※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コマンドライン引数
http://wisdom.sakura.ne.jp/system/winapi/win32/win6.html
 
#include<windows.h>

int WINAPI WinMain(HINSTANCE hInstance , HINSTANCE hPrevInstance ,
		 PSTR pCmdLine , int nCmdShow ) {
	MessageBox(NULL , GetCommandLine() ,
			TEXT("Kitty") , MB_ICONINFORMATION);
	return 0;
}
 
 
http://www.wisdomsoft.jp/dev/api/windows/005
 
[GetCommandLine() 関数]
 
この関数は、起動時のコマンドライン引数を返します。 
LPTSTR は、TCHARのポインタ型なので、
この関数から得られる文字列はマルチバイトに対応しています。
 Unicode に統一しているアプリケーションなどは、
こちらの関数から取得した方が都合が良いでしょう。 
 
///////////////
http://www7a.biglobe.ne.jp/~lshen/EternalWindows/WinBase/Window/Window06.html
プログラムをUNICODEとしてコンパイルしている場合に限りますが、
CommandLineToArgvWを利用したコマンドライン引数の取得方法もあります。
 
 
//////////////////
http://homepage1.nifty.com/nogue/wincho16.htm
コマンドラインの分割処理 C++ソースあり
 
///////////
 
http://www11.ocn.ne.jp/~ikalu/cplus/5001.html
C++, STL 基礎的な覚え書き(サンプルソース)
 
////////////
 
第15回 「送る」メニューから画像を開く
http://www.usefullcode.net/2006/12/15.html
 
 
 
 
 
 
///////////////////////////////////
int fileinput(){
    ifstream fin;//ファイルストリーム
	char cIn;//入力文字
	//.txt を入力モードで開く
	fin.open( "新規テキスト ドキュメント.txt", ios::in);//ios::inはテキストモード入力
	if( !fin ){ return -1; }
	while(1){
	    fin.get(cIn); //1文字づつ入力
		if( fin.eof() ){ 
			cout << "EOF!!\n" << endl;
			break; } //ファイルの終わりに達したらwhileを抜ける }
		//ここに処理を書く
        cout << cIn; //これだと余計な改行が出力されない
		/*
		123
		abc
		+*<
		/-\
		!"'EOF!!
		*/
	}
	fin.close();
	return 0;
}
■ ファイルから文字を入力するには
http://www11.plala.or.jp/studyhall/cpp/cpp.html
////////////////////////////////////
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ファイルに文字を出力するには (2通り)
http://www11.plala.or.jp/studyhall/cpp/cpp.html
 
int fileoutput(){
	ofstream fout;
	char sOut[256] = "出力文字列";
	//.txtを出力モードで開く
	fout.open( "新規出力テキスト.txt", ios::out );//binaryモードはios::binary
	if( !fout ){ return -1; }//ファイルオープンエラーの時
	//fout << sOut << '\n';
	fout << sOut;//こちらでも良い
	fout.close();
    return 0;
}
 
int fileoutput2(){
    ofstream fout;
	char sOut[256] = "出力文字列です。";
	fout.open("新規出力テキスト.txt", ios::out);
	if(!fout){return -1;}
	int tmp_length = strlen(sOut);
	for(int i=0; i<tmp_length; i++ ){
	    fout.put(sOut[i]);
	}
	return 0;
}
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ファイルが存在するか確認するには
http://www11.plala.or.jp/studyhall/cpp/cpp.html
 
int file_chk(){
//////////
	char dir[_MAX_PATH];
	GetCurrentDirectory(_MAX_PATH, dir);
	//cout << dir;
    //c:\Documents and Settings\fuse\My Documents\Visual Studio Projects\temp_ (\と改行無し)
//////////
	WIN32_FIND_DATA FindFileData;
	HANDLE hFind;
	string f, dir_f;
	f = "\\新規出力テキスト.txt";
    dir_f = dir;
	dir_f += f;
	cout << dir_f.c_str() << endl;
	hFind = FindFirstFile( dir_f.data(), &FindFileData);
	if( hFind == INVALID_HANDLE_VALUE ){ cout << "File not found." << endl; }
	else{ cout << "File found." << endl; }
    return 0;//これでFile found.と出る
}
 
 
◆単純な文字列の置換
http://www.s34.co.jp/cpptechdoc/aftercare/art_24_01.html
 
#include <iostream>
#include <string>

template<class E, class T, class A>
std::basic_string<E,T,A>
replace_all(
  const std::basic_string<E,T,A>& source,   // source中にある
  const std::basic_string<E,T,A>& pattern,  // patternを
  const std::basic_string<E,T,A>& placement // placementに置き換える
  ) {
  std::basic_string<E,T,A> result(source);
  for ( std::string::size_type pos = 0 ;
        std::string::npos != (pos = result.find(pattern,pos));
        pos += placement.size() )
    result.replace(pos, pattern.size(), placement);
  return result;
}
 
int main() {
  std::string source    = "すうどんもうどんもうどんのうち" ;
  std::string pattern   = "うどん" ;
  std::string placement = "もも" ;
  // 結果 :               "すもももももももものうち"
  std::cout << replace_all(source,pattern,placement) << std::endl;
 
  return 0;
}
 
 
 
 
 
 
◆文字列切り分け <map>使用
http://cham.ne.jp/piro/cpp_sample.html#split
 
 
 
◆実行ファイルがあるディレクトリ取得
    char filename[_MAX_PATH];
    GetModuleFileName(NULL, filename, _MAX_PATH);
 
 
 
■CreateProcess()
http://www11.plala.or.jp/studyhall/cpp/system.html
 
int c_process( string &st_cmdline ){...}
みたいにstringを引数にしたときはCreateProcessにおいて
(LPSTR)st_cmdline.c_str(), //LPSTRにキャストすること
 
こうしないと、VC++でのコンパイル時に、
「error C2664: const char* から LPSTR に変換できません」
というエラーが出る。
 
 
 
 
 
◆iostreamとstdio.hを同時に使うときは
	std::ios::sync_with_stdio();
をmainの直後に呼ぶ必要があるらしい。