※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そもそもギターってどんな楽器なの?

撥弦楽器です。指やピックと呼ばれる義爪で弾きます。
6本弦が張ってあるのが標準的です。

楽器やったこと無い人でもギターって弾けるんですか?

上達の速度に差はありますが、諦めず・根気強く・効率的に練習すれば弾ける様になります。

アコギとエレキって何が違うの?

形・音色・仕組み等、根本的に違います。
アコギは生音のみで演奏するギターです。優しく、自然な音がします。
対してエレキは、ピックアップと呼ばれるマイクで弦振動を拾い、アンプで信号を増幅させ、音色や音量の調節を容易に可能にしたギターです。アコギよりも機械的な音がします。

アコギとフォークギターとクラシックギターって何が違うの?

そもそも、アコギと言うのは上で説明したように、生音のみを使ったギターの総称です。
つまりアコギは、フォークギターとクラシックギターをまとめた呼び方です。
フォークとクラシックの違いですが、フォークは弦がスチール。クラシックは弦がナイロンです。
フォークは硬い音。クラシックは柔らかい音です。

ロックにはどのギターが向いてるの?

ロックと言えばオーバードライブやディストーションサウンドが一般的なので、エレキギターが向いているかと思います。
バンドアンサンブルでも、ドラムやボーカルの音に埋もれにくいです。

ポップにはどのギターが向いてるの?

一概にポップと言っても様々な種類があるので、曲によって違うようです。

アンプって何?

一般に、エレクトリック系の楽器の音を出すスピーカーの事です。
音量を調節するだけでなく、歪みの量を調節したり、エフェクトを兼ね備えているアンプもあるようです。

エフェクターって何?

ギターとアンプの間に繋いで、音を劇的に変化させる機材です。
メーカーによって値段・種類・音色はまちまち。
大抵のお店では試奏させて貰えるので、自分好みのエフェクターを探すのも楽しいですよ。

シールドって何?

機材と機材を繋ぐ線です。ケーブル、コードとも呼ばれます。

シールドはどれくらいのものを選べばいいの?

3mで2~3000円が妥当です。
有名所としてはカナレ・ベルデン等。
3m5000円以上のハイエンドシールドになると、モンスターケーブルやプロヴィデンスと言った、プロユースのものが出てきます。

ギターとベースってどっちが難しい?

そもそもギターとベースは違う楽器なので、どちらが難しいと決める事はできません。
というか個人次第。楽しんでやれば上達も早いです。

アコギとエレキってどっちが難しい?

両方ギターですが、奏法も違いますから、「似てるけど別物」と捉えてください。言うなれば野球とソフトボールの関係です。
上に同じく、どちらが難しいとはいえません。両者に難しさはあります。

初心者セットってどうなの?

確かに安くて手を出しやすい初心者セットですが、アンプなどは後で買い換えてしまう事が多いようです。
その点を踏まえるとバラバラに買ったほうがいいと思います。
ただし最近はマーシャルやフェンダー、フェルナンデスなどのアンプのセットがあるようなので、それらの場合はいいと思います。

コードって何?

ルート(ベース音)を元に、2音以上の音で構成された音の事です。
日本語では和音といいます。

パワーコードって何?

1度と5度の音を使ったコードです。
例えばルートがC(ド)だったら、そこから5度のG(ソ)を組み合わせます。
まれに1度・5度・1度(1オクターブ上)の3音で構成されることも有ります。
このコードは簡単かつ、手軽にロックテイストが出せるので、リフやバッキングに多用されます。

リフって何?

曲中に何度も繰り返される印象的なフレーズの事です。
イントロや間奏によく使われます。


その他、随時更新予定です