※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オボロ


【出典】うたわれるもの 散りゆく者への子守唄
【声優】桐井大介
【性別】男
【人称】
一人称:俺
二人称:お前、貴様、あんた
三人称:お前ら、貴様ら

【関連人物への呼称】
ハクオロ→兄者
エルルゥ→エルルゥ
アルルゥ→アルルゥ
トウカ→トウカ
カルラ→カルラ

【能力】
特殊な能力はなし。
しかし、身体能力は成人の一般男性をはるかに凌駕する。
しかし本ロワではその身体能力は制限の対象となり現実的なレベルに抑えられている。

【キャラ紹介】
ユズハの兄で、義賊として活動をしていたが、ケナシコウルペとの戦を通じてハクオロに心酔し、彼に全てを委ね「兄者」と慕う。
部下としてドリィ、グラァを従えており、彼らからは『若様』と呼ばれる。
妹であるユズハのことを溺愛しており、それゆえ後先が見えなくなることもある。
熱血漢、かつ無鉄砲という言葉が似合う性格で新たな敵が登場するたびに真っ先に切りかかっていき、あっという間に倒されることから『ドラゴンボールのヤムチャポジションに近い扱い』と言われることもある。
しかし、あくまでも切りかかっていった相手が強すぎる(二ウェやカルラ)ためオボロ本人が弱すぎるということではない。
オボロは曲がりなりにもトゥスクル國の将軍で、それに見合った実力も持っていることをオボロの名誉のために付け加えておく。
序盤は登場の仕方もあってシリアスキャラであるかのように思われるが、物語が後半に進むにつれて体を張ったギャグのオチ担当であることが判明する。

戦闘フェイズでは弐刀流を操り、軽業師のような身のこなしを生かした戦法を見せる。



【ロワ本編での動向】
ハクオロや知り合いを除いた全参加者の殺害を決意。
出会った岡崎朋也と必要最低限の問答を交わした後殺害すべく襲撃したが、後一歩のところで煮え湯を飲まされ朋也は逃亡。
オボロ本人も浅くはない怪我を負う。
その後も朋也を追いかけて殺すつもりだったが、途中でエルルゥの遺体を発見して埋葬する。
形見の髪飾りを手にしてエルルゥを殺した犯人を殺すことを決める。
立ち寄った学校で四葉の殺害に成功するが、そのことには少し後悔している様子。
その後も西へ西へと移動を続けている。

そこで出会ったのは千影。当然のごとく襲撃するがこの島に来る前からの仲間であるトウカに会い、襲っていたことを誤魔化しつつ行動を共にする。
しかし千影が四葉の姉妹という事実を知り、悔恨の念に襲われる。
自身が四葉を殺したことを当初は伏せていたものの芙蓉楓との会話中に自白。仲間であるトウカの手によって葬り去られたかと思われたが……。
楓とネリネの襲撃に劣勢を強いられていたトウカたちを救うべく最後の力を振り絞り仲間の活路を開く。
最後はトウカの言葉を聞きながら千影に姉妹を守るよう託し、ネリネの凶弾に散っていった。

非情な決意をしたものの非情になりきれなかったところはやはり彼らしいと言うべきか……合掌。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー