FEG@wiki 久珂あゆみ@T20

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大部品: 久珂あゆみ@T20 RD:287 評価値:13
  • 大部品: T20での着用種族 RD:21 評価値:7
    • 大部品: 舞踏体(種族) RD:21 評価値:7
      • 大部品: 舞踏体(職業) RD:12 評価値:6
        • 部品: 舞踏体とは
        • 大部品: 特殊能力 RD:2 評価値:1
          • 部品: 着用資格(ウォードレス)
          • 部品: 降下補正
        • 大部品: 運用における制限事項 RD:2 評価値:1
          • 部品: 用途における運用制限
          • 部品: コピー制限
        • 大部品: 問題発見と解決施策 RD:7 評価値:4
          • 大部品: 脳の完全エミュレートの危険性とその対策 RD:7 評価値:4
            • 部品: 脳の完全エミュレートの危険性とは
            • 部品: 黒い塊事件
            • 部品: 黒い塊事件解決
            • 部品: 蜘蛛型舞踏体とカマキリの大量死亡
            • 部品: 自己(魂)を保つということ
            • 部品: 何故不死となることが危険なのか
            • 部品: 意識のネットワーク直結の禁止
      • 部品: 誕生と意味の変化
      • 大部品: 職業から種族へ RD:8 評価値:5
        • 部品: 種族としての舞踏体
        • 部品: 年齢制限
        • 部品: 補助
        • 部品: 希望者
        • 部品: 子供
        • 部品: 制限
        • 部品: 寿命
        • 部品: 健康診断
  • 大部品: 着用可能職業 RD:195 評価値:13
    • 大部品: パイロット・コパイ系 RD:40 評価値:9
      • 大部品: 名パイロット(共有版) RD:27 評価値:8
        • 大部品: パイロット(共有版) RD:13 評価値:6
          • 大部品: パイロット訓練による能力涵養 RD:6 評価値:4
            • 部品: 戦闘訓練
            • 部品: ブリーフィング
            • 部品: パイロット準備過程の修了
            • 部品: 操縦経験
            • 部品: 能力の適正検査
            • 部品: マニュアル把握
          • 大部品: パイロットにおける一般任務 RD:6 評価値:4
            • 部品: 編隊行動
            • 部品: 自機管理
            • 部品: 状況判断
            • 部品: 待機任務
            • 部品: 健康管理
            • 部品: 部隊行動基準
          • 部品: パイロット(共有版)の流用実績
        • 部品: エンブレム
        • 部品: 指揮能力
        • 部品: 教官経験者
        • 部品: 隊の写真
        • 部品: 勲章
        • 部品: 自己鍛錬
        • 部品: 記念の航空用腕時計
        • 部品: 優れた空間把握能力
        • 部品: 経験による行動の裏付け
        • 部品: イエロージャンパー
        • 部品: 戦闘時の緊急対応
        • 部品: 各種環境への対応
        • 部品: 高G適正
        • 部品: 名パイロット(共有版)の流用実績
      • 大部品: WSO(パイロット抜き版) RD:13 評価値:6
        • 大部品: WSO(FEG版) RD:13 評価値:6
          • 大部品: WSO(職業) RD:9 評価値:5
            • 大部品: WSO概要 RD:4 評価値:3
              • 部品: WSOとは
              • 部品: コ・パイロット資格
              • 部品: コ・パイロット補正
              • 部品: WSOの仕事
            • 大部品: 教育課程 RD:4 評価値:3
              • 大部品: WSO課程 RD:4 評価値:3
                • 部品: 筆記試験
                • 部品: 初年度
                • 部品: 次年度
                • 部品: 最終年度
            • 大部品: パイロット課程 RD:1 評価値:0
              • 部品: パイロット課程の必要性
          • 部品: ねこみみ課程
          • 大部品: FEGでのWSOの歴史 RD:3 評価値:2
            • 部品: AD枠
            • 部品: 猫妖精からの派生
            • 部品: パイロットとしての経験
    • 大部品: 歩兵系 RD:101 評価値:11
      • 大部品: 低物理 RD:58 評価値:10
        • 大部品: 勇敢な大剣士 RD:15 評価値:6
          • 部品: 勇敢な大剣士のあらまし
          • 部品: 勇敢な大剣士の取得条件
          • 大部品: 勇敢なる生き様 RD:5 評価値:3
            • 部品: 勇敢
            • 部品: 勇気
            • 部品: 勇猛
            • 部品: 根性
            • 部品: 義勇心
          • 大部品: 勇敢なる戦い方 RD:5 評価値:3
            • 部品: 一番槍
            • 部品: 勇敢なる突撃
            • 部品: 勇敢なる一撃
            • 部品: かばう
            • 部品: 勇ましき防御術
          • 部品: 根源力死無効
          • 部品: 鼓舞
          • 部品: 勇敢なる雄叫び
        • 大部品: 大剣士 RD:43 評価値:9
          • 大部品: 剣士 RD:18 評価値:7
            • 大部品: 剣士の身体能力 RD:3 評価値:2
              • 部品: 戦士の腕力
              • 部品: 敏捷性
              • 部品: スタミナ
            • 大部品: 剣士の技 RD:6 評価値:4
              • 大部品: 攻撃技術 RD:3 評価値:2
                • 部品: なぎ払い
                • 部品: 素早い剣戟
                • 部品: 強撃
              • 大部品: 防御技術 RD:3 評価値:2
                • 部品: 受け流し
                • 部品: バックステップ
                • 部品: 間合いの把握
            • 大部品: 剣士訓練所での6年の修業 RD:9 評価値:5
              • 部品: 6年間の白兵戦闘訓練の継続
              • 部品: 剣士訓練所での厳しい規律
              • 部品: 矢落とし1000本ノックの試練
              • 部品: 戦術、武器、戦略講義(3年分)
              • 部品: 毎年の遠足(サバイバル訓練)
              • 部品: 日々の筋力トレーニング
              • 部品: 地獄の走力強化訓練
              • 部品: 雪中での水行
              • 部品: 剣士養成所卒業試験
          • 大部品: 大剣士の特殊剣技 RD:12 評価値:6
            • 部品: 指弾
            • 部品: 組討の技術
            • 部品: 鎧通し
            • 部品: 兜割り
            • 部品: 急所狙い
            • 部品: 燕返し
            • 部品: 流れるような連撃
            • 部品: 縮地法
            • 部品: 切り払い
            • 部品: 切り落とし(カウンター)
            • 部品: 烈火の構え
            • 部品: 流水の構え
          • 大部品: 大剣士へと至る道 RD:13 評価値:6
            • 部品: 剣士との仕合の日々
            • 部品: 100を超える戦場を渡り歩く
            • 部品: 大剣士との出会い
            • 大部品: 山ごもりの日々 RD:5 評価値:3
              • 部品: 人里離れた山へ修行に行く
              • 部品: 感謝の素振り1万回
              • 部品: 修行の中の危難
              • 部品: 野生の獣との闘い
              • 部品: 剣に拘り過ぎていた
            • 部品: 大剣士との再戦
            • 部品: 1000人に1人の逸材
            • 部品: 大剣士としての資質
            • 部品: 狂戦士との違いを自覚する
            • 部品: 剣に溺れることなかれ
      • 大部品: 高物理 RD:43 評価値:9
        • 大部品: 緊急投擲展開軍(職業) RD:43 評価値:9
          • 大部品: 着用制限 RD:4 評価値:3
            • 部品: FEG軍属の舞踏体であること
            • 部品: WDダンサーの中でも特に優秀な者であること
            • 部品: 特殊訓練課程を修了していること
            • 部品: 誓約
          • 大部品: 能力 RD:2 評価値:1
            • 部品: 白兵戦闘、歩兵射撃戦
            • 部品: 援軍能力
          • 大部品: 特殊作戦技能 RD:8 評価値:5
            • 部品: チーム単位での活動
            • 部品: 応急手当能力
            • 部品: 武装障害走訓練の経験
            • 部品: 懸垂下降訓練済み
            • 部品: 図上訓練
            • 部品: 強行突入作戦の実行能力
            • 部品: 非殺での制圧能力
            • 部品: 民事作戦観点からの民間人保護
          • 大部品: ウォードレスダンサーFEG版 RD:28 評価値:8
            • 部品: FEGにとってウォードレスダンサーとは
            • 大部品: ウォードレスダンサー RD:27 評価値:8
              • 大部品: 概要(WDダンサー) RD:5 評価値:3
                • 部品: WDダンサーとは
                • 部品: WDダンサーの必要性
                • 部品: 強化歩兵
                • 部品: 現代によみがえる騎士
                • 部品: 『ダンサー』の由来
              • 大部品: 特徴(WDダンサー) RD:2 評価値:1
                • 部品: WD着用可能
                • 部品: WDコネクタ
              • 大部品: WDダンサー資格 RD:14 評価値:6
                • 大部品: 訓練(WDダンサー) RD:10 評価値:5
                  • 大部品: 基礎訓練 RD:5 評価値:3
                    • 部品: 肉体訓練
                    • 部品: 着用訓練
                    • 部品: 座学
                    • 部品: 習熟訓練
                    • 部品: 整備訓練
                  • 大部品: 戦闘訓練 RD:3 評価値:2
                    • 部品: 軍事活動訓練
                    • 部品: 白兵戦闘訓練
                    • 部品: 銃火器使用訓練
                  • 大部品: 特殊訓練 RD:2 評価値:1
                    • 部品: レスキュー訓練
                    • 部品: 土木作業訓練
                • 大部品: 資格管理(WDダンサー) RD:4 評価値:3
                  • 部品: WD免許
                  • 部品: 資格取得試験
                  • 部品: コネクタ増設
                  • 部品: 資格更新
              • 大部品: WDダンサーの心得 RD:5 評価値:3
                • 部品: 鍛えよ
                • 部品: 自分の体として扱え
                • 部品: 走れ
                • 部品: 連携してなんぼ
                • 部品: WDにこだわるな
              • 部品: ウォードレスダンサーの着用制限
          • 大部品: 編成規模 RD:1 評価値:0
            • 部品: 他国を威圧しない規模の編成
    • 大部品: 非戦闘 RD:36 評価値:8
      • 大部品: 猫好き RD:12 評価値:6
        • 部品: 猫好きとは
        • 大部品: 猫好きの宿命 RD:7 評価値:4
          • 部品: 猫に話しかけると赤ちゃん言葉になる
          • 部品: 猫の肉球にふまれるのが幸せ
          • 部品: 猫と添い寝
          • 部品: 猫写真フォルダー
          • 部品: つい自分のうちの猫の話をしてしまう
          • 部品: 猫の声に敏感
          • 部品: 猫グッズ収集
        • 大部品: 猫にご挨拶(技術) RD:1 評価値:0
          • 部品: 猫にご挨拶の効果
        • 大部品: 猫なでテクニック(技術) RD:1 評価値:0
          • 部品: 猫なでテクニックの効果
        • 大部品: 猫ブラッシング(技術) RD:1 評価値:0
          • 部品: 猫ブラッシングの効果
        • 大部品: 猫の爪切り(技術) RD:1 評価値:0
          • 部品: 猫の爪切りの効果
      • 大部品: 絵描き(職業) RD:13 評価値:6
        • 部品: 歴史
        • 部品: 人に絵を見せてこそ絵描き
        • 大部品: イラスト作成工程 RD:7 評価値:4
          • 部品: 構想、構図
          • 部品: ラフ作成
          • 部品: 線を選び取っていく
          • 部品: 線画作成
          • 部品: 暗い側から描く
          • 部品: 光の当たる部分を立ち上げていく
          • 部品: 仕上げ、完成
        • 大部品: デッサン力の涵養 RD:4 評価値:3
          • 部品: そもそもデッサンとは
          • 部品: なぜ必要なのか
          • 部品: ひたすら観察
          • 部品: デフォルメにもデッサンは必要
      • 大部品: 会社社長(職業) RD:11 評価値:5
        • 大部品: 概要(会社社長) RD:3 評価値:2
          • 部品: 着用制限(会社社長)
          • 部品: 会社社長の評価値的特徴
          • 部品: 会社社長の責任
        • 大部品: 会社社長の能力 RD:2 評価値:1
          • 部品: 会社社長の経済補正
          • 部品: 会社社長の同調判定
        • 大部品: 商人(職業) RD:6 評価値:4
          • 大部品: 概要(商人) RD:2 評価値:1
            • 部品: 商人とは
            • 部品: 経済の活性化
          • 大部品: 商人の能力 RD:4 評価値:3
            • 部品: 目利き
            • 部品: 耳ざとい
            • 部品: 交渉上手
            • 部品: いい笑顔
    • 大部品: 特別職業 RD:10 評価値:5
      • 大部品: 恋人系アイドレス RD:1 評価値:0
        • 部品: 恋人系アイドレスとは
      • 大部品: 晋太郎の奥さん(あゆみ版) RD:9 評価値:5
        • 大部品: 晋太郎の恋人2(あゆみ版) RD:7 評価値:4
          • 大部品: 晋太郎の恋人(あゆみ版) RD:5 評価値:3
            • 大部品: 概要(晋太郎の恋人あゆみ版) RD:1 評価値:0
              • 部品: 着用制限(晋太郎の恋人あゆみ版)
            • 大部品: 帯同補正(晋太郎の恋人あゆみ版) RD:1 評価値:0
              • 部品: 白兵能力補正(晋太郎の恋人あゆみ版)
            • 大部品: 晋太郎の追跡 RD:1 評価値:0
              • 部品: 晋太郎の追跡自動成功
            • 大部品: 特殊能力(晋太郎の恋人あゆみ版) RD:1 評価値:0
              • 部品: 晋太郎と歩く場合
            • 大部品: 加護付与(晋太郎の恋人あゆみ版) RD:1 評価値:0
              • 部品: 魔法、詠唱、絶技行為修正(晋太郎の恋人あゆみ版)
          • 大部品: プロモーション(晋太郎の恋人より) RD:1 評価値:0
            • 部品: 2へ
          • 大部品: 特殊能力(晋太郎の恋人2あゆみ版) RD:1 評価値:0
            • 部品: 手を差し出してくれる
        • 大部品: 晋太郎の奥さん特殊能力 RD:1 評価値:0
          • 部品: 晋太郎と自己への魔法、詠唱、絶技行為補正
        • 大部品: プロモーション(晋太郎の恋人2より) RD:1 評価値:0
          • 部品: 奥さんへ
    • 大部品: PLACE(久珂あゆみ) RD:8 評価値:5
      • 大部品: 晋太郎のあゆみ(夫婦) RD:8 評価値:5
        • 大部品: 晋太郎のあゆみ(夫婦)概要 RD:1 評価値:0
          • 部品: 晋太郎のあゆみ(夫婦)のみなし職業
        • 大部品: 晋太郎のあゆみ(夫婦)の帯同効果 RD:1 評価値:0
          • 部品: 帯同効果内容:晋太郎のあゆみ(夫婦)
        • 大部品: 久珂あゆみ(新婚) RD:6 評価値:4
          • 大部品: 久珂あゆみ(新婚)概要 RD:1 評価値:0
            • 部品: 久珂あゆみ(新婚)のみなし職業
          • 大部品: 久珂あゆみ(新婚)の帯同効果 RD:1 評価値:0
            • 部品: 帯同効果内容:久珂あゆみ(新婚)
          • 大部品: 久珂あゆみ(新婚)の特殊能力 RD:1 評価値:0
            • 部品: 特殊内容:久珂あゆみ(新婚)
          • 大部品: 久珂あゆみ(PLACE) RD:3 評価値:2
            • 大部品: 久珂あゆみ(PLACE)(概要) RD:1 評価値:0
              • 部品: 久珂あゆみ(PLACE)のみなし職業
            • 大部品: 久珂あゆみ(PLACE)の帯同効果 RD:1 評価値:0
              • 部品: 効果内容:久珂あゆみ(PLACE)
            • 大部品: 久珂あゆみ(PLACE)の特殊能力 RD:1 評価値:0
              • 部品: 特殊効果内容:久珂あゆみ(PLACE)
  • 大部品: アイテム RD:42 評価値:9
    • 大部品: ドラゴン関連 RD:27 評価値:8
      • 大部品: ドラゴンプリン(アイテム) RD:11 評価値:5
        • 大部品: 手作りプリン RD:8 評価値:5
          • 大部品: プリン RD:1 評価値:0
            • 部品: プリンとは
          • 部品: プリンの材料
          • 大部品: 製法 RD:5 評価値:3
            • 部品: 1.材料を量り混ぜ合わせる
            • 部品: 2.カラメルソースを作る
            • 部品: 3.カスタード液を漉す
            • 部品: 4.加熱する
            • 部品: 5.冷やす
          • 大部品: 味わい RD:1 評価値:0
            • 部品: あまくてほんのり苦い
        • 大部品: ドラゴンプリンについて RD:3 評価値:2
          • 部品: ドラゴンプリンとは
          • 部品: 何故呼び出せるのか
          • 部品: 呼び出せないこともある
      • 大部品: 竜眼(久珂あゆみ版) RD:7 評価値:4
        • 大部品: 竜眼とは RD:3 評価値:2
          • 部品: 竜眼とは
          • 部品: ウォータードラゴンの目
          • 部品: 竜に縁のあるもの
        • 大部品: 竜眼の効果 RD:4 評価値:3
          • 部品: あらゆる光を見ることが出来る
          • 部品: 感覚が鋭くなる
          • 部品: 夜戦が可能になる
          • 部品: 幻を見破ることができる。
      • 大部品: ドラゴンにしか見えない蛍光ペン RD:4 評価値:3
        • 部品: 変哲もないペン
        • 部品: 竜か竜眼なら見える
        • 部品: 101日の間、霊的に存在し続ける
        • 部品: ドラゴンからもらったもの
      • 大部品: 竜太郎の盾 RD:5 評価値:3
        • 大部品: 概要(竜太郎の盾) RD:2 評価値:1
          • 部品: 竜太郎の盾とは
          • 部品: 材料(竜太郎の盾)
        • 大部品: 効果(竜太郎の盾) RD:3 評価値:2
          • 部品: 傘のように開く
          • 部品: 防御補正(+9シフトくらい)
          • 部品: 一回の絶技の完全防御
    • 大部品: スピードレーサー RD:9 評価値:5
      • 大部品: 概要(スピードレーサー) RD:4 評価値:3
        • 部品: 魔法の箒
        • 部品: 騎乗資格
        • 部品: 一人乗り
        • 部品: 騎乗者の行動制限
      • 大部品: 効果(スピードレーサー) RD:3 評価値:2
        • 部品: AR+5
        • 部品: 敏捷+5
        • 部品: 隠密性
      • 大部品: スピードレーサーの活躍 RD:2 評価値:1
        • 部品: 弓下氏結婚式で狙撃兵を排除
        • 部品: よけ藩国にて黒崎家救出
    • 大部品: メチャゲドンの指輪 RD:6 評価値:4
      • 大部品: 形状:指輪 RD:3 評価値:2
        • 部品: 指輪とは
        • 部品: はめる指による意味
        • 部品: 装備個所:指
      • 大部品: 素材 RD:1 評価値:0
        • 部品: メチャゲドンの指輪の素材
      • 大部品: 効果:メチャゲドンの指輪 RD:1 評価値:0
        • 部品: 究極大規模破壊魔法メチャゲドン
      • 大部品: 結婚指輪 RD:1 評価値:0
        • 部品: 結婚指輪とは
  • 大部品: 技術 RD:29 評価値:8
    • 大部品: 初級精霊回路(久珂あゆみ版) RD:8 評価値:5
      • 部品: 知らないものは書けない
      • 部品: 真似対策
      • 大部品: 初級精霊回路の効果 RD:5 評価値:3
        • 部品: サポート付与
        • 部品: 行為指定
        • 部品: 準備時間
        • 部品: 有効期間
        • 部品: 準備可能数
      • 大部品: T20のサポート指定 RD:1 評価値:0
        • 部品: T20指定内容
    • 大部品: 急速機動(技術) RD:2 評価値:1
      • 部品: 急速機動とは
      • 部品: 急速機動の効果
    • 大部品: 傘で落下(技術) RD:3 評価値:2
      • 部品: 習得するには
      • 部品: 登場効果(傘で落下)
      • 部品: 着地するまでは無敵として扱う
    • 大部品: 急げ馬よ RD:16 評価値:6
      • 部品: 急げ馬よのあらまし
      • 部品: 急げ馬よの取得条件
      • 部品: 急げ馬よの陸路移動効果
      • 大部品: 馬術 RD:8 評価値:5
        • 部品: 馬と心を通わせる
        • 部品: 乗り降り練習
        • 部品: 騎乗姿勢
        • 部品: 歩法の習得
        • 部品: 常歩
        • 部品: 速歩
        • 部品: 駈歩
        • 部品: 襲歩
      • 大部品: 長距離移動訓練 RD:5 評価値:3
        • 部品: 長距離移動計画
        • 部品: 地図を読む
        • 部品: 越境の準備
        • 部品: 休憩・補給
        • 部品: 馬と野営


部品: 舞踏体とは
ウォードレスを着用し、舞うように戦う者として作られた職業。ウォードレスを扱うために身体の一部がサイボーグと化している。一説によれば「古来より受け継がれる、砂漠の民の剣舞が元になっている」とも。

部品: 着用資格(ウォードレス)
舞踏体はウォードレスを着用し運用することができる。その身体を訓練によって繊細に制御することで舞踏体は従来のウォードレスダンサーを超えた高度なウォードレスの制御を可能としている。

部品: 降下補正
舞踏体はどんな高さからでも安全に着地することが可能である。これは単純な機械としての性能ではなく、身体の繊細な操作との組み合わせによってはじめて成しえる妙技である。

部品: 用途における運用制限
舞踏体はその用途に応じて性能および連続運用期間とインターバルは細かく制限される。
特に特殊用途で使われる生身の身体から著しく離れた形態を持つ舞踏体の性能及び運用期間に厳しい制限が設けられている。

部品: コピー制限
脳の完全エミュレート問題の対策として舞踏体への自我の移植は国の管理の元で行われ、自己と自我を保つために舞踏体への自我の移植回数および期間は定期検診の結果を元に制限される。また、遺体からの移植、同時に複数の舞踏体への移植、舞踏体から舞踏体への移植の3点は特に厳しく制限がされ禁止となっている。

部品: 脳の完全エミュレートの危険性とは
脳の完全エミュレートはFEGの技術を用いれば確かに可能である。しかしこれはある危険性を含んでいる。
死を逃れるため体を乗り換え自己のない存在となるということは不死者…つまりアンデッドと世界からみなされることがある。

部品: 黒い塊事件
実際に問題となったのが黒い塊事件である。夢の剣事件の折、延命のため蜘蛛型舞踏体ボディに大量の国民が意識を移すということがあった。
その後、世界各地で謎の黒い塊が出現。この黒い塊は人間に近づく習性があり、意識を向けた人間を悪意で飲み込んだり女性の体になんらかの影響を及ぼすと考えられた。

部品: 黒い塊事件解決
黒い塊の正体は夢の剣事件で亡くなった人の魂。、死者が多すぎたことによるひずみ、浄化されぬ想いが世界にとどまり続けたもの。
それらは助けを求め人に近づいていたのだった。
逃げず対峙し、鎮魂を祈ることでその魂たちは環へかえることができた。また生まれてくるために。

部品: 蜘蛛型舞踏体とカマキリの大量死亡
黒い塊が浄化されるとともに、蜘蛛型舞踏体やカマキリの多くが動かなくなった。
蜘蛛型舞踏体は脳の完全エミュレートを行っており、またその状態でネットワークに接続していたため、
意識の集合体となり自己を保てなかった(魂を持たなくなってしまった)固体がいたのである。

部品: 自己(魂)を保つということ
魂とは何か。それは自分を自分と認識し他人との境界を定めるものであると考える。
脳の完全エミュレート、そしてそこからの意識のネットワーク直結はそれらを簡単に壊してしまう危険性がある。



部品: 何故不死となることが危険なのか
もし、脳の完全エミュレートと意識のネットワーク直結が当たり前になってしまったら、また黒い塊事件と同じことが起こるだろう。
自己という存在を失いつつも肉体は稼動している…故に転生することもできず世界にとどまり続けゆがみを起す。
魂が正常に巡らないということは世界の終わりを呼び寄せると星見の見解が出ている。

部品: 意識のネットワーク直結の禁止
人型、蜘蛛型両種族ともに意識のネットワーク直結の禁止。データのやりとりをする場合は自我部分についてプロテクトをかけ、他者と意識を共有させないこと。
また自我を認識できなくなるような頻繁なボディの乗り換えも禁止とする。

部品: 誕生と意味の変化
FEGにおける舞踏体とは当初生身の体を活かすために取得された特殊な訓練をつんだウォードレスダンサーを指した職業だった。
その後、利便性の観点から高層ビルに特化したサイボーグの出現に伴い、FEGの環境に適応したサイボーグを指す言葉へと変化していき今日に至っている。

部品: 種族としての舞踏体
舞踏体とは
生身の人間が西国人の遺伝子損傷治療によるサイボーグ化の延長や、環境適応のために身体改造してなるものである。
舞踏体を舞踏体として生産することはできない。

部品: 年齢制限
成年するまでは舞踏体になれない。
これは幼年期の人格形成に舞踏体化手術が大きく影響すると考えられているからである。


部品: 補助
舞踏体化の年齢制限にともない、
成年以下の遺伝子損傷については体の一部のサイボーグ化や
リワマヒ国・akiharu国の協力の下、遺伝子治療にて対応する。
これには政府から補助金を出す。
遺伝子治療に関してはあくまで「人の形質を守る」ために行われる。

部品: 希望者
希望者については成年して、審査の後舞踏体になる。
このとき子孫を残すための遺伝子情報は保存しておく。
年齢制限はこのためでもある。

部品: 子供
結婚し、子供が欲しい場合
保存していた遺伝子情報にて人工授精を行い子供を授かることができる。
妻が生身であれば自身の子宮で育てることもできる。
同性カップルについても申請することが可能である。


部品: 制限
舞踏体の職業能力としてWDの着用があるが
WDは軍属のみ配備されるのでそれ以外の舞踏体が着用することはなく、またその能力も軍属時に得るものである。
舞踏体種族自体に職業制限はない。

部品: 寿命
舞踏体の寿命については一般人とほぼ変わらない。
個人差はあるが70~80くらいで機能停止する。まれに100歳までいく者もいるがごく少数である。

部品: 健康診断
舞踏体は定期的に整備士に整備を受けなければならない。同時にカウンセリングも行われる。
これは精神面のケアもあるが、生身ボディと違って老化や劣化が目に付きづらいためでもある。


部品: 戦闘訓練
平時からの仮想敵との戦闘訓練により、想定可能な敵の構成・戦術への対応方法を学習している。
全てを網羅している訳では無いが、体系だてて学ぶことで、その延長として柔軟に対応することを目指す。

部品: ブリーフィング
作戦行動前に隊全体で行われる綿密な打ち合わせ。
戦況の確認であったり、作戦行動に求められる目標であったり内容は多岐にわたるが、
パイロットにとっては、全体の中で自分のすべきことを把握する重要な情報交換の場となる。

部品: パイロット準備過程の修了
パイロットとはエリートであり、訓練課程により、工学、航法、通信、法規など各種の知識を身に付け
戦場での活動はそれらに裏付けられていることが求められる。
また、実際の操縦技能は、初歩の操縦を訓練機により習熟した後、実機にて戦闘機動など実践に即した訓練が行われる。

部品: 操縦経験
一般的にパイロットの技量とは、機体を操縦した時間に依存する。
特定の機体・機種に関し継続して訓練を行った時間の累積により一人前のパイロットと扱われ
訓練部隊に組み込まれてより5年間、第一線部隊で最低1年間従事することで1人前となる。

部品: 能力の適正検査
基本的な作業能力に加え、機体操縦時のマルチタスク能力、会話への適切な対応といった検査に加え
パイロット向けの検査、身体測定、血液検査、脳波測定、斜位測定、心電図、深視力、視野、精神内科の問診などが行われる
精神の形質について調査され、残虐性といった社会倫理に欠けると判断されたものは不適格とされる。
前科などの経歴も調査され、問題があるようであれば、これもまた不適格と判断される。
これら個人の資質を内外から徹底的に検査した後に、ベテランパイロットとの面接、実際のフライトでの最終的な適正が問われる。
これらの項目のためパイロット登用試験は狭き門となる。

部品: マニュアル把握
パイロットに多彩なマニュアルは付き物である。
随時更新されるマニュアルを把握し緊急時対応を行える事は
パイロットの基本教養であり命を救う綱であるとともに
最大の武器の一つである。

部品: 編隊行動
戦闘時に僚機と自機の位置を維持する技術。
集団で行動するための基本スキルであり、練度を見るための目安ともなる。
中距離での戦闘では統制射撃との組み合わせで威力を発揮する。

部品: 自機管理
機体の消耗状況の把握に長ける能力。
戦闘中に機体の不調が発生することは即座に死を意味するため
自機の僅かな変調から起こりうる異常を予想する。

部品: 状況判断
冷静な状況判断により、局所的な有利不利を察知する能力。
目まぐるしく変化する状況をつぶさに捉え、次の行動を決定するための
観察・整理を行うことで可能な限り自軍に有利な行動を選択する。

部品: 待機任務
パイロットの任務の1つ、領空(領土、領宙)侵犯に対してスクランブル発進し、これを迎撃する。
違法に自国へ侵入を試みる軍隊・賊への牽制や哨戒、迎撃へ即時対応するための準備。
一方で、救難を求める対象への対応も含める。
シフト制により24時間対応可能。

部品: 健康管理
パイロットは機体の1部品としての側面が強く、健康診断で問題がある場合即座に不適格として後方勤務となる。
そのため、常日頃より自身の健康管理に対する要求ハードルが高く設定される。

部品: 部隊行動基準
軍隊の一員として、交戦に関する規律を明文化したもの。国際法規における交戦倫理にあたる条項を参考に
一般市民への攻撃禁止等の基本的な倫理を定めた内容。
敵国へ露見すると手の内を晒すこととなるため、自国の軍隊を管理する省庁と下部組織内においてのみ閲覧可能。

部品: パイロット(共有版)の流用実績
このアイドレスは無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。
現在のところ流用実績はありません。

部品: エンブレム
名パイロットは機体に自身を示すエンブレムや撃墜マークなどを示すことがある。
これは彼らの功績を示す格好のステータスであり、彼らの誇りでもある。

部品: 指揮能力
名パイロットとは引いては優秀な指揮官としての側面を持ち合わせていることが多い。
これは僚機の持つポテンシャルを引き出し、隊全体の実力を多いに底上げする。
名パイロットが居る隊では練度が向上しやすく、新たな名パイロットを生み出す要因となる。

部品: 教官経験者
名パイロットは、その技能および前線での戦術的経験を重宝されるがため
教官として後方における兵の訓練にあたる任務が与えられる。
これらの教官が前線に戻るとき、元生徒である兵士、あるいは士官との間では
ある種の信頼関係により発言力が増すことがある。

部品: 隊の写真
名パイロットとは多数の戦場を生き抜いてきた者ともいえる。
戦場における僚機の脱落は常に起こり、知り合いが故人となることも少なくない。
写真には色々な思い出が詰まっている。

部品: 勲章
名パイロットと認められる客観的な証明の一つ。
多くは隊内外からは成した功績などで認められるが
身内以外では物品による証明が何故か求められる。

部品: 自己鍛錬
名パイロットとは、裏で地道な努力を続けている者が多い。
彼らにとって日々の鍛錬とは日常であり、気にすることはないが
その意識しない行動によって、戦場での結果は出ている。

部品: 記念の航空用腕時計
記念の航空用腕時計:
無名騎士藩国ではパイロットがある程度の功績を上げ
名パイロットとして呼ばれるようになると、航空用腕時計を渡す習慣がある。
これは、航空機時代に使われていた腕時計であり
宇宙のパイロットにとっては使いにくいと思われるかもしれないが、
距離での計算の参考になるケースもあるし、
何よりパイロットとしての初心、元々空を飛んでいた頃を忘れるなという戒めにもなっている。

部品: 優れた空間把握能力
名パイロットと呼ばれる彼らは、昨今は宇宙空間での戦闘を多く行っている。
元々は地上の空中戦でその技量を高めてきた彼らは、
宇宙空間でもその優れた空間把握能力を活かし、
スペースデブリや敵機との彼我距離を正確に把握し宙間戦闘を行っている。

部品: 経験による行動の裏付け
パイロットの中には自身の経験知から行動に一定の傾向を設け
その定型パターンに乗ることで時間的な優位を得て勝利するものも居る
前線での経験が豊富な叩き上げのベテランパイロットにこそ可能といえる。

部品: イエロージャンパー
腕のいいパイロットがよく着ている黄色いジャンパー。
誰が着始めたのか全く不明で、正式装備でもないが
いつの間にか上官から能力を認められたパイロットに与えられるようになった。
今ではこれを着用していることがパイロットの腕の良さの証明にまでなっている。
余談だが、その独特のセンスから喜んで着ている人はいないとか。

部品: 戦闘時の緊急対応
戦闘時の緊急対応:
戦闘中は多くの想定外の事象が発生する。逐次発生するトラブルに対し、
その場その場で優先度を設定し、最適な対応を部下のパイロットに指示し、
対応を行い続けていくスキルが名パイロットには要求される。 

部品: 各種環境への対応
各種環境への対応:
名パイロットと呼ばれるパイロットは、陸海空宇宙すべての空間における経験を持つ。
それぞれの経験で得たスキルを統合し、別の空間での戦闘にも活かしている

部品: 高G適正
高G適正者が戦闘機動を取ることによる疲労が少なくなる
蓄積する疲労、状況判断の障害を減らすことにより優位に立つことが可能

部品: 名パイロット(共有版)の流用実績
このアイドレスは無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。
現在のところ流用実績はありません。

部品: WSOとは
WSOとはWeapon System Officer(兵器管制士官)の略で、コ・パイロットに属し、火器管制やレーダー制御を担当する士官のこと。
航法や武器管制のエキスパートであるWSOがパイロットのサポートに付くことで従来よりも効果的なマシンの操縦と戦略的な戦闘行動を取ることが可能になる。

部品: コ・パイロット資格
WSOはすべての乗り物にコ・パイロットとして搭乗できる資格がある。パイロットのサポートという仕事に特化した結果だろう。

部品: コ・パイロット補正
WSOがコ・パイロットとしての適性が高いため、コ・パイロット行為を行う際の補正も高い。特に根源力限定もないため、I=Dに限らず多くの場面でクルーとして活躍することができる。

部品: WSOの仕事
飛行ルート管理・レーダー操作・対地、対艦兵器等の操作・目標指示・使用優先兵器を指示する等のが主な役割となるが、緊急時には操縦を代行することもある。

部品: 筆記試験
WSOとしてエントリーする者は、例外なくハイレベルな筆記試験を通過しなければならない。これは基本的な問題解決能力、複数の問題に同時に対処するマルチタスク能力等を測ることが主な目的となる。通過率は決して低くないが、そもそも上官に適性を認められ、推薦を受けなければ試験を受けることすらできない。

部品: 初年度
WSO養成課程の初年度では、基礎を叩き直される。過酷な体力錬成やとんでもないレベルの知識習得を丸一年やり直すことになるのだ。WSOには、時にメインパイロット以上の能力が要求される。ここで要求を満たせない者は、容赦なく原隊復帰が通告される。

部品: 次年度
過酷な基礎訓練を踏破した者は、本格的にWSOとしての能力を磨いていくことになる。ここでの特徴は『バディ制』である。1年間の間、特定のパイロットとバディを組み、訓練や実戦を経験する。ここでは『故意に相性の悪い二人を選抜している』という噂がまことしやかにささやかれるが、真偽のほどを知る者はいない。

部品: 最終年度
ここまで到達した候補生は、もはや能力面では一端のWSOと遜色ない。そこで最終年度においては、1年間絆を育んだバディと離れ、それまでと真逆に年間を通して多種多様なパイロットのサポートを経験していくことになる。あらゆるパイロットの120パーセントを引き出すことができて初めて、本物のWSOの称号を得ることができるのだ。

部品: パイロット課程の必要性
WSOは緊急時にパイロットに代わって操縦を担当することがある。
その関係でパイロット経験は必須となっている。

部品: ねこみみ課程
ネコミミ部の手によりねじ込まれた課程。これでもちゃんと必要単位に含まれている。
表向きは今までコ・パイロットをしていた猫妖精の技術について見習うべきところを学ぶというものだが、よ~く読むとネコミミがどれだけ素晴らしいかを説いたものだったりする。
FEGのWSOが猫耳付ヘッドセットを愛用しているのはこのためであると言われている。
なお、課程の正式名称は別にあるのだが、もはや誰も覚えていない。

部品: AD枠
AD枠とは、本来のイグドラシルとは違う方向性を持ったアイドレスを取得することができる新規アイドレス枠である。

部品: 猫妖精からの派生
FEGでのWSOは猫妖精のアイドレスにADを使用し、再抽選された
上位猫妖精(職業),猫又(職業),立派な脇役(職業),WSO(職業) の4種の中から選ばれた。

部品: パイロットとしての経験
実はFEGのWSOはパイロットを経験し名パイロットと言われたものの中から選抜されている。
(アイドレス的いいうと 職業の組み込みの関係である)
サポート特化なのにどうして?と思われるかもしれないが
パイロットとしての経験があるからこそ、何をサポートしたらいいのかが分かるのだ。

部品: 勇敢な大剣士のあらまし
勇敢な大剣士に贈られる称号。
剣術を会得し、多大な戦果を収めた者がこの栄誉を授かる。
勇敢な剣士正義の剣士、死ぬことも恐れぬ勇敢な剣士。

部品: 勇敢な大剣士の取得条件
大剣士の習得。熾烈を極める戦場に赴き、絶望を目の前にしてもなお戦い生き残ること。
常に勇敢であれ、ただし蛮勇であることなかれ。

部品: 勇敢
勇気があり、困難にひるまず成し遂げる様。真の勇気とは打算なきもの。
相手の強さによって出したりひっこめたりするのは本当の勇気じゃないのだ。

部品: 勇気
勇気とは恐怖に打ち克つこと、絶望を乗り越え、恥やプライドをかなぐり捨てて、自分の正しいと思ったことを行えること。
勇気とは怖さを知ること。怖さを知り、なお先に進もうとする心意気。それこそが勇気なのだ。

部品: 勇猛
勇猛とはちょっとしゃそっとでは怯まず、後退しない様。
相手の突撃すら目受け止め、猛々しく押し返す。それが勇猛。

部品: 根性
ガッツ。心が折れくじけそうなとき、本当にあきらめてしまいそうなとき、勇気を振り絞り困難に立ち向かう気力のこと。


部品: 義勇心
自ら進み出て、国や社会、民草のために身を犠牲にしてでも貢献しようとする心。
命を擲ってでも誰かを助けたいという気概。

部品: 一番槍
戦場で真っ先に敵に攻撃を行う者のこと。
勇気ある者の誉れであり、誰よりも先に攻撃するという機先を制する能力でもある。


部品: 勇敢なる突撃
あらゆる恐怖を打ち払い、突進して攻撃を行う。
勇ましきその突撃は、その背中を見る仲間達に勇気を与えるという。

部品: 勇敢なる一撃
死の恐怖を乗り越え、渾身の力を込めて後先を考えずに放つ捨て身の一撃。
誰かを護りたいと願う強い思いが、その背中を押す。

部品: かばう
危機に陥っている仲間を、身を擲って全力で守る行動。
勇気を持って、果敢に攻撃の只中に飛び込む。即座の決断力が成否を分ける。

部品: 勇ましき防御術
勇敢に敵に進み続けることで、結果的に敵の攻撃できる間合いが短かくなり、攻撃の威力が弱まる。
それが勇猛果敢な者にのみ許された勇ましき防御術である。

部品: 根源力死無効
あふれ出す勇気が、その勇気で信じる愛が、根性が、根源力による死を無効に出来る。
絶望をに立ち向かう力をくれる。


部品: 鼓舞
自分や、自分以外の誰かを勇気づける行動。今何をするべきか、何と戦うべきかを意義を強めて改めて強調し、士気を奮い立たせること。

部品: 勇敢なる雄叫び
勇敢な大剣士の勇敢なる叫び声。周囲の味方を鼓舞し、敵は怯む。
勇者とは勇気ある者。そして、皆に勇気を与える者でもある。

部品: 戦士の腕力
武器や道具などの重いものを持ち上げ、扱うことのできる筋力を有する。戦う人間は一般的により重い物を持ち、より強い力で道具を扱う事ができる。

部品: 敏捷性
走る、避ける、跳ぶ等の動作を機敏に行うことができる身体の能力。戦場での移動や、防御、攻撃に於いて素早い動作が可能となる。

部品: スタミナ
日々の走り込み等のトレーニングによって培われた体力。運動や戦闘を長時間行うことが可能になり、疲れによるパフォーマンスの低下が起こりにくくなる。

部品: なぎ払い
剣を片側から逆の方向に振り払うことによって周囲の広範囲を攻撃する技術。腕力と共に鍛えられた足腰がなければバランスを崩してしまう。

部品: 素早い剣戟
日々の訓練によって剣を振る速度が上昇している。無駄のない動作から繰り出される素早い剣戟は、容易には防御されない。

部品: 強撃
力をためて強力な一撃を与える。素早く相手の攻撃に対応したり移動することは難しいが、装甲が厚かったり耐久力が多いタフな相手や、動きの遅い相手には有効な攻撃である。

部品: 受け流し
敵からの攻撃による衝撃を別ベクトルに向けさせることにより威力を軽減する技術。盾や武器のほか、体捌きによっても可能とされる。

部品: バックステップ
瞬時に敵との距離を取り、危険な間合いから脱出する技術。常に重心を意識することにより、咄嗟の判断で使用することができる。

部品: 間合いの把握
自分と相手の攻撃可能な距離を把握する技術。間合いを把握することで自分の攻撃が命中し易くなり、防御時にも不必要な移動や回避行動を取らないで済むようになる。

部品: 6年間の白兵戦闘訓練の継続
剣を使った接近戦での戦闘技術を磨きます。対象を斬る、突く攻撃の技術と相手の攻撃を剣で受ける、受け流す技術や距離感、立ち位置の訓練。怪我や病気、特別な訓練や行事の日を除いてほぼ毎日行われます。

部品: 剣士訓練所での厳しい規律
部屋の掃除や消灯の時間、訓練に臨む心構え等ルールの厳守を求められる。成績の優劣、教官と訓練生、入所年度を問わず、規律違反や素行不良のものは放校含め相応の罰則が与えられる。

部品: 矢落とし1000本ノックの試練
放たれた矢を剣で弾く防御の訓練。先が丸くなっているとはいえ直撃すると痛い。この訓練は1000回成功するまで毎日繰り返し行われる。

部品: 戦術、武器、戦略講義(3年分)
戦場での単騎戦、集団戦の違いや剣士の運用と得手不得手を学ぶ。戦闘可能距離による相手との相性や不利な場合でいかに生き残るかの対策についての講義(実戦形式を含む)を受ける。1年毎に初級、中級、上級コースが約週2回のペースで開催される。

部品: 毎年の遠足(サバイバル訓練)
毎年遠足と称して山の中を行軍する行事が開催される。少ない糧食と粗末な装備で如何に生き延びつつ目的地に向かうか。基礎体力とサバイバル技術が試される。まれに猛獣に出くわすので命がけである。

部品: 日々の筋力トレーニング
剣の種類は軽い突剣から重量のある両手剣まで様々。自在に扱うための筋肉を作るために素振りや重量挙げで鍛え上げます。怪我や病気、特別な訓練や行事の日を除いてほぼ毎日行われます。

部品: 地獄の走力強化訓練
この訓練期間中、剣士たちはまず高山へ連れて行かれる。高山病手前の空気の薄い高山でいつもの訓練を行うことで持久力を付ける。訓練所に戻ると今度は自重と同じ程度の重りをつけての訓練が待っている。脱落者多いが乗り越えて開放された剣士は自分の体が羽根のように軽くなっていると感じる。

部品: 雪中での水行
精神力を涵養するために雪の中水にうたれる修行。身を切るほどに冷たく苦しいが、乗り越えれば苦難に負けない強い精神力が身に付くとされる。

部品: 剣士養成所卒業試験
6年間の厳しい修行に耐えたものだけが受けられる試験。教官を相手に馬上試合、徒手戦闘、サバイバル訓練、一対一の立会、そして最後に面接を行い、一定の水準に達したと認められたものだけが合格できる。

部品: 指弾
コインや小石を指で強く弾いて飛ばし、対象にぶつけて攻撃する技術。殺傷能力は控えめだが、予備動作がほぼないため不意打ちに適しており、徒手でも有効な武器になり得る。相手の足止めや間合いの調整でも活用できる。

部品: 組討の技術
至近距離での白兵戦において、武器を使わずに素手を主体にして相手を倒す技術。乱戦や閉所での戦闘を考慮し、短刀で相手の首を討ち取ることを目的とする。

部品: 鎧通し
痛烈な一撃を与えることで相手の内部にダメージを与える技術。装甲の厚い相手であっても内部に衝撃を与えてダメージを与えることができる。

部品: 兜割り
渾身の力で剣を真上から振り下ろして相手を兜ごと叩き切る大技。隙は大きいものの命中すれば相手は無事ではすまない。

部品: 急所狙い
相手の露出した器官や鎧の継ぎ目、装甲の薄い部分を狙って攻撃する技術。常に狙うことは難しいが、相手の隙を見て繰り出すことで普段よりも多大な損傷を与えることができる。

部品: 燕返し
剣戟を一瞬で方向転換して即座に二撃目を与える剣技。剣の軌道を読ませないことで相手の防御を掻い潜って一撃を与えることができる。

部品: 流れるような連撃
絶え間なく剣戟を繰り出すことによって相手に付け入る隙を与えない攻撃。体力を消耗するが、上手く行けば相手を押し込んで不利な体勢や地形に追い込むことができる。

部品: 縮地法
短い距離を一瞬で詰めるための技術。瞬発力の強化だけでなく、予備動作をなくしたり、相手の視線を読むなどの技術の積み重ねでなし得た技。

部品: 切り払い
相手の攻撃に自身の剣戟を直撃させることで威力を相殺、あるいは減衰させる技術。白兵攻撃の他に矢や投擲に対しても有効である。

部品: 切り落とし(カウンター)
相手の剣戟が振り下ろされる最中にさらなる剣速と力で上から剣戟をかぶせることで、相手の剣の軌道をずらす剣技。相手は二人分の力が加わることで武器を取り落としてしまう。

部品: 烈火の構え
攻撃することに特化した大剣士の構え。防御を捨てて、強撃や連撃等の攻撃的な剣技を惜しみなく繰り出して相手の息の根を止める。

部品: 流水の構え
相手の攻撃を凌ぐことに特化した構え。攻撃を捨て、回避、防御、受け流し等のあらゆる防御技術を総動員して自身の身を守る。

部品: 剣士との仕合の日々
毎日のように名のある剣士を相手にして一対一の、時には多対一での仕合を行った。相手の使う未知の技術や戦闘スタイルに遭遇することで自身の剣技の幅が拡がっていくと同時に幾度も生命の危機に陥った。

部品: 100を超える戦場を渡り歩く
幾つもの戦場で戦いを重ね、そのたびに生き残り武功を立ててきた。その数は100を下らない。生と死の狭間をくぐり抜けることで、死線を超える感覚を体に叩き込んでいる。

部品: 大剣士との出会い
偶然にも大剣士と出くわして戦いを挑むも完膚なきまでに叩きのめされてしまう。持てる全ての力を出したものの、剣技だけでは通用しないことを悟り、さらなる修行が必要だと確信する。

部品: 人里離れた山へ修行に行く
大剣士に敗北したことで剣士としての限界を感じたことから人里離れた山奥に起居し、己の殻を破ろうと決意する。訓練所での訓練や、戦場での戦いと違い、対人に限らぬ純粋な剣の道を毎日探求し続けた。

部品: 感謝の素振り1万回
自分をここまでの剣士にしてくれた剣の道に対して感謝しつつ、さらなる高みを目指すために毎日毎日素振り1万回を繰り返します。最初は一日がかりだった素振りも、いつしか半日で終わりやがて3時間で終わり、とうとう1時間で終わらせることができるようになった。

部品: 修行の中の危難
修行中に幾つもの危難を乗り越えている。大雨が降り増水した川に飲み込まれてしまったこと。夜の闇で獣の群れに囲まれたこと。山賊に襲われこれを撃退したことなど、山にこもらなければ遭遇しないことばかりであった。

部品: 野生の獣との闘い
山の奥へと進むとそこには今までに合ったことのない猛獣が潜んでいた。対人剣技が通じない獣と戦うことで新たな剣技を生み出していく。

部品: 剣に拘り過ぎていた
山奥の獣との死闘では剣が有利になる場面、不利になる場面が明確になっていた。爪や牙を受けるには必要だが躱し続けるには重さが不要だし、取り回しも棍棒のほうが良いと気づく。剣はあらゆる場面で万能ではないのだ。

部品: 大剣士との再戦
山ごもりを終え、あの時負けた大剣士と再戦する。修行の成果で当時とは比べ物にならないほど強くなっていたが相手もさるもの、打ち合いは延々と続き決着がつかない。日が頂点に昇り、やがて日が落ちて相手が見えなくなるとようやく二人は剣を降ろし、お互いの健闘を称え合った。ここに新たな大剣士が誕生したのであった。

部品: 1000人に1人の逸材
大剣士になれるものは剣士の中でも1000人に1人いるかいないかと言われている。持って生まれた才能と継続する努力。そして戦場、あるいは人との出会いという運にも恵まれなければならない。

部品: 大剣士としての資質
優れた人格と確かな名誉、そして卓越した剣技と武力を合わせ持つものが大剣士と呼ばれる。大剣士は剣の道に生きるものの一つの到達点である。

部品: 狂戦士との違いを自覚する
狂戦士と大剣士の最大の違いは剣を収めることができるかどうかである。剣を極めて剣を振るいすぎるものは後を絶たないが、剣を極めた後に思慮深くあろうとするものは少ない。

部品: 剣に溺れることなかれ
大剣士の妙技は奥深く、その剣技は一つの大海の如く広い。だが大海を野放図に往けば必ず自身が溺れて死ぬものである。大剣士との敗北を経て、剣を忘れる程の深山に起居しなかれば今の自分はなかっただろうと思うのであった。

部品: FEG軍属の舞踏体であること
緊急投擲展開軍は、おじいの投擲により各地へ飛び現地での活動を行う。
よって舞踏体の降下自動成功能力が必須となっている。
またFEG国軍の軍属であることが条件に含まれる。


部品: WDダンサーの中でも特に優秀な者であること
緊急投擲展開軍は場合によっては国境を超え各地での作戦展開を行う。
そのためWDダンサーの中でもエリートとして位置づけられ
一部の適正のあるものしか配属されることはない。
任命は上官、および政府より行われ、その後訓練に入る。
実際に着用できるのは全体の数%にも満たないだろう。



部品: 特殊訓練課程を修了していること
射出便利舎での「投擲される」訓練はもちろんのこと
特殊作戦技能訓練を受け習得していることが必須である。
任命は上官、および政府より行われ
任命を受け、訓練に入る。

