※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

赤坂衛


【出典】ひぐらしのなく頃に~祭~
【声優】小野大輔
【性別】男

【人称】
一人称:私、僕
二人称:
三人称:

【関連人物への呼称】
前原圭一→前原くん
竜宮レナ→レナちゃん
古手梨花→梨花ちゃん
園崎詩音→詩音ちゃん
大石蔵人→大石さん



【能力】

【キャラ紹介】
「暇潰し編」の主人公で、警視庁公安部に所属する刑事。階級は警部。建設大臣の孫の誘拐事件の捜査の為雛見沢を訪れ、大石と梨花に出会う。
雪絵という妻がいて、「暇潰し編」の時点(昭和53年)で彼女は出産を目前にしている。

暇潰し編時点で大卒後まもなくにもかかわらず警部であることからキャリアであると考えられる(大石によれば「高学歴」)。
入庁試験、警察学校では抜群の成績で常に主席を争っていたエリート。
しかし暇潰し編時点ではまだ経験不足を否めず、大石に村に来た理由を見抜かれたり、誘拐犯人グループの制圧戦でも苦戦するなどしている。
昭和58年以降においては豊富な経験によって優秀な捜査官となっているが、かつて梨花が口にした願いに答えることが出来ずに後悔する事になる。

学生時代は麻雀にはまっており、都内、特に高田馬場を中心に高レートの雀荘に出入りする、「馬場の衛」の異名で知られた雀士だった。
しかしレートを上げすぎて各地で出入り禁止になった上、当時交際中だった雪絵にこってりしぼられたため、現在は足を洗っている。
とはいえその実力は衰えておらず、今でもプロ級の実力を誇る。

暇潰し編以外では年齢は中年期に入ってしまっているにも関わらず、若々しい外見を保っている。本人いわく『色男は年を取りません!』とのこと。



【ロワ本編での動向】
思えば誤解されてばかりの人だった。
トウカにはアルルゥを殺そうとする人物に間違えられ、大空寺あゆには涼宮遙を殺したと勘違いされ、
白河ことり坂上智代には露出狂だと思われていた。
しかし、彼はやるときはやる男で鉄塔でのトウカとの戦いや狂人鳴海孝之からことりを守る姿は誰よりも格好よかった。
最後に大切な仲間を守れた彼の心に残った未練は残された妻子ともう一度出会いたかった古手梨花のことだろうか。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー