古手梨花


【出典】ひぐらしのなく頃に~祭~
【声優】田村ゆかり
【性別】女

【人称】
一人称:ボク、私
二人称:
三人称:

【関連人物への呼称】
前原圭一→圭一
竜宮レナ→レナ
園崎詩音→詩音
大石蔵人→大石
赤坂衛→赤坂


【能力】

【キャラ紹介】
古手神社の一人娘で、雛見沢村御三家・古手家の最後の1人。毎年6月に行われる「綿流し」では巫女役を務める。
「オヤシロさま」の生まれ変わりだと言われており、年齢不相応な冷静さと神秘性を兼ね備えた少女で、村中の人間から可愛がられたり崇められたりされている。
また、友人以外の大人に対して名前を呼ぶときは名字や名前を呼び捨てにしている。

子猫のような愛くるしさで周囲をいつも和ませているのだが、その振る舞いはなかなか狡猾で、猫というよりは狸。
人の不幸や失敗が大好きで、そんな人を見つけては頭を撫でて慰めてあげる事に無上の喜びを感じている。
一人称が「ボク」であり、口数は少ないが「~なのです」「みぃ」「にぱ~☆」「ふぁいと、お~」等の口癖を持ち、不思議な存在感をかもし出している。

部活でのゲームスタイルは、強い個性を持った他の4人に比べて余り目立たないものの、堅実に、したたかに漁夫の利を目指すタイプである。
また、自分の振る舞いを生かして相手を骨抜きにする事も出来る。

両親は共に他界しており、神社の集会所の裏手にある倉庫小屋にて親友の沙都子と二人暮らしをしている。
一応両親がまだいた頃に使っていた家は残っているが、過去の事を思い出すという理由でめったな事がない限り帰ることがない。
外出先でも沙都子と一緒にいる事が多い。年少ながら家事全般が得意で、特に料理のレパートリーは豊富。

ちなみに小柄で背が低い事と胸が無い事を、密かに気にしている。

【ロワ本編での動向】
杉並に尾行されてるとも知らずに一人行動を続けていたがネリネに襲われる。
ネリネにまだ当時迷いがあったこと、ネリネが梨花の本性を知らずにいたことでなんとか逃げることに成功する。
その後は単独で行動し続け、一時は空気化の心配がされていたが北川潤伊吹風子に出会い、名トリオ北風花を結成する。
主催者鷹野三四の正体を知っている数少ない人物の一人でその他にも雛見沢症候群のことも知っている重要人物である。
百貨店で滞在中に小町つぐみ朝倉純一と出会い、一発触発の状況になったものの、何とか和解に成功した。
第三回放送後は百貨店のあるエリアが禁止エリアに指定されてしまったため移動を余儀なくされてしまった。
この先どんな展開が待っているのだろうか? いやでも期待せざるを得ない。

百貨店を出発した後は、純一達と合流すべくホテルに向かっていたが、その最中に事件が発生。
疑心暗鬼に陥った北川が、風子を射殺してしまった。
梨花は何とか北川との絆を取り戻したが、今度は強力無比なマーダー川澄舞の襲撃を受ける。
致命傷を受けた北川は、自らの命と引き換えに梨花を逃した。
百貨店を出た途端、次々と倒れてゆく仲間達……余りにも過酷過ぎる運命。

その後梨花は赤坂衛の死体を発見してしまい、心が折れてしまいそうになる。
しかし羽入の存在を感じ取ったお陰で、何とか踏み止まる事出来た。
宮小路瑞穂アセリア一ノ瀬ことみと合流した梨花は、鈴凛の協力を得て、首輪の解除に成功。
強靭な意思を見せる鷹野に対して、モニター越しに宣戦布告を行った。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー