※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

土見稟 (つちみ りん)


【出典】SHUFFLE! ON THE STAGE
【声優】緑川光(初期ドラマCD)、杉田智和(TVアニメ、アニメドラマCD)、赤木神楽(Really? Really!)
【性別】男

【人称】
一人称:俺
二人称:お前
三人称:おまえら

【関連人物への呼称】
ネリネ→ネリネ
芙蓉楓→楓
時雨亜沙→亜沙先輩

リシアンサス→シア

【能力】
特にこれといった特殊能力はない。
強いてあげれば、各親衛隊との激しい攻防により危険察知&回避能力だけは並の人間以上。



『SHUFFLE! ON THE STAGE』の主人公。
バーベナ学園の2年生。成績は普通で運動神経は並以上。
両親は8年前に交通事故で亡くし、芙蓉楓の家に居候している。その為モテない男子生徒らから目の仇にされている。
ある日突然転校してきたリシアンサスとネリネに許婚宣言されたことで麻弓から「神にも悪魔(魔王)にも凡人にもなれる男」という異名を付けられてしまい、
以後「全男子を敵に回した男」としてさらなる嫉妬攻撃を受けるハメになってしまった。
自分より他人を重んじる性格で、幼い頃に両親を失った経験から、人が悲しんだり傷ついたりする事を何よりも嫌う。
事実、周囲の人たちを助ける為に自分の身ですらも投げ出す事がある。本人曰く、我慢強さだけなら誰にも負けない自信があるという。

声優は細かく見ると緑川光、杉田智和、赤木神楽の3人。
一番浸透しているのはアニメ他での杉田智和だが、アニメの稟はどう聞いても某アニメの主人公にしか思えません。

同一声優キャラ
・緑川光
参加キャラで国崎往人と同一である。
・杉田智和
参加キャラで相沢祐一(京アニ版)と同一である。



【ロワ本編での動向】
開始早々見せしめとして殺されたリシアンサスと結ばれた世界からの参戦。
目の前で殺されたショックは余りにも大きかったが、同じく見せしめとして知り合いを殺された蟹沢きぬの姿に刺激され自らを奮い立たせる。
知り合いを探し出し、ゲームからの脱出を決意するが、直後芳乃さくらの襲撃を受け支給品の大半を失う。
逃亡劇は泥沼化し、きぬを逃がす為に稟はとうとう支給品の拡声器でさくらを引き付ける囮の役を買って出たが……

おーい稟、それは間違いなく死亡フラグだぞーっ!!

その後稟は病院へと逃げ込んだが、そこで水澤摩央と遭遇。
甘い性格の所為で不意を突かれて、 H173入りの注射器を二本も撃たれてしまった。
雛見沢症候群を発症して疑心暗鬼に陥った稟は、問答無用で倉成武に襲撃を仕掛けてゆく。
だが前原圭一遠野美凪の出現もあり、一旦退避しざるを得なくなった、
戦いから離れた稟は僅かながら冷静さを取り戻し、きぬとの再会の約束を思い出す。
だが放送で芙蓉楓の死を告げられてしまい、落ち着きかけていた筈の精神状態は一変。
神王にも魔王にも凡人にも成れたはずの男は───鬼に成った。

再会したカニを気絶状態に追い込み、近くに居ただけの月宮あゆも襲撃。
無慈悲且つ一方的な猛攻により、あゆに瀕死の重傷を負わせた。
しかし雛見沢症候群とは周囲のみならず、自分自身すらも傷付けてしまう恐ろしい病。
極限状態まで精神を追い込まれた稟は、度の過ぎた自傷行為を繰り返し、自らの手でその命を絶った。


強き理想を抱いていた筈の男の、余りにも報われない死。
土見稟は、パロロワの厳しさを最も体現した人物であるかも知れない。
同じ熱い対主催で、かつ雛見沢症候群を発症した者同士でありながら無惨な死をとげた稟と復活して大活躍している武。
稟はきっと武に対して「キュレイウイルスなんてチート乙」と思っているに違いない。
……うん、まあ気持ちは分からんでもないよ。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー