※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【二人の岐路】 ◆GHgj2Ul34M


「一体何なのよ。殺し合い? ふざけてるにもほどがあるってのよっ!」

白鐘沙羅は怒っていた。
突然殺し合いを強要されたら誰だってそうだ。
だが沙羅は一度小さく怒鳴ると、間をおいて深呼吸をする。
その間約十分。
怒りを心の奥に押さえ込んで、落ち着いて、支給品を確認する。

「えーと日本刀と銃。あとは……フロッピーディスク?」

中に入っていた二つは殺し合いの道具に相応しい刀と銃。
だがさらにもう一つ、フロッピーディスクが三枚入っていた。
当然機械が無いので、フロッピーディスクの中身については調べようが無い。
無いなら次にすることは一つ。
フロッピーディスクの中身を調べるためにパソコンがありそうな施設に行くことだ。
空のディスクを支給する事は無いだろう。
そう考えるとディスクの中身を確認せずには居られなかった。

「えーと……レジャービルならパソコンくらい当然あるわよね。よし決まり、迷ってたって始まらないわ。
 ――あと、ついでに前原って男の人も探さないとね。タカノって女の情報知ってるみたいだし、早く探さないと駄目だわ」

即決で沙羅は行き先をレジャービルに決める。
そして思い出す。ホールでの出来事を。
ホールではタカノという女と前原という男が会話を交わしていた。少なくとも面識はあるはず。
前原圭一との接触を試みる事は、脱出計画を立ち上げるには必要不可欠だろう。
沙羅は優先的捜索対象に仲間の二人、そして前原圭一を加える。
そして……

「私は双葉探偵事務所の美人助手。その名にかけて絶対脱出してやるわ。……双樹と恋太郎はもちろん、他の人たちもみんなでっ」

そうだった。
あの場には恋太郎と双樹以外に、何人もの人が居た。
みんな殺し合いに参加させられるなど寝耳に水という状態だった。
混乱でパニックを起こす人もいるだろう。
困った時の『双葉探偵事務所』。その名に恥じぬ行動をしなくては駄目だ。
仕事は助手も所長もみんな同じ。
ただタカノを倒し、死者を出さずに全員で帰るだけだ。


   ◆   ◆   ◆


「お兄様……どうしていないの」

咲耶はフェリーの客室の中で名簿の確認を行い、お兄様が居ないことにショックを受けていた。
最初のホール内で姿が見えなかったことでまさかと思ったがやはり居なかった。
殺し合いに最愛の兄が参加していないのは喜ばしい事ではあるが、同時に最大の助けが居ないことを意味し、それは心細かった。
だけどその代わりに千影、衛、四葉と三人の姉妹が参加していた。

「……そうね。私がやらないと駄目ね。千影はともかく、衛と四葉は……」

姉妹のことを考える。
千影なら大抵のピンチは乗り越えられるだろうが、衛と四葉は危険すぎる。
特に好奇心旺盛な四葉は、危険に首を突っ込んで餌食になるのが容易に想像できる。
それだけに早急な保護が必要だ。
幸いにも自分には支給品が三つあった。
一つははっきり言って意味不明な肉まん。
だが残り二つは本当に幸運だった。
大口径の拳銃と、そして姉妹の可憐がいつも身に着けていたロケット。
中には愛するお兄様の写真が入っている。

「お兄様、私は絶対に生きて帰るわ。出来れば……いいえ、絶対に姉妹みんなで」

咲耶は写真の中のお兄様に誓う。
お兄様は妹が死ぬことなど望んでいない。
だから四人は一人も欠けることなく、無事に帰らなくてはならない。
お兄様が悲しむ顔は咲耶は見たくなかった。
だから――

「姉妹達を傷つける可能性がある人は全て……私が殺す!」

強力な武器が二つとお兄様の写真が傍にある以上、自分はきっと大丈夫。
姉妹を傷つける可能性があれば、その人物は片っ端から殺すだけ。
しかし自分達には首輪の解除は出来ない。孤島から逃げる術は無い。
だからその方法が提示出来る人物なら殺さない。あくまでも殺すのは自分が『危険』と判断したものだけ。
私は覚悟を決める。
危険人物は確実に葬り去る。

ただ咲耶それだけを強く決断し、夜のとばりへと消えていった。

   ◆   ◆   ◆   

白鐘沙羅と咲耶。
何の面識も無い。共通点もほとんど無い。
唯一の共通点が、ただそれぞれ愛する人が居たというだけ。
でもそれでも二人が置かれた境遇は違いすぎた。
方や愛するものと共にここへ呼ばれた者、方や愛する人を残しここに呼ばれた者。
その違いは大きすぎたのかもしれない。
二人は愛する者の為に、自分のやることを成すだけ。
この二人が今後どうなるのか、今は神ですらもわからない。


【C-2 雑居ビルの一室/1日目 深夜】

【白鐘沙羅@フタコイ オルタナティブ 恋と少女とマシンガン】
【装備:永遠神剣第六位冥加@永遠のアセリア -この大地の果てで- ワルサー P99 (17/16+1)】
【所持品:支給品一式 フロッピーディスク三枚(中身は不明) ワルサー P99 の予備マガジン8】
【状態:健康】
【思考・行動】
1:恋太郎と双樹を探す。
2:前原を探して、タカノの素性を聞く
3:レジャービルでパソコンを探しフロッピーの中身を確認
4:混乱している人やパニックの人を見つけ次第保護
5:最終的にはタカノを倒し、殺し合いを止める。
基本行動方針
一人でも多くの人間が助かるように行動する

【D-8 座礁したフェリー付近の森/1日目 深夜】

【咲耶@Sister Princess】
【装備:S&W M627PCカスタム(8/8)】
【所持品:支給品一式 可憐のロケット@Sister Princess S&W M627PCカスタムの予備弾64 肉まん×5@Kanon】
【状態:健康】
【思考・行動】
1:四葉、衛、千影を探し守る。
2:姉妹を傷つける可能性をわずかでも持つ者を殺す
3:脱出を具体的に計画している人物は放置。
4:脱出の具体的計画がなくとも、100%姉妹を傷つけない確証が得られた場合は殺さない。
5:3の際に脱出が現実味を大きく帯びた場合のみ積極的に協力する。
基本行動方針
自分と姉妹達が死なないように行動する


026:おはぎと仮面と校内放送と私 投下順に読む 028:笑顔の向こう側で
026:おはぎと仮面と校内放送と私 時系列順に読む 028:笑顔の向こう側で
咲耶 043:戦い、それが自由
白鐘沙羅 040:希望は爆発と共に






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー