※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バッチファイルセットを使ってffmpegで2pass
http://sakuratan.ddo.jp/up/src/up5565.zip

aviutlにて512×384指定、上下反転しVP62にてエンコ×2回。
(エンコは当然1pass、2passは同設定でする事)
(1pass目のファイルはサイズが小さく開けないので注意)
(16:9なら512x288にして、aviutlで48pxずつ黒ベタを追加する)
画面が反転してるか?確認。音はwav形式にて抽出する。
一回目、Two Pass - First Passにて保存。
二回目、Two Pass - Second Pass - Best Qualityにて保存。

映像ファイルのレートをAVIcodec等のツールを使って確認。
計算式:[サイズ(byte)]÷[時間(秒)]×8÷1000<656.384
実際の映像レートに合わせ、音(.wavファイル)を.mp3ファイルに変換する。
650kbpsを超えていたら、映像ファイルを作り直す。

バッチファイルセットの中の「flvencvp6_ffmpegmux_D&D.bat」に、
2回目にエンコした映像ファイル(.avi)と、音声ファイル(.mp3)をD&Dする。

FLVプレイヤーで確認。
実レートが650kbpsを超えてなければ、SMILEで変換されない。


1 SMILEにアップしたい動画ファイルを用意する。
過去なんども使われたコレがお勧め。
時間が短く、誰がやってもそこそこ綺麗に仕上がる。リトライするにはうってつけのソース。
http://5cm.yahoo.co.jp/teaser/index.html

2 動画編集ソフトで画面比率を4:3にする。(AviUtlでクリッピング、リサイズ、黒ベタ追加など)512×384必須。
4:3なら512×384。16:9なら512x288にし、aviutl等で上下に 48px ずつ黒ベタ。
※TMPGEnc 2.5無料版 http://www.tmpgenc.net/ なら、自動で黒ベタにしてくれるので初心者には特にお勧め。

3 任意のコーデックで圧縮して出力する。(WMVやDivXやVP62など 無圧縮でも可)音声は再圧縮無しがいいかも。

4 http://sakuratan.ddo.jp/up/src/up5551.zipの中のFLV4enc_D&D.batにファイルをドラッグ&ドロップ。

5 設定画面でBitrete→400
  Mode→One Pass - Best Quality
  End usage→Local File Playback(VBR)
  material→Progressive

6 エンコードが終了したら同じフォルダにoutput_vp6.flvができる。

7 FLVプレイヤーで確認する。(FLVPなど)

8 AVIcodecでビットレートを確認。映像と音声を合わせて600kbps ファイルサイズ40MB以下ならOK。
  オーバーした場合は5に戻ってBitreteの数値を小さくする。

9 SMILEにアップ、テストの場合はタイトルをtestにする。必ず「エンコードしています」と出るので自分の目で確かめよう。 
  再エンコードされた場合は5に戻ってBitreteの数値を小さくする。
  失敗したファイルを削除する場合はタイトルをtestや削除にしてから消すように。