※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

適当レビュー - PSPのゲーム(2009年)


 2009年発売のゲームではなく,自分が2009年から遊び始めたPSPのゲームの感想を紹介しています.
 タイトルの後の(未クリア)は,心が折れて挫折してしまった物と単にまだ途中の物の両方を指しているので,(クリア済)になって感想が書き換わる可能性もあります.

魔界戦記ディスガイア2 PORTABLE (クリア済)

 「やり込み要素」がやたらと強調されてるSRPG.確かにキャラクタや装備の育成が膨大だけど,それを飽きさせないだけのシステム基盤は良く出来ているのが第1印象.複数人の行動を選択→皆で一括して攻撃と言う事が出来るため,SRPGとしては戦闘のテンポが良い.「アイテム界」と言う自動生成ダンジョンのようなところで装備を集めたり,「装備が付ける装備」を集めたり,数千までレベルを上げたキャラをまた(元のステータスが高い)レベル1から育て直したりと,育成出来る要素がとにかく豊富.
 「出来る事は多く,操作性などは快適」と言う,ある意味,完成されたシステムなので,個人的には続編にそこまで興味が沸かないのが欠点と言えば欠点.根本的にシステムが変わった続編とか出ても,それはそれで勿体無い気がするし.
 絵やストーリは(自分は慣れたら楽しめたけど),若干クセがあるので,その辺の雰囲気に馴染めそうで,且つRPGやSRPGが好きな人なら,今のところPSP最高峰と言える人も居るんじゃないかと言う,そのくらいのクオリティのゲームだと思う.

TALES OF THE WORLD Radiant Mythology 2 (クリア済)

 過去のテイルズシリーズのキャラが勢揃いするRPG.キャラだけでなく戦闘システムも過去の作品からの流れを汲んでいるので,操作性,爽快感などは非常に優れた出 来.キャラの必殺技の種別も,コマンド式RPG等と違ってダメージを与えるものばかりで,格闘ゲームのように自分で使う技の組み合わせ(戦闘スタイル)を決めて行けるのがこのゲーム(テイルズシリーズ)の大きな特徴.
 ただ,片手剣や拳武器が大剣より全面的に劣ってたりと,パラメータと言うか戦闘のダメージ計算的なところに問題があるような気がしなくもない.あとストーリも,ダンジョンは多いけど街(と言うか拠点)は1つしかなく,シナリオが単調とまでは行かないけど,所謂「世界を冒険する」感じはあまりないので,そう言うRPGを期待してると痛い目を見る可能性も.
 やはり,アイテムを集めたり強い敵を倒すのが主目的だと思うので,そこが好きな人なら戦闘システムの良さも付いてきて相当な良作になると思う.当然「テイルズシリーズファンにおすすめ」って良く言われてるけど,初期の3作しか遊んでない自分でも,知らないキャラを含めて普通に楽しめるものだったので,テイルズファンは外して考えても楽しめる人には楽しめる内容.

昇天ビート (クリア済)


テイルズオブバーサス (未クリア)


勇者30 (クリア済)


みんなのスッキリ (クリア済)


アンティフォナの聖歌姫 ~天使の楽譜 Op.A~ (クリア済)


PixelJunk MONSTERS DELUXE (クリア済)


関連