※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白鐘沙羅


【出典】フタコイ オルタナティブ 恋と少女とマシンガン
【声優】水橋かおり
【性別】女

【人称】
一人称:私
二人称:アンタ
三人称:アンタたち等

【関連人物への呼称】
双葉恋太郎→恋太郎
白鐘双樹→双樹


【能力】
ゲーム版白鐘姉妹ルートで多人数相手に銃撃戦を繰り広げた辺りから、銃火器の扱いに長けていると思われる


【キャラ紹介】
恋太郎の相棒を務める双子の助手、フタコイオルタナティブのヒロイン。双葉探偵事務所に入り浸る謎めいた双子の妹。
ゲーム版(後述)では事務所から白氷学園に通っており、学園で起きた生徒の失踪事件の調査を恋太郎に持ちかけた。
勝気で少々乱暴な所があり、料理は殺人的に苦手
普段からマシンガンを持ち歩いている


【ロワ本編での動向】
開始直後から全く人に会えない状況が続いていた。
なんと第二回放送直前に水瀬名雪に会うまで誰にも会わなかったのは運が良かったのか悪かったのか……。
第二回放送後は月宮あゆへの復讐に燃える名雪を追いかけつつ、しかたなく同行することになる。
その後は佐藤良美咲耶らの襲撃を受けていた倉成武たちを救うべく名雪を裏切り武のパーティーにつく。
その判断は正しく良美らの襲撃は退けるが、不幸なことに彼女の持っていた情報により武は暴走、離脱してしまう。
第三回放送後は再び出会った武に襲われるが、武がH173に感染していることに気付き図書館へ急行中。
図書館で二見瑛理子国崎往人アセリア宮小路瑞穂らと出会う。
沙羅は圭一達と共に暫く図書館で待機していたが、放送を聞き、先に出発していた瑛理子組の窮地を知る。
瑛理子達を救うべく行動した沙羅達は、住宅街の一角で、武が瑛理子達を襲っている場面に遭遇
説得を試みるも失敗し(但し迷いは持たせられたので、完全に無意味だった訳では無い)、美凪をさらわれてしまう。
圭一は一人で武と決闘すべく出発し、その後をアセリアと瑞穂が追う事になった。残された沙羅は瑛理子と共に行動し始めたが、そこで月宮あゆが現われる。
あゆとも一悶着あったものの、一応和解。沙羅は瑛理子とあゆの二人を守りつつ、行動していた。
だが坂上智代佐藤良美の攻撃を受けるや否や、あゆの態度が一変。あゆは保身に走り、良美の側へと寝返った。
劣勢を感じた瑛理子は沙羅を逃がして、一人で特攻を仕掛けたが、あゆと永遠神剣の力の前に敗れ去った。
その後に沙羅もあゆと対決し、絶体絶命の窮地に陥ったが、土永さんに救われて何とか逃げ切った(土永さんはこの時の戦闘で死亡)。
現在は新たに出会った仲間、蟹沢きぬ大空寺あゆと共に行動している。

戦闘能力から考えるに十分活躍出来るスペックはある筈だが、現在のあだ名は空気。
どうしても印象が薄い感は否めない。
今後の奮起に期待したい所である。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー