前原圭一


【出典】ひぐらしのなく頃に~祭~
【声優】保志総一郎
【性別】男

【人称】
一人称:俺
二人称:お前
三人称:お前ら、みんな

【関連人物への呼称】
竜宮レナ→レナ
古手梨花→梨花ちゃん
園崎詩音→詩音
大石蔵人→大石さん
赤坂衛→赤坂さん


【能力】



【キャラ紹介】
直情的で熱血漢、好奇心旺盛で行動派な少年であり、お調子者。反面、無神経でデリカシーがなく、女心には相当鈍感なところも。
成績優秀で、頭の回転は早い。また口先も大変達者で(しかし ここぞと言うときには吃驚するくらいの動揺、口下手、説明不足で相手によく誤解を与える)、
特に同性に対しての効果は絶大。
まわりを扇動させる天性の才能を指して、梨花から「口先の魔術師」との二つ名が付けられるほどである。追い詰められた時にこそ力を発揮するタイプ。

そのため部活のゲームスタイルも、窮地に陥ることで本領を発揮し、持ち前の頭脳を活かしたアジテーションや心理戦による一発逆転を得意としている。
ただ詰めが甘いので、主に魅音や沙都子の手痛い被害に遭う事も。

料理は苦手で、野菜炒めを作ろうとして家を焼きかけた事がある。デイキャンプの経験で飯ごう炊飯は作ることができる。

父親の影響からか「萌えの伝道師」を自認しているらしく、その思想を口先の魔術によって表現して多くの人間を引き込み崇拝させているらしい。
この固有結界は、不良三人組の撃退や強敵亀田の打倒他で用いられ、はては昼壊し編でかぁいいモードのレナすら聞き惚れてしまって足止めに成功する等
(状況はレナが圭一達を足止めしているので意味がないが)極めて強力な必殺技である。
一度などはその固有結界を最大発動させて『色晒し編』なるお色気シナリオを構築しようと画策するも、レナの一喝によって粉砕される。

【ロワ本編での動向】
遠野美凪と出会い、病院に対主催の意思がある者への呼びかけをする張り紙をする。
学校へ行く道中、佐藤良美岡崎朋也伊達スバルら三人もの人間が第一回放送前に一気に仲間になるがそのうち二人は殺し合いに乗った人間。
良美とスバルの探し人も亡くなっており、放送後は圭一も美凪も絶体絶命のピンチに陥るかと思われた。
しかし、圭一はこの窮地を仲間を信じる気持ちで乗り越え、朋也の命という大きな犠牲を払うものの美凪も圭一も無事だった。
さらに病院では倉成武、神社へ向かう途中には月宮あゆにも出会い、確実に新たな仲間を増やしていく。

第二回放送後は因縁の宿敵佐藤良美と再会、今度は咲耶水瀬名雪も加わった状態で襲い掛かってくる。
劣勢に苦しむ展開を今回も武と美凪のチームワークを活かして戦い、白鐘沙羅の援護も加わって押し返す。
名雪の撤退、咲耶の死亡をもって終わった戦いだが、またも生き残った良美の「今度はちゃんと殺してあげる」という台詞に再戦を予感しながら眠りについた。
起きた後には武は暴走して離脱しており、武が敵だったとの美凪と沙羅の言葉に迷うが信じる心が再び後押しして武への疑念を振り払う。
再度武に襲い掛かられた際も、首に刃を突き付けられているにも関わらず、信じる心は失わなかった。
結果として圭一は一命を取り留め、武は裏切ったのではなくH173により錯乱しているだけだと判明した。
その後圭一は国崎往人宮小路瑞穂らと出会い、図書館で暫くの間待機。
しかし放送で往人の死を知り、先行した美凪達の後を追い、三度武と遭遇した。
圭一は瑞穂と共に必死の説得を行い、武に迷いを持たせる事に成功。
武の提案により、どちらの言い分が正しいか決めるべく、病院で一騎打ちを行う。
結果見事に武を打ち破り、一時は和解を成し遂げ、人質となっていた美凪とも結ばれた。
だが雛見沢症候群の呪縛は余りにも強く、再度錯乱した武に斬り付けられ、悲劇的な最期を迎えてしまった。
それでも、死体となっても尚圭一は武を信じ続け、復讐に走ろうとした美凪を押し留めた。
最終的には小町つぐみの手によって、武は完全なる改心を果たす事となる。

数多くこなしたバトル、熱い台詞の数々、まさに対主催を代表する人物の一人だったと言っても過言ではないだろう。
遠野美凪とのカップルは、雑談スレの投票でベストカップルに選ばれた。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー