※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Windows Internet Explorer 7の取り扱いについて

概略


HFSLIP 1.7.1 (以上) でサポートされる3つの方法:

  • 統合(Windows XPの標準。 Windows Server 2003ではサポートされません)
  • T-13でのインストール(Windows Server 2003の標準)
  • 最初のログオン時

統合(Windows XP 限定)


IE7統合を成功させるためにすべきこと:

  • IE7用の修正を含める(少なくとも最新の累積アップデート)
  • 最新の公開されたshell32.dllアップデート(現在は2007年11月のKB943460)
  • 有効なCDタグがソースフォルダに存在していること(たとえば WIN51)

もし、HFSLIPがCDタグをソースフォルダから見つけられず、IE7の統合が失敗した場合、統合は行われません。代わりに、HFSLIPは警告文を表示し、T-13でインストールされるインストーラを作ります。

T-13でのインストール


このインストール方法を成功させるために、2007年10月にリリースされた最新のIE7セットアップパッケージをHFフォルダに入れる必要があります。このバージョンはもはや認証チェックを行いません。インストールの終了後に認証するだけで良いものです。最新のセットアップパッケージが供給されないと、認証が要求されるため、WindowsにIE7がインストールされません。

この方法は modpe081.zip内のmodifyPE.exeがHFTOOLSフォルダに存在する必要があります。


最初のログオン時にインストール


HFSLIPにこの方法を知らせるため、HFANSWER.INIにIE7GUILOGON=1を追加して下さい(詳細はExtrasを見て下さい).

この方法は modpe081.zip内のmodifyPE.exeがHFTOOLSフォルダに存在する必要があります。