ハレグゥエロパロスレSS保管庫@ Wiki 050908

◇◆◇案内◇◆◇

◇◆◇作品◇◆◇
ハレ×グゥ

ハレ×マリィ

ハレ×グゥ×マリィ

ハレ×ウェダ

ハレ×ワジ

ハレ×アルヴァ

グゥ×ウェダ

アルヴァ×グゥ

ポクテ×グゥ+α

クライヴ×ウェダ

ロバート×ウェダ

グプタ×ラヴェンナ

グプタ×ワジ

レジィ×マリィ

クライヴ×ワジ

ダマ×クライヴ

ハレとサニィ

その他

連載中







更新履歴

取得中です。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

グゥ×ハレ?(初:>558)
「グゥ、晩飯何が良い?」
  いつものように、ハレがグゥにリクエストを聞くと
「コンドーム」
「はぁ?」
  ハレは、鳩が豆鉄砲喰らったような顔をした。
「いやいや、誠一が欲しいらしくてな。」
「え?なんで誠一さんが・・・まさか・・・」
「察しが良いな。さすがハレ。」
  ―確か、母さんのが枕の下に堂々とおいてあったけど・・・
「ほう、枕の下か。」
  ハレはグゥが思考を読めることを思い出した。
「ちょっとまて!」
「問題ない。二人は激しく愛し合っている。さすがに何ヶ月も二人きりでいるとそうならない方が不思議だ。」
「そう言う問題じゃないんだけど・・・」
  ―でも、あの二人がかぁ。ちょっと興味あるかも。って、ヤベッ!
「ハレも興味を持っているではないか。決まりだ。さっさともってこい。」
  下手なことは考えない方が良いと、改めて思った(グゥが何故思考を読めるかはあえて気にしない)
「ったく、でもあの二人は確か18才だし、問題ないよな。」
  面倒事は嫌だったので、あっさり妥協してしまった。