ハレグゥエロパロスレSS保管庫@ Wiki 040426

◇◆◇案内◇◆◇

◇◆◇作品◇◆◇
ハレ×グゥ

ハレ×マリィ

ハレ×グゥ×マリィ

ハレ×ウェダ

ハレ×ワジ

ハレ×アルヴァ

グゥ×ウェダ

アルヴァ×グゥ

ポクテ×グゥ+α

クライヴ×ウェダ

ロバート×ウェダ

グプタ×ラヴェンナ

グプタ×ワジ

レジィ×マリィ

クライヴ×ワジ

ダマ×クライヴ

ハレとサニィ

その他

連載中







更新履歴

取得中です。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぽんかん ◆Q4SFELsCYY(初:>255>263>266-268>273-275)
「はい、舌だして~…」
「べ~…」
「うん、異常なさそうだね~。体力も回復してきたし…ウェダちゃん最近調子いいんじゃない?」
「はい、最近自分でもびっくりするくらい元気なんです」
目の前にいる、まだあどけなさの残る少女は嬉しそうに答えた。
「アシオ…あ、友達のアシオのおかげです、きっと。
最近ちょくちょく来てくれて一緒に遊んだり、私の事励ましたりしてくれるんです」
…アシオ…?ああ…あの使用人の息子か…。
「ふ~ん…。じゃぁもしかしてウェダちゃんはそいつの事が好きなの?」
「えっ!?わ、私はっ!そんな事~~~!!!(///)」
「はは、冗談だよ。まぁ、いいや。このまま順調にいけば多分来月あたりには退院できると思うよ。」
「え…。本当ですか!?…わぁ嬉しいです、ありがとうございますクライヴ先生!」
「うん、頑張ろうね。じゃ、次の検診は午後の8時だから」
「はい、わかりました」

…バタン。ドアを閉めてからフ~、と深呼吸した。
ひ弱な少女。お金持ちの家柄で、孤独を抱えてる少女。そして、顔は可愛い。
初めて会った時から興味はあった。そそられるものがあった。
別に、女に飢えてるワケじゃない。僕はモテる方だし、ハッキリ言って女は腐る程知ってる。
ただ最近、その女たちにも少し飽きてきた。新鮮な気分になりたかった。
そう、ただ、ほんの好奇心のようなもので、僕は彼女を「女」として見始めていた――…。

午後8時――…

僕は廊下をすれ違った看護婦を呼び止めた。
「なんでしょう??」
「婦長さんが呼んでたよ、早く行った方がいいんじゃない?」
「えっ、本当ですか?…あっ、でも~…」
「ウェダちゃんの検診でしょ?いいよいいよ、僕が行くから」
看護婦は少し頬を赤らめながら遠慮がちに言った。
「え~…そうですか?じゃすいません、お願いしちゃおっかな」
「うん、気にしないで行ってきていいよ」
「すいません、よろしくお願いしま~す」
そして、看護婦はそのまま早歩きで廊下を去っていった。
「…こちらこそ、どういたしましてw」

コンコン。
「あっ、は~い」
僕は静かに扉を開けた。
「あれっ?クライヴ先生~?」
「こんばんは、ウェダちゃんw」
彼女は驚いたように目を見開いた。
「あれ~どうしたんですか?午後の検診は別の人だって聞いたのに…」
「うん、なんか急用ができたみたいでね。僕が変わってあげたんだ。」
「へ~…そうなんですか~。」
「そうなの。…じゃあ始めようか?そこのソファに座って」
「は~い」
彼女は素直にソファに座った。
今、思うとこの時の僕は少しどうかしてたのかもしれない。
僕自身のイライラ、モヤモヤ、ストレスをただどうにかしたかった。
どうしようもなく湧き上がってくる気持ちが僕を後押しし、
どうしていいかわからない僕はその気持ちを「性欲」という形でしか処理できない。
そう僕は確実に、まだ「少女」である自分の患者に欲情し始めていた――…。

「じゃあ、胸の音聞くから上着脱いでくれる??」
「えっ??…ここで…脱ぐんですか…?だっていつもは…」
「いいから」
僕の有無を言わさぬ口調に彼女はしぶしぶ、服を脱ぎはじめた。
普通は下着だけ外してもらって、上は着ていてもらう。彼女はなんせお嬢様だ。
直接胸をさらけ出させるようなことはしない。
「えっと…やっぱり脱がなきゃダメですか…?」
彼女は顔を赤らめながら聞いてきた。
やっぱり年頃の少女、年令も近い異性に肌を見せるのは恥ずかしいのだろう。
「ダメだよ。ちゃんと診察できないからね。」
「…で、でも…」
彼女はまだ戸惑ってた。
「でも今までは―……きゃっ!!!」
「……そんなに恥ずかしいなら僕が脱がしてあげるよ」
僕は彼女のシャツのホックに指をかけた。
「っや……クライヴ先生!?やめ…」
「早くしないと時間なくなっちゃうからね」
「いっ…、いいです!!自分で脱げます…!」
「もういいよ、僕がやってあげるから」
僕はそのまま乱暴にシャツを剥ぎ取った。
「!!…きゃぁ…!」
「下着も、邪魔だね~」
「やめ…!!いくら先生でもっ…人呼びます!」
彼女は必死に抵抗して、僕の両肩に手をつっぱりながら言った。
「人呼ぶ…ねぇ~。大声出したところで聞こえるかなぁ?」
「…!」
それがだめだと分かると彼女はナースコールに手を伸ばした。
もちろん僕はその手を捕まえて、ナースコールを取ると、そのコードを引きちぎった。
「おっと残念だね。…あんまり抵抗ばっかしてると僕、乱暴にしちゃうよ?」
今まで必死に抵抗してた彼女の顔に、少し恐怖の色が浮かんだ。

「な…なんでこんなことするんですか?」
彼女は泣きそうな顔で尋ねてきた。
「さぁ~何ででしょう?ウェダちゃんがあんまり可愛いからかな?」
「ふ…ふざけないでくださいっ…」
「ふざけてなんかないよ~?」
僕は彼女のブラジャーを乱暴に上にずらした。
「!?きゃ…」
彼女の褐色の胸は、大きいとはいえなくても、ふんわり膨らんで丸みを帯びてた。
「ほら可愛い。じゃ検診を始めようかな~♪」
「いやっ!やめ…」
抵抗する彼女の胸を両手で包んで軽く揉む…
「…あっ…」
かなり敏感なようだ。
「あれ~?ウェダちゃんもしかして気持ちいいのかな?」
「や…違…!」
少しずつ、激しく揉んでいく―…。
「…あ…ダ…メっ…」
彼女の息が少しずつ荒くなってきた。
「感じてるみたいだね~?たったコレだけで…。ウェダちゃん結構エッチだね」
彼女は否定するように横に大きく首を振っている。
「違うって言うの??…乳首立たせて?」
僕は彼女の乳首を思い切り摘んだ。
「あっ…ん!…やっ、痛っ」
乳首に指先でコリコリと細かい刺激を与えてみる。
「あん…やぁっ…そんな…に」
「こうすると、気持ちいいんでしょ?ホントに感じやすいんだね~?普段から一人でこんなことしてるんじゃないの?」
「やっ…そんな事してな…い…あんっ」
「もしかして、もう上だけじゃ物足りないのかな?」
「!!」
僕は、彼女の下半身へと指を這わせていった。

その時、彼女の手が僕の手をバチンと叩いた。
「…っせんせい!もう…やめてっ…!」
「……」
彼女は僕をキッと睨みつけた。
正直驚いた。彼女がここまでハッキリ意思表示し、僕を拒絶するとは思わなかったからだ。
自尊心が傷つけられて軽い屈辱感を味わった。
が、それにも増して僕は彼女の抵抗、拒絶に興奮を覚えていたのだ。
そう、こうでないと面白くない。
「…いったいなぁ…ウェダちゃん…。」
叩かれた手の甲はヒリヒリと赤くなっていた。
「僕を怒らせたこと、後悔してもらうよ?」
2人の間の空気が一瞬、凍った。
僕の欲情めいた笑みに恐怖を感じたのか、彼女は一目散にドアへと駆けた。
「きゃあああ!!」
僕はその彼女の腕を掴むと、思いきり乱暴に引き寄せて、ベッドに突き飛ばした。
きっと痛かっただろう。実際、腕が外れたかと思った。
でも、もっともっと、彼女を傷つけて、いじめて、征服したいと思った。
彼女に起き上がる暇も与えず、僕は彼女に馬乗りになった。
「いや!いや!先生、やめて!」
彼女はありったけの力を込めて暴れた。体の弱い女の子に、僕は一体何をしてるんだろう。
「やめない。もうやめない。ウェダちゃんが悪いんだよ?僕をこんなに興奮させるから」
僕は白衣を脱いで、それで彼女の両手をベットにくくり付けた。
「もう、これで逃げられないね」
「っ先生…!!やだよ…どうして…こんな…」
彼女は泣きながら訴える。良心が咎めた。
でも、放さない。
「もう、どうしようもないんだ。ウェダちゃん。」
一度付いてしまった火はもう、消せない。

