フクイプレスの安心・きれい布団丸洗い

遠心力を利用したジェット水流で中綿までクリーニング。


湿気を好み、人のフケやアカをエサとするダニにとって
もっとも居心地のよい場所はお布団です。
1枚のお布団の中に5,000匹を超える
ダニがいることも珍しくありません。

天日に干しても、布団をいくら叩いてもダニは減りません。
日干しするとダニは逃げますが、
日の当たらない裏側に隠れてしまいます。
叩くことでダニの死骸やフンは浮き出し、
そこに寝ることによって肌に付着してしまいます。

ぜんそくやアトピー、アレルギー性鼻炎などの原因の一つに
「どうもふとんが原因では?」と言われています。

綿(わた)ふとんがよく使われていた時代、
ふとんは打ち直すのが常識でした。

しかし現在様々な繊維のふとんが出てきて、
今やふとんは丸洗いするのが新しい常識になりつつあります。
下着は毎日洗濯するのに、
毎日寝るふとんが1年も洗われていないのは不衛生です。
大人が一晩寝ると、平均して200ccの汗をかくと言われています。

また湿気を好み、人のフケやアカをエサとするダニにとって
もっとも居心地のよい場所はお布団です。
日干しにしてもどんどん暗い中に入り込んでしまうだけで、
日干しや乾燥だけではダニ退治はできないのです。

それはようするに、中ワタを清潔にするには丸洗いしかないということなのです。

また、湿ったふとんは体温を奪います。
寝ていても体の冷えが気になる方や
子供さんのおねしょが治らない時などは
ふとんの丸洗い、またはふとんと替えることをお勧めします。



アトピー・喘息対策に布団の丸洗いは不可欠

アレルギー疾患の原因はダニの増加です。
お布団の中で過ごす時間の多い赤ちゃんやお年寄りには
お布団を清潔に保つことが、病気から守ることに繋がります。

お布団を清潔に保つには

寝具は健康に関わる大切なものです。
定期的に丸洗いすることで、
ダニは死滅し、死骸やフンは中ワタの汚れと一緒に洗い流され、
アレルギーのもとになるアレルゲンを取り除くことが出来ます。

丸洗いの頻度はどのくらいが適切?

厚生労働省では旅館やホテルなど宿泊業に対して
「ふとんと枕は6か月に1回以上丸洗いを行うことが望ましい」
と、通達を出しています。
この通達では「100平方cmあたりに換算したときのダニが1匹以下」
になるように指導しています。
これは丸洗いがふとんのダニ除去に効果的で、
この方法でふとん内のダニを数匹以下にできることを
厚生労働省が認めていることにほかなりません。
一般家庭でも半年に1回の丸洗いが望ましいと言えますが、
少なくとも1年に1回の丸洗いをおすすめします。


宅配料金は無料です。


毛布 1000円

ベビー布団 1000円

肌布団 1000円

こたつ布団 2000円

こたつ布団大 2500円

羽毛布団S 4000円

羽毛布団W 5000円

綿わた布団 5000円

布団カバー 700円

シーツ 500円

ベッドパッド 800円

ベッドカバー 1000円

タオルケット 500円

枕カバー 500円


■インテリア類

カーテン 1000円~ (平方メートルあたり)

ホットカーペットカバー 1000円~(一帖あたり)

絨毯じゅうたん 2000円~(一帖あたり)

絨毯じゅうたん(高級段通)4000円~(一帖あたり)



クリーニング納期 1週間~3週間程かかります。



宅配お申し込みフォーム