝てる。(個人的には志貴の置きJCにJB刺すのは結構危険だから物投げかB埃のほうがいい気がする。)
相手の空ダを見てから5Aが反応良ければ間に合う。早く反応さえできればこっちが勝ち、少し遅れると両方カウンターになることが多い。一方的にカウンターを貰うようなら間に合ってないのであきらめるかもっと早く反応しよう。
飛び込みはJCの持続を当てれば特に問題なし。
こちらが表裏で崩しやすいキャラで、なおかつ相手の昇竜が強力なキャラなので弁当ループよりも表裏で崩したほうが安全に試合運びができる。
相手側が攻めてるときは基本ガード。空投げされた後リバサEX埃は相手の2C以外に対して有利な状況になるが、2Cには負ける。
志貴には遠距離攻撃がないので要塞も強力。ただしやる上で2CやJCの足の長さは警戒すること。
JCすかし2Bで崩してくる相手には読み合いの択のひとつとしてファジー投げが使える。

・対七夜志貴


・対翡翠&琥珀


・対翡翠


・対琥珀

空中ダッシュは結構早い。地上ダッシュは即行動可能、ダッシュ速度はやい、やられ判定はでかい。避けは前転。
5A、2Aともに発生早く判定強い2Aは下段、と良性能。
5Bは上と横に強く対空と牽制どちらでも使える。が、根元やカウンターで当たらない限りコンボまではいけないから当たってもあせらない。持続後半の下に判定が出る前にダッシュ2Bで潰すのが楽。
J2Cの出始めをつぶされると痛いので振り過ぎないように。
2Cは発生は遅いが射程が長くジャンプ出始めあたりに当るくらいには判定が上にあるので注意。打っている最中は琥珀のやられ判定が小さくなるのでジャンプで避けても反撃しずらい。
JBは斜め上に、JCは下にかなり強い。ダッシュキャンセルからの固めが強いので地上ガードはなるべくしないように。やられ判定も大きいのでのぼり気味で振ってくる相手には下に入ってB埃もあり。
固めからのA,B設置は反応できればダッシュ投げ。
アンバーミサイル後は空中で行動可能になる。アンバーミサイルで裏周り>後方空中ダッシュで正面から中下の二択等々。
地上ダッシュ空中ダッシュともに早く、どちらでも長い技を持っているので中距離までだとすぐに攻撃されることは意識しておく。
画面端での固めが設置あろうとなかろうと強いので、端に追い込まれたら多少ダメージ受けても端から逃げるように。
固めからの相手の低空ダッシュを見てから空投げか、JB>Jキャンセル>JCは無理だけれど、JBorJCorJCすかし2Aはガードできるようにする。立ちシールドいれっぱでも少しは何とかできるがなるべくファジーガードできるように。出来ないと相手によってはけん制当たってダウンしただけで試合が終わります。

・対メカヒスイ


・対有間都古


・対ネロ・カオス

相手のジャンプ防止5Bと同時にB埃を出すとカウンターであたってエリアル
まで。4Cの射程内では絶対に出さない。


・対ワラキアの夜


・対レン

ジャンプを多用するならばB埃や空投げで対応する。
地上から地道にこられると、隙は大きいけれど持続と判定が強い通常技が多いせいで打ち負けやすい。
低空ダッシュには5C、高く飛ぶと猫歩きでくぐられる、といった感じででほとんど対応されてしまうのでつらい。
地対空がやりやすく、空対地よりは空対空のほうがまだいい。
猫歩きにはjAが上段だけれど当てやすい。
空中A氷はあたってもあまり気にしない。B埃で低空ダッシュ等にカウンターがとれれば1,2回当たってもダメ勝ちできる。しかしEX氷には注意。


・対白レン

前後ダッシュの初めに無敵と裏周り性能。しゃがみ状態でも食らい判定は立ち状態くらいある。
ダッシュ慣性が付いていない低空ダッシュは見てから空投げ。
5B、2Bともに射程が長く判定もそこそこあり牽制に強い。2Bは二回とも下段で当ったらコンボにいけるが外した時の隙が多い。
2C>Cは中段。中段から距離問わずEXスノバレ追撃で2000近く食らうので注意。
JAはレンのものとほぼ同じ。JCは判定が斜め上に結構強いので稀にこちらの攻撃が潰される。BEJCは放物線を描く光球を飛ばす。打った後はすぐに行動可能になる。
スワンレイクの二択はファジーで楽にガードできるレベル。中段ガード後は相手有利なので注意。Aスワンは溜めで出すと発生が遅くなる&ガードされても必殺技でキャンセル可能。
Aスノバレは攻撃判定出るまでBは判定出る前まで無敵。Aはスパキャン対応。空中EX氷を打たれると恐らく五分五分。
Bは必殺技でキャンセ可能。JAスノバレからEX投げや空中氷から暴れつぶしなど。
A,Bコマ投げはダメそこそこ、相手有利となるが軋間ほどダメが取れないのであまり使わないかと。しかしEX投げは出るまで無敵、暗転してから逃げれない、範囲広い(1キャラ分位)追撃可能と良性能。
AADは暗転後1フレームで発生。
牽制が強いが地上でカウンターしないと安定してダウンまでいかないので中距離でも強気に。
近距離で固められるとEX投げ、暴れ潰しやジャンプつぶしの5Bや各種BE攻撃、スワンでの二択とちゃんと固められると辛い。

・対弓塚さつき

BEC三段目にバーキャンEXいくよがきたら、5A空キャンシールドでとれる。

・対軋間紅摩

基本的にさつきに似ている。
通常攻撃は判定と持続が強いものが多く、置いておくのに適したものが多い。
下段攻撃は2Cしかないから困ったら上いれっぱもあり。でも相手の6Cに注意。
5C先端からでも6Cは届くから、ガード後に↑いれっぱだと狩られます。ダメは低いけれど空中投げからまた起き攻め、と状況は変わらない。読めたらシールドから反撃等々。
三定慧はスーパーアーマーありなので振ってくる相手には注意。ジャンプしていれば怖くないけれど地上でにらみ合いになったときは気をつける。
EX兜神はアーマーが切れるまでジャンプで逃げるか、投げは入るから投げる。投げると相手のアーマーは無くなります。←EX兜神ガード後に投げ確定?
投げを警戒して2Aを連打してもダッシュで相殺→圧壊やBorC攻撃で判定勝ちされることもあるのでジャンプから空中ダッシュでにげるのもあり。
翡翠のJ攻撃はタイミングさえ合えば全部2Bでつぶされるので、J2Cでタイミングずらし、二段ジャンプですかす、ジャンプで飛び越えてから後方空中ダッシュする等をして2B対策をしっかりと。
B圧壊は見えたら低空ダッシュからコンボ、しかし軌間としてはこれを見せてからのジャンプ狩りを狙ってくるほうが主だからそちらを注意。
翡翠のバクステは投げ無敵があるので使うのはあり。しかし秋葉と同じく2A空キャンからのバクステつぶしもあるので多用禁止。
空中EX二定慧は長い無敵時間&当てたら不利にならない、と結構高性能なので注意。
シールドおしっぱからの圧壊が簡単なのでAを良く使う人は注意。密着で2A後に、起き攻め時にちょっと間をおいてから等々やられると引っかかりやすいので。

・対蒼崎青子


・対猫アルク


・対猫カオス

小さい割りに攻撃判定が大きいから結構強い。が、ダメ低いからうざいどまり。
|