ハレグゥエロパロスレSS保管庫@ Wiki 050825_2

◇◆◇案内◇◆◇

◇◆◇作品◇◆◇
ハレ×グゥ

ハレ×マリィ

ハレ×グゥ×マリィ

ハレ×ウェダ

ハレ×ワジ

ハレ×アルヴァ

グゥ×ウェダ

アルヴァ×グゥ

ポクテ×グゥ+α

クライヴ×ウェダ

ロバート×ウェダ

グプタ×ラヴェンナ

グプタ×ワジ

レジィ×マリィ

クライヴ×ワジ

ダマ×クライヴ

ハレとサニィ

その他

連載中







更新履歴

取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名無しさん ◆YqFCr1HvsY : (初:>515)
ここはデパートの倉庫

ロバ「ウェダさんの隣は僕じゃダメなんですか?」
ウェダ「そうね、私を気持ちよくしてくれたらいいわよ」
ロバ「ほえ?」
ウェダはそう言うと下半身全裸になってロバートにマンコを見せつけた
ウェダ「ねぇ・・・おまんこナメナメしてっ」
ロバ「は・・・・はい!ウェダさん・・・」
ウェダ「上手くできないとお仕置きよっ!」
ロバ「(ペロ・・ペロ・・・チュパッ・・・・チュパ・・・)」
密室内にいやらしい濡れた音が響く
ウェダ「そうっ・・・・なかなか上手いじゃない」
ロバ「こ・・・光栄です・・・・」
ウェダ「!!!」
次の瞬間、ウェダはロバートの顔を蹴った
ロバ「な・・・なにするんですか・・・・ウェダさん・・・・」
ウェダ「誰がチンポ勃たせていいって言ったのよ!」
ウェダはロバートの股間をスーツの上から足でこねくりまわした
ロバ「は・・・はひっ・・・・・・」
ウェダ「なに情けない声だしてんのよ・・・・」
ウェダはロバートのチンポを足でせめつづけた
ウェダ「ちょっとそのチンポ見せてみなさいよ・・・」
ロバ「え?あ・・・・はい・・・・・」
ロバートは自らの立派なビンビンのチンポをだした
ウェダ「ふ-ん・・・・じゃあそれを使って私を気持ちよくしなさい!」
ロバ「え・・・そ・・・そんなこと・・・・・」
ウェダ「あぁ、もうじれったい!!」
ロバ「ウェダさん!?」
ウェダはそう言うとロバートの体の上に跨り、自らマンコにロバートのチンポを挿入した。
ウェダ「ぁんっ・・・・ぁっ・・・」
ウェダは激しく腰を振っている
ロバ「ウェ・・・ウェダさん・・・・気持ち・・・・・」
ウェダ「ぁん・・・・ロバートのチンポ・・・・大っきい・・・・・・」
ロバ「ウェダさんのおまんこ・・・・めちゃくちゃ締まりますっっ・・・・・」
ウェダ「そう!あっ・・・・もっと奥まで突いてぇ!!!」
ロバ「ウェダさん・・・・僕・・・もうイっちゃいますぅ!!!!」
ウェダ「ぁっ・・・・中!中に出してぇ!!」
ロバ「(ドピュッ・・・・ドピュ・・・・)」


ロバ「はぁ・・・・・はぁ・・・・・ウェダさん・・・・」
ウェダ「でもまぁこうやって心配してくれる人がいるなんて私は(ry」
ロバ「(そんな!今までの流れを無視して・・・・)」



グゥ「本当に良かったのう・・・」
ハレ「満足気な顔しないで下さい」