部品: 誓約
略奪を行わない。無法行為を行わない。
緊急展開軍は共に和する自由の旗の下その栄光を守る盾である。
この誓約を守れる者。

部品: 白兵戦闘、歩兵射撃戦
緊急投擲展開軍は歩兵白兵戦闘および歩兵射撃戦 が出来る。
これらは投擲展開時の状況を想定して訓練されたものである。
攻撃、防御のほか移動訓練も行う。

部品: 援軍能力
緊急投擲展開軍は援軍能力を持ち、政府の許可があればどの戦いにも参加できる。
なお、この能力は射出便利舎が機能している場合発揮される。

部品: チーム単位での活動
チーム単位で連携して作戦にあたることを前提としている。
連絡を取り合い死角を減らす。またお互いの活動を支援することができる。

部品: 応急手当能力
特殊作戦において、救出対象、および仲間が負傷することがあるかもしれない。
専門家のもとへ移送するまでの間応急的な治療をできるよう訓練されている。

部品: 武装障害走訓練の経験
武装したまま障害のあるフィールドを駆け、乗り越える訓練を経験している。
足場が悪く障害のある場所で装備を背負ったまま活動することへの対応を学ぶ。

部品: 懸垂下降訓練済み
懸垂下降とはロープにセットされた下降器を用い、ロープと懸垂下降器の摩擦を緩めながら後ろ歩きの要領で下降する技術。
岩壁や、ヘリコプターからの降下などでも使用される。使用を想定してロープと懸垂下降器を装備している。

部品: 図上訓練
地図を見ながら「こうなった場合どう動くか」という想定訓練。
突入作戦想定で建物の見取り図を見ての訓練、揚陸作戦での上陸地点の検討などさまざまな想定で行う。

部品: 強行突入作戦の実行能力
強行突入作戦とは、家屋などに立てこもっている対象を確保することを目的として、扉や壁を破壊して屋内へ突入する類の作戦を指す。
このとき、屋内という死角や物陰が多く待ち伏せやトラップなどの警戒が必要となる空間での作戦実行を行うための能力と連携がある。

部品: 非殺での制圧能力
特殊作戦においては、相手を無力化し、殺さずに確保することを要求されることがある。これは低殺傷で制圧するための装備(スタングレネードや催涙ガスなど)を持つことも理由のひとつであるが、これには何よりも高い技能を要求される。非殺で制圧できるということは、別の視点から見れば相手の生殺与奪権を確保できるということでもある。

部品: 民事作戦観点からの民間人保護
作戦の内容によっては戦地ではなく民間領域での作戦行動を行わなければならないことがある。
このとき、作戦に巻き込まれた民間人の保護を行う事も部隊の責務のひとつとなる。民事作戦においては、作戦中および作戦後の民間との関係を良好に保つことも重要な条件の一つであるためだ。

部品: FEGにとってウォードレスダンサーとは
FEGにとってウォードレスダンサーとは
FEG軍に所属する舞踏体のうち、ウォードレスの着用操作を学んだ者のことである。

部品: WDダンサーとは
歩兵のうち、特にウォードレスをまとって戦う兵士のことを指す。ウォードレス自体が高価なため、ダンサーは歩兵の中でもエリートとされる。

部品: WDダンサーの必要性
一部の例外を除き、ウォードレスを着用するためには、アイドレスにウォードレスダンサーを組み込まねばならない。

部品: 強化歩兵
ウォードレスダンサーは分類上歩兵である。機体に搭乗するのではなく、ウォードレスのアシストを受けて各種能力を強化され、ドレス姿で戦場を走り回る歩兵なのだ。

部品: 現代によみがえる騎士
ウォードレスは歩兵の能力を底上げするパワードスーツであり、鎧でもある。鎧をまとって戦う歩兵、ウォードレスダンサーとはつまり、現代に蘇った騎士である。

部品: 『ダンサー』の由来
ウォードレスという名前のとおり、それは踊る際に着る舞踏服、ドレスである。ウォードレス歩兵はいつしか、歩兵ではなくダンサーと呼ばれるようになった。

部品: WD着用可能
ウォードレスの着用資格、及び着用規格を満たしている。これに類する部品が組み込まれていない限り、大部分のウォードレスは着用不可能である。

部品: WDコネクタ
ウォードレスは体の上にかぶせればいいというものではないため、着用者にはコネクタが増設されている。これにより駆動部に意思を伝え、効率的な稼働が可能となる。

部品: 肉体訓練
歩兵は走るのが仕事。どんなに優秀なパワーアシストがあるとしても、それを着る者の身体能力が低くては活用できない。通常歩兵と同じかそれ以上の鍛錬が要求される。

部品: 着用訓練
ウォードレスは着るのにも訓練がいる。きちんと着用するためには手間と時間がかかり、かつ正確に手順をこなさないとならないのだ。基本的にこの訓練は毎日行うものとする。

部品: 座学
ウォードレスを着て戦闘を行う場合、運用や戦闘方法についての知識が不可欠である。もちろん経験するのが手っ取り早いが、それ以前にきちんと座学を履修し、基礎的な知識を習得する必要がある。

部品: 習熟訓練
とにかくウォードレスを着て経験を積む以上に有効な訓練などない。ウォードレスを着た際の身体運用や連携等について、実戦形式で習熟訓練を繰り返す。

部品: 整備訓練
自分のウォードレスは自分で責任をもって整備する。無論大きな損傷等については整備士に任せるが、基本的なメンテナンスやちょっとした故障なら戦場でも修理できなければ命にかかわる。整備訓練についても時間をしっかりとって行われる。

部品: 軍事活動訓練
軍事活動にともなう一連について訓練を行う。基本的な動作や方針が統一されていなければ、部隊としての運営が困難となるためである。

部品: 白兵戦闘訓練
超近距離、白兵武器を使用しての戦闘訓練を行う。ウォードレスを着ての格闘戦となれば、通常歩兵程度なら一蹴可能。しかしニューワールドには規格外の身体能力を備えた生き物やACE等がいるため、訓練はみっちり行う。

部品: 銃火器使用訓練
近距離以上の距離で戦闘する際の銃火器を使用した訓練を行う。パワーアシストがある以上、かなりの反動を抑え込んで射撃が可能、つまり重火力が運用可能である。そうなると通常の兵器とは取り回しも変わってくるため、独自の訓練が必要となる。

部品: レスキュー訓練
レスキュー活動を行うための訓練を行う。通常では活動不可能な極地や踏破不可能な地形等で持ち回りで行われる。

部品: 土木作業訓練
塹壕掘り、建築活動等の土木作業訓練を行う。なお、訓練とはいえ活用しない手はないので実際の施工現場に投入される。

部品: WD免許
ウォードレスを着用する技能があることを認める免許証。顔写真とICチップ入りであり、偽造は不可能。ウォードレスを着用して活動する際には常に携帯する義務を負う。

部品: 資格取得試験
ウォードレス免許を取得するにあたり行われる試験。筆記試験と実技試験に分かれ、どちらもかなりの好成績を出さなければ免許は出ない。

部品: コネクタ増設
免許取得後、国が指定する医療機関等にてコネクタの増設手術が行われる。一般の施設では一部のブラックボックスの処置等が不可能になっており、ヤミダンサーが生じないようになっている。

部品: 資格更新
ウォードレスダンサーの免許は一定期間で更新手続きを取らなければならない。これは技術の維持と共に、日々進歩を遂げる技術に対応し、新しいウォードレスに習熟するためのものである。

部品: 鍛えよ
歩兵たるもの訓練を怠ってはならない。もちろん技術やスタミナだけでも駄目である。戦術を学び、実際の活動に近い訓練を繰り返す。
ウォードレスを着ても戦うのは本人なのだ。戦いでは習熟がものをいうだろう。

部品: 自分の体として扱え
ウォードレスはあくまで服であり、機体として考えてはならない。もっと言えば自分の体の一部として扱い、自分の体以上に動けるようになってはじめて一人前のウォードレスダンサーといえよう。

部品: 走れ
歩兵の仕事は走ること。それはウォードレスダンサーであっても変わらない。とにかく動きに動いて戦場のあらゆるところに出現し、仕事をこなせ。走れなくなればそこで死ぬぞ。

部品: 連携してなんぼ
ウォードレスを着たからといっても歩兵は歩兵、一人の力などたかが知れている。密に連絡を取り、作戦を練り、連携してこそ戦い抜くことができる。連携を怠るな。

部品: WDにこだわるな
ウォードレスダンサーの特徴はウォードレスを着られること。しかし、ではウォードレスがなければ戦えないのか。そのまま死ぬのか。最後の最後にはウォードレスなどかなぐり捨て、それ以外のあらゆるものを駆使して戦え。

部品: ウォードレスダンサーの着用制限
職業としての【ウォードレスダンサー】の着用は、軍属の者もしくは藩王・摂政の許可を受けた者に限られる。ウォードレスとは兵器であり、それを扱うことのできる職業も一定の制限を受ける必要があるため。

部品: 他国を威圧しない規模の編成
緊急投擲展開軍は「共に和する自由の旗の下その栄光を守る盾である」という誓約を掲げているが
その特殊さから、規模が大きくなりすぎると他国を威圧しかねない。
適度な規模を藩王、華族の判断で維持する。


部品: 猫好きとは
猫好きとは何か。それはなるものではない、いつのまにか猫の魅力にめろめろになってしまったものがそう呼ばれるのである。

部品: 猫に話しかけると赤ちゃん言葉になる
猫が近くに寄ってきて「にゃーん」と鳴いたら
「どしたの~~?ご飯でしゅか~?(デレデレ)」と返してしまうのが猫好き。
「猫なで声」は、なでられている猫側の声なのでこれとは違う。

部品: 猫の肉球にふまれるのが幸せ
猫の肉球はよいものである。ぷにぷにしてひんやり。
寝ているとき顔を踏まれても 猫の肉球ならそれは猫好きにとってご褒美である。

部品: 猫と添い寝
猫は眠るときくっついて眠るものである。
冬場は暖かいが 夏場は暑い…暑いがそれは仕方がない
猫との添い寝の幸せに比べたらささいな問題である。
そうたとえ布団が毛だらけになろうとも。

部品: 猫写真フォルダー
猫好きの写真フォルダーは猫の写真でいっぱいである。
我が家の猫からご近所で出会った猫、さまざまであるがどんどん増える。

部品: つい自分のうちの猫の話をしてしまう
猫を飼っている猫好き同士が集まるとうちの猫かわいい自慢大会が始まる。
しかしここで喧嘩にはならない。
なぜならお互い「自分のうちの猫が一番可愛いがそっちが可愛いのもわかる…わかる猫かわいい…わかる」
と思っているからである。

部品: 猫の声に敏感
外出先で猫の鳴き声がするとつい目で探してしまう。
子猫の「みーみー」言う声だと必死に探す。
急いでるときは死活問題だが…子猫ならしかたない。

部品: 猫グッズ収集
猫好きになるといつの間にか増えているのが猫グッズである。
ちょっとしたものでも猫柄を選んでしまうことがある。
カレンダーを子猫がいっぱい写ってるやつにしてしまったり…

部品: 猫にご挨拶の効果
ご近所の猫さんへのご挨拶は猫好きのたしなみである。
散歩の途中で見かけた猫に警戒されない位置からそっとまばたきと声かけ。
可能ならば指の匂いを嗅いでいただく。
慣れてくればなでなでも許してもらえるかもしれない。まずは覚えてもらおう。

部品: 猫なでテクニックの効果
猫が喜ぶ箇所を的確になでなでする技。猫によって好みが違うため喜ぶ箇所を見極める力も重要である。
基本的には猫が自分であまり触ることが出来ない 背中や額、アゴの下などが喜ぶポイントだろう。
うまく撫でることができれば猫からの好感度があがるぞ!

部品: 猫ブラッシングの効果
猫をブラッシングすることで抜け毛を取り除き、毛並みをつやつやに保てる。
またスキンシップも兼ね、体調の変化などにも気付きやすくなる。
ブラッシングされて猫はご機嫌になる。

部品: 猫の爪切りの効果
室内で猫と同居している場合必須技術ともいえよう。
猫が嫌がる暇を与えずさっと伸びてとがっている部分の爪を爪切りで切る。
そうすることで家具や壁紙への爪とぎを減らしたり
猫にひっかかれて怪我をすることや、猫の爪が割れて猫自身が痛い思いをすることが減らせる。

部品: 歴史
ニューワールドにおいて、世界を彩る鮮やかな表現で、世界の情景をプレイヤーに伝え続けてきたのが技族だ。そんな中で二次元に様々な色で世界を描き出すのが絵描きさんである。

部品: 人に絵を見せてこそ絵描き
趣味であれ、仕事であれ、絵を発表するということは人に見られる。もっと言えば評価を受けるということである。
評価はもちろん肯定的な意見だけではない。
練習しはじめの駆け出しの頃は、そもそも絵を何時間何日かけて描いても大概の人からの感想は「ふーん」「なんか変」である。つらい。
それでも描きたいものがあり、自分の思った通りに絵を描き、そして表現したものがきちんと見る人に伝わるように努力した者が、絵かきである。

部品: 構想、構図
絵を描くにあたってまずいちばんはじめに必要なのが構想と構図の決定だ。頭の中であれこれ描きたい絵についてわくわく考える。頭の中にぼんやり浮かび上がる理想の絵をうまく出力するのだ。

部品: ラフ作成
描きたい絵を大づかみでスケッチしていく。この時線は沢山引くようにする。書き直しを惜しまず、ピンとくるまで、納得するまでどんどん書き直そう


部品: 線を選び取っていく
描き終わったラフはなんとなく上出来に見える。それは沢山引いた線の中に自分にとっていいと思える線が混じっているからで、線が多いとなんとなくうまい絵に見えるのはそのためである。
その中からいい線だけを選び取って、トレスしていき、洗練させていくのだ。

部品: 線画作成
いい線が選び取れたら、これを基に線画を引いていく。線の入りと抜きに納得がいくまでやり直す。しんどいが狙った線画引けた時の喜びは格別だ。

部品: 暗い側から描く
色の付け方には様々な方法がある。これが正解といい切れるものはない。一例として、イラスト全体を濃い影の色から着彩していく。ここから光が当たる部分を立ち上げていくのだ。

部品: 光の当たる部分を立ち上げていく
光源を意識して、光のあたる部分を立ち上げていく。ここが一番好きだという絵描きは多い。絵全体に彩りが増え、より立体感を感じるようになる。

部品: 仕上げ、完成
絵を見る人のことを意識して、まずどこに目がいくのか、片手落ちになっている場所がないかを良く確認し、細部まで仕上げていく。丹念に掻き上げた絵の、たった一部の手抜きがすべてを台無しにすることもある。
仕上げは入念に行うべきだろう。

部品: そもそもデッサンとは
素描とも呼ばれる。物体の形体や明暗などを平面に描画する美術の基礎中の基礎のことであるが、そもそもはただそれだけのことを指す。


部品: なぜ必要なのか
デッサンとは立体を平面に描画することであり、これを練習できていない人は人をかいてもどこか立体の狂った違和感を感じる絵を書いてしまいがちである。
絵描きは誰もがデッサンを完璧にできているわけではもちろんないが、ある程度自然な絵を描くためにデッサンを練習するのが早道であるのは言うまでもないだろう。

部品: ひたすら観察
デッサンはそのものを克明に描くことだ。
デッサンの練習をしないで町を歩いているときも、すべてを絵に書くつもりでよく観察しておくことは、その絵描きの描く絵にリアルさを与える。

部品: デフォルメにもデッサンは必要
デフォルメを施されたイラストなどを見ていると、一見、陰影表現を主としているデッサンは重要では無いと思われがちだ。
マンガのキャラクターを描く分にはリアルにかけなくてもいいじゃないかと思うのが人情である。

しかし、商業作品として世の中に出ている完成されたイラストというのはデッサンをきちんと成されているものであって、口を挟む隙間が無い程完成されていると言える。
リアルなものを知っているからこそのデフォルメなのだ。

マンガ絵を描きたい場合でも、リアルなものを書ける力は非常に重要だ。


部品: 着用制限(会社社長)
もちろんだが、会社の社長でなければ着用することができない。
会社を経営し、社長として就任したものだけが着用できる。

部品: 会社社長の評価値的特徴
体格、耐久力、感覚、幸運が高く 次点が知識である。
会社を経営するためにはこれらが必要ということだろう。

部品: 会社社長の責任
会社社長は会社の経営を上向きにさせる努力をしなければならない。
また、社員の生活と安全を守る義務を持つ。
また、経営者として法令の遵守をしなければいけない。

部品: 会社社長の経済補正
会社社長の経済補正:(経済関係の)全判定+5。(システム2表記)
これは経営者として経済関係に強いというあらわれである。


部品: 会社社長の同調判定
会社社長は同調判定時+16の修正を得る。(システム2記述)
大人数の社員を纏め上げる力を表現した特殊だろう。

部品: 商人とは
商人とはそのものずばり商いをなりわいとする人のことである。
ものを仕入れ、作りそれを売ることで利益を得る。

部品: 経済の活性化
ものを売る人がおり、それを買う人がいれば経済はまわる。
資金がうごけば経済は活性化しさらなる商売をうみだすだろう。

部品: 目利き
商人は目利きが出来なければ話にならない。
ものの価値を瞬時に見分け、よりやすく仕入れ高く売る。これが商人の基本である。

部品: 耳ざとい
商売は情報が命であるため耳ざとくなくてはならない。
商品とともに情報を仕入れる、または情報そのものが商品であることもあるだろう。

部品: 交渉上手
商人は取引相手と上手く交渉しなければならない。
トーク術を磨き駆け引きを覚え、交渉上手と言われるようになるのだ。

部品: いい笑顔
商売に大事なこと、それは笑顔である。
接客はとびきりの笑顔で!
(時にはうさんくさいといわれることもあるかもしれないが…)

部品: 恋人系アイドレスとは
○○の恋人、および○○の奥さん、○○の愛人 などは愛の女神の管轄の職業である。
オーマの運命をうちやぶるのは愛の女神の力が必要といわれている。

部品: 着用制限(晋太郎の恋人あゆみ版)
重度の晋太郎好きと宰相府が認定したプレイヤーとなっている。
もちろん晋太郎の恋人でなくてはならず、自称では着用できない。

部品: 白兵能力補正(晋太郎の恋人あゆみ版)
システム2では久珂晋太郎を帯同する間、白兵距離での{攻撃,防御}、ともに評価+3となっている。
一緒に居るとやる気が出るためだろう。

部品: 晋太郎の追跡自動成功
なんと、晋太郎の恋人(あゆみ版) 晋太郎を追跡する場合、追跡、自動成功である。
勲章獲得前追いかけ続けていた名残かもしれない。

部品: 晋太郎と歩く場合
晋太郎と歩く場合、晋太郎が歩調を合わせてくれる上に荷物もってくれる。
晋太郎さんやさしい!!
勲章獲得前は同じペースで歩くのもなかなか難しかったので
恋人になって関係が変わってきたあらわれだろう。

部品: 魔法、詠唱、絶技行為修正(晋太郎の恋人あゆみ版)
晋太郎の恋人は晋太郎の行う魔法、詠唱、絶技行為に+3の修正を与える。(システム2記述)
晋太郎の恋人は晋太郎をパワーアップさせられるぞ!

部品: 2へ
晋太郎の恋人から晋太郎の恋人2へプロモーションした。
特殊以外は基本そんなに変化がなく、基本的な数値が少し上昇している。

部品: 手を差し出してくれる
プロモ前は晋太郎と歩く場合、歩調をあわせて荷物を持ってくれるだったのが
「晋太郎が手を差し出してくれる」に変化している。
仲が進展していますね!(ちなみにすでに結婚しています)

部品: 晋太郎と自己への魔法、詠唱、絶技行為補正
恋人のときは晋太郎への魔法、詠唱、絶技行為補正のみであったが
奥さんは自己にもバフがかかるようになった。
二人で協力してがんばるということですね。わかります!
ちなみに効果も+3から+4にアップしているぞ

部品: 奥さんへ
幸運が1上がった以外の基本ステータスは一緒である。
ただし、奥さんにプロモーションしたのは大変な意味があった。
当時、オーマ覚醒で自分の意思とは反対のことを言ってしまう強制が発動しておりそれをなんとかするために
奥さんへのプロモーションから派生のオーマやめますを取得したのだ。

部品: 晋太郎のあゆみ(夫婦)のみなし職業
猫妖精2,撃墜王,超撃墜王,白オーマとしてみなす。
プロモーション直前、部隊全滅の危機にオーマ覚醒していた影響でみなしに白オーマがついた。

部品: 帯同効果内容:晋太郎のあゆみ(夫婦)
晋太郎のあゆみ(夫婦)は晋太郎を帯同する間全ての判定で+2される。
一緒にいればパワーアップできるということである。