「さて…どうしてほしい?」
彼女は目に涙を溜めたまま、怯えた表情で僕の事を見つめていた。
「やだなぁ…そんな顔しないでよ。できるだけ優しくしてあげるからさ。できるだけ、ね…」
「!」
僕はそう言って、彼女の首を軽く吸った。
そして、耳たぶや首すじに、歯で細かい刺激を加えていく…。
彼女はただ、震えてる。恐怖心もあるみたいだが、それだけじゃないようだ。
「…ウェダちゃ~ん、もしかしてゾクゾクしてる?」
「…ち、ちがっ…」
「ほんとに敏感なんだね~。こんな事でもう感じちゃうの?」
彼女は顔を赤らめて、否定した。
「違いますっ…も、もう放して…」
彼女は、固定されてる手をばたつかせて抵抗した。
「…ふ~ん。嘘つきはいけないねぇ?じゃぁココはどうかな?」
彼女の胸のふくらみに円を描くように舌を這わせて、その頂上にある突起を静かに口に含んだ。
ぴちゃ…という音と共に、焦らすようにその突起を舌で弄んでみる。
「…あっ…ダ…メっ」
時には強く吸ったり、噛んだりしながら彼女の反応をうかがう。
「あっ…ん…せんせぇっ…やめ…」
「お願い…いや…恥ずかしいよ…あっ」
「本当に?やめて欲しい?」

「ふ~ん、じゃあ何でこんなに体が反応してるんだろうねぇ?」
片方の胸は手で激しくいじくり、もう片方の胸は舌で執拗に愛撫する。
彼女の顔は軽く蒸気してきて、口では否定しつつも、やはり体は感じてるようだ。
「っぁ…ん、んっ…」
「気持ちいいんでしょ?表情がもっとシテって言ってるよ」
「やっ…!ぁん…そんな事、言ってな…」
彼女はまだ、否定する。愛撫の最中もずっと抵抗を試みていた。
今も、脚で僕を押しのけようとしている。
「…ウェダちゃん…悪い子だね?こんなに感じてるのに、まだ抵抗するんだ…」
「いや…!そんなの…知りません…あっ」
「あんまり手間かけさせないでよ~。いくら口で言ってたって、ね…?ホラ…」
「ひ…っあん!」
僕は手を下腹部の方へ伸ばし、彼女のスカートをまくりあげて、そのパンティ越しから最も敏感な部分を指でなぞった。
「ん~?ココかな?ウェダちゃんのクリトリスは…」
「あんっ…や…そんなトコロっ、あぁっ…」
指の腹の部分で、力を調節しながらクリクリ、クリクリと刺激する。
「あぁん…!」
「女の子って、ココが一番感じるんだよね~?どう、気持ちいい?」
「あはぁ…んっ…ダメぇ…!」
彼女は顔を真っ赤に染め、喘ぎながら、いやいやと首を振っている。
「でも、気持ちいいんでしょ?素直じゃないなぁ」
彼女のパンティには、彼女の愛液がじわじわと染み出てきている。
「うわぁ…ウェダちゃん、やらしいな~。こんなにビショビショになってるよ」
「いやぁ…!そんな事っ…言わないで…!」
「そろそろ、これはジャマだね…♪」
僕は彼女のパンティに手をかけて、一気に手前に引いた。
「いや!だめぇ…っ!」
ピィーーという音と共に、彼女のパンティは見事に引き裂かれた。
とたんに、彼女の濡れた女性器があらわになった。
「ダメっ!!見ないで…!」
彼女は慌てて、両足を閉じて隠そうとしたが、僕はそれを許さずに無理やり両足を開かせた。

「見ないでぇっ…!!」
そこには、ピンク色で、まだ誰にも汚されていない花園があった。
おしりの方まで、愛液が伝っていて、肉襞はヒクヒクとものほしそうに痙攣していた。
「わぁ、すっごく濡れてるよ…ウェダちゃんのココ…可愛い」
プチュ…ニュル…
「あぁ…ん!」
軽く、指でなぞってみただけで、彼女は予想以上の反応を示してくれた。
「すごいニュルニュル…こんな状態で、さっきのクリトリス触ったらどうなっちゃうんだろうねぇ?」
「えっ…あっ…あぁん!?」
指にたっぷり愛液を絡ませた状態で、滑らせるようにクリトリスを苛める。
「あっあっ…何…いやぁ…!」
クチュクチュ…ニュルニュルといやらしい水音を立てながら、指はクリトリスを徹底的に攻める。
「あっあぁんっ…あ!ダ…ダメ…もう…!!」
彼女のクリトリスはプックリとふくれて、肉襞の痙攣は増してきている。
そこを絶え間なく僕の指が刺激を与える。
「ああっ…あぁん…!」
もう、イキそうなのだろう。さっきまで抵抗していた手も脚も、もはや快感には打ち勝てず、ぐったりとベットに預けてある。
クチュクチュクチュクチュっ…僕は指のスピードをどんどん速めた。
「んあっ…!あん…はぁ…ん!そ…そんなにしたらぁ…!」
「そんなにしたらイッちゃうって?…いいよイっても…っ。僕にイク時の恥ずかしいカオ、見せてよ」
「いやぁ…!もういやだよ…あぁん!あっ…ああ!」
「もう限界でしょっ…?我慢できないよね。いいよ、そのカオすごい色っぽい…!」
「あっ…あん…もうダメェ…!あっ…あっ!ぁあああ…―――!!」