※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大見出し

まずは予算

まずは予算を決めましょう。
今回は家用の「~15w」までを対象にしていますので、5000円~15000円くらいあれば大丈夫です。

アンプの特徴とジャンル

ギター選びのカテゴリでも似たような事を言ってますが、アンプには特徴があり、それにより向き不向きなジャンルがあります。
それを踏まえて紹介しましょう。

Marshall (マーシャル)


さて、初めに超有名アンプメーカーMarshallのアンプです。
元々のスタックアンプがロック向きだった為に、こちらもロック仕様になっているようです。
ただしアンプ本体の歪み方は、スタックとは少し異なった歪みです。これによって「これはMarshallじゃない」と言う人もいるそうです。
ロックなどの歪ませたサウンドは得意ですが、音が硬い為にクリーンサウンドは苦手みたいです。

品目

  • MG10CD 10w 約8000円程度
  • MG15CD 15w 約12000円程度
  • MG15CDR 15w MG15CDにリバーブを搭載したモデル 約15000円程度
  • MG15DFX 15w 4種のデジタルエフェクトを搭載 約17000円程度



Fender japan(フェンダー)


ストラトやテレキャス等を作っているFender japan社のアンプです。
U.S.Aにもアンプはありますが、恐らくこちらのほうが需要があるのでこちらを掲載します。
まずこのアンプ、シングルコイル搭載のギターに良く合います。
ハイゲインとまでは行きませんが、ディストーションくらいまで歪ませる事が出来ます。
しかしどちらかと言うとクリーン~クランチまでが得意です。

品目

  • DICE 12w 8000円程度
  • SD-15CE 15w 9000円程度
  • SDR-15CE 15w 11000円程度 リバーブ搭載モデル



VOX(ヴォックス)


明るくブライトなサウンドが特徴のアンプメーカーです。
名器といわれるAC系は高値で取引されていますが、最近発売したPathfinder(パスファインダー)系やDA系のアンプは比較的安値です。
基本、このメーカーのアンプはそんなに歪みませんが、クリーンが素晴らしいです。
しかし例外としてDA系は色々な機能を搭載したアンプで、ハイゲインも可能です。

品目

  • Pathfinder 10 10w 5000円程度
  • Pathfinder 15 15w 10000円程度 
  • DA-5 5w・1.5w・0.5wに切り替え可能 13000円程度
  • DA15 15w 14000円程度
  • DA15VT 15w 17000円程度 真空管搭載



Roland(ローランド)


ローランドのアンプはクリーン~ハイゲインまでこなせ、更にデジタルエフェクトも多数搭載した万能アンプです。
かなりお勧めのアンプなので、是非一度試奏してみるといいかもしれませんよ。

品目

  • MICRO CUBE 2w 15000円程度
  • CUBE-15x 15w 13000円程度





どうでしたでしょうか?
まだこの他にも多数のメーカーがありますので、随時更新予定です。