部品: 久珂あゆみ(新婚)のみなし職業
<猫妖精>,<名パイロット>,<ウォードレスダンサー>,<大剣士>とみなされる。
剣士が大剣士に、パイロットが猫妖精におきかわっている。
これは晋太郎がパイロットになったのにパイロット同士じゃ同乗できない~~~とコパイ職をつけたかったかららしい。


部品: 帯同効果内容:久珂あゆみ(新婚)
<久珂晋太郎>を帯同する間)全判定、評価+1。(システム2記述)
実はプロモ前から変化なし。これは短期間でのプロモーションだったため
あまり変化がなかったからのようだ。

部品: 特殊内容:久珂あゆみ(新婚)
泣くことで<久珂晋太郎>の全ての行動をAR0で無効化できる。
こちらもプロモーション前から変化なし。
涙に弱いのは変わっていないということなのだろうか。

部品: 久珂あゆみ(PLACE)のみなし職業
<パイロット>,<名パイロット>,<ウォードレスダンサー>,<剣士>
パイロット、名パイロットは当時FEGでパイロット職をしていたせいだろう。
ウォードレスダンサーもPCは着用したことがなかったが国の特色があらわれたと考えられる。
剣士についてはレムーリアで活動していたときが剣士だったためである。

部品: 効果内容:久珂あゆみ(PLACE)
<久珂晋太郎>を帯同する間)全判定、評価+1。
やったー!!憧れの帯同効果だぞ!と恋人ぽくて超喜んだのであった。
テンションあがってがんばっちゃうんだね。

部品: 特殊効果内容:久珂あゆみ(PLACE)
泣くことで<久珂晋太郎>の全ての行動をAR0で無効化できる。
PLACE開示直前の生活ゲームが関係している特殊である。
泣いてると放っておけないようだ。

部品: プリンとは
カスタードプディングと呼ばれるもので。牛乳と砂糖をあわせたものに鶏卵を加えて作るカスタードソースを加熱して固めた洋菓子。加熱方法も蒸す、焼くなどがある。一般的にカラメルソースとあわせて食される。香りづけにバニラなどの香料を用いることもある。食べると美味しい。食事としての一般的な栄養摂取以外の特別な効果はない。


部品: プリンの材料
普通サイズのプリン容器にだいたい6つ分
卵(Mサイズ)4個(Lなら3個)
牛乳500cc
砂糖70g
バニラエッセンス少々

部品: 1.材料を量り混ぜ合わせる
レシピにある材料を量り、清潔で乾燥したボウルに入れ泡だて器でよく混ぜ合わせる。
卵の白身の塊がなくなればOK。


部品: 2.カラメルソースを作る
砂糖(グラニュー糖)を鍋に入れ適度に焦がしながら少量の水を入れる。これでカラメルソースができる。
プリンの容器に固まる前に注いでおこう。

部品: 3.カスタード液を漉す
プリンのなめらかな口当たりのために、カスタード液は必ず漉そう。
茶漉しや目の細かいザルに通すことで、白身の溶け残りや殻を取り去ることができる。
漉したらプリンの容器に流し入れよう。

部品: 4.加熱する
加熱の仕方は複数ある。スタンダードなものは蒸す方法。
蒸し器で蒸してもよいし、オーブンで蒸し焼きにしてもよい。そのとき天板に水を張るのを忘れないこと。


部品: 5.冷やす
竹串をさしてみて卵液が出てこなければあとは荒熱をとって冷蔵庫で冷やす。
冷えたら美味しいプリンの出来上がり。

部品: あまくてほんのり苦い
卵と砂糖、牛乳で作ったカスタードの甘みと
カラメルソースの甘さ、そして少しだけあるにがみが口の中でなめらかに溶け合う。


部品: ドラゴンプリンとは
ドラゴンを呼び出すことが出来るプリン…であるのだが、そのもの自体は何の変哲もない、ただのプリンである。

部品: 何故呼び出せるのか
ここでいうドラゴンとは久珂竜太郎のことを指している。
竜太郎は元々ハレキ(ハニードラゴン)と呼ばれる甘い物が好きなドラゴンである。
そう、プリンにドラゴンを呼び出す力があるのではない、おやつが食べたいから出てくるだけである。

部品: 呼び出せないこともある
ドラゴンプリンではドラゴンを呼び出せないこともある。それはプリンを食べたい気持ちに勝る事情があるときである。
また、竜に縁が無い者、竜に害をなすもの、敵意を持つものが使っても意味はない。

部品: 竜眼とは
その名の通りドラゴンの目のことを指す。
瞳孔が縦になっており、感情や光のあたり具合や光の種類(日光や月光)で色が変化する。

部品: ウォータードラゴンの目
久珂あゆみの持つ竜眼はもともとFEGの地下にいたウォータードラゴンの目である。
生活ゲームで縁が繋がり譲り受けることとなった。

部品: 竜に縁のあるもの
そもそも竜眼は竜に与えられなければ手にいれることができない。
ドラゴンと関係のないものや敵対するものでは不可能だろう。

部品: あらゆる光を見ることが出来る
竜眼はあらゆる光を見ることが出来る。
光学迷彩だろうと、レーザーだろうと、電波だろうと
光であれば認識が可能である。

部品: 感覚が鋭くなる
あらゆる光を見れる効果、そして視力が上がり感覚が鋭くなる。
具体的には素の状態で+3 久珂はHQをつけまくって+6にしていたぞ。

部品: 夜戦が可能になる
あらゆる光が見え、視力がよくなる…つまり
暗い場所でもまわりがよく見えるようになるのだ。
自前の暗視カメラである。

部品: 幻を見破ることができる。
宰相府にある池が他の人間には普通に見えていたのに
竜眼では滝に見えたことがある。
魔法で隠してあるものも竜眼では見つけることができる。

部品: 変哲もないペン
ドラゴンにしか見えない蛍光ペンは一見なんの変哲もないペンに見える。
そして書いてみても何も書けない…普通の人にはそう見えるだろう。

部品: 竜か竜眼なら見える
蛍光ペン、というからには特殊な光で記述ができるこのペンは
すべての光を見ることが出来る竜や竜眼ならば何が書かれたか見ることが可能である。

部品: 101日の間、霊的に存在し続ける
このペンにかかれたものは101日の間、霊的に存在し続ける。
逆にいうと102日たては自然に消えるのだ。

部品: ドラゴンからもらったもの
ドラゴンにしか見えない蛍光ペンをどうやって手に入れるか。
もちろんドラゴンからもらったものとなる。
店では買えない。

部品: 竜太郎の盾とは
竜太郎の盾とは、竜太郎が生まれたときの卵の殻で作った盾である。
マジックアイテムであり、世界に一つしかない。

部品: 材料(竜太郎の盾)
竜太郎が生まれたときの卵の殻でできている。
ドラゴンの卵はとても堅く、通常の方法では傷をつけることはできない。

部品: 傘のように開く
竜太郎の盾は通常状態だと腕に装着できるくらいコンパクトであるが
使用時には傘のように開き盾の形状となる。

部品: 防御補正(+9シフトくらい)
竜太郎の盾は
システム2では+20の防御補正が得られた。
システム4でいうと+9シフトである。すごく…硬いです。
ちなみに 歩兵でも機体搭乗時でもどちらでも使用できると質疑済みである。

部品: 一回の絶技の完全防御
竜太郎の盾は 一度だけ絶技の完全防御を行える。
そのとき壊れてしまうが修理可能(自然修復される)
ドラゴンの卵の殻で出来ているからであろう。

部品: 魔法の箒
正式名称は箒型飛行魔道兵器「スピードレーサー」
その名前の通りスピードはかなり速く世界を狙えるレベルらしい。
晋太郎から譲り受けたもので他には存在しない。

部品: 騎乗資格
スピードレーサーは魔法の箒なので本来魔法使い系しか乗れないのだが
魔法系ではないあゆみのために晋太郎が調整し、パイロット系職業でも操れるようカスタマイズされている。

部品: 一人乗り
基本的に一人乗りであるが、がんばればもう一人運べないこともない。
成人なら操縦者あわせて2人が限界だろう。

部品: 騎乗者の行動制限
スピードレーサーの騎乗者には行動制限がかけられる。
操縦している間は移動,偵察,輸送以外の行為ができない。

部品: AR+5
アイドレス2の表記でなんとAR+5である。
通常越境にAR3使用すると考えればその移動力の高さが分かるだろう。

部品: 敏捷+5
同じく、スピードレーサーは搭乗者に敏捷+5(アイドレス2表記)を与える。
移動力だけでなく、そのスピードも高いというのがわかる。

部品: 隠密性
スピードレーサーは排気音もない、なぜなら箒だからだ。
低空であればレーダーにひっかかり辛く。
上空ならば小さくて肉眼では気付き辛いだろう。

部品: 弓下氏結婚式で狙撃兵を排除
弓下嵐氏の結婚式の裏でおこなわれたゲームにて
狙撃兵をおさえるためスピードレーサーにて対応し撃退に成功。
騎乗中は攻撃はできないが、狙撃兵を現場でおさえることが重要だったのでAR的にたどり着くことができた時点で勝利扱いであった

部品: よけ藩国にて黒崎家救出
よけ藩国が襲われ
ソウイチロー・黒崎、黒崎しあん が死亡となったとき
をスピードレーサで確保し奇跡の治療を行った。

部品: 指輪とは
主に、手の指にはめる、環状の装飾品である。稀に足の指にはめることもある。
材質は金属が使われることが多く、装飾として宝石を付けることが多い。
物により、翡翠や鼈甲などの宝石もしくはその類似のものをそのまま削って磨き上げた指輪や、木製の物も存在する。

部品: はめる指による意味
指輪は古来より、はめる指により特定の意味を付与される。
最もポピュラーなものは結婚指輪の「左手の薬指」であろう。国によっては右手の場所もあるが、薬指は「聖なる誓い」を意味する。
とはいえ、結婚指輪以外で「意味に合わせて指輪をはめる場所を変える人」は稀である。

部品: 装備個所:指
右手と左手、10本の指のどれかにはめる。足の指も含めれば20本だが、足にはめることはほぼない。
最大10本指輪を付けることが可能だが、指先の扱いの利便性やデザイン、与える印象等の問題から、大抵は片手につき一つ、程度になるだろう。
以上から、指輪は片手に一つ、両手で合わせて二つまでを装備制限とする。

部品: メチャゲドンの指輪の素材
メチャゲドンの指輪は世界樹の枝,蔦,木の実で出来ている。
金属ではなく木製で、実は植えると世界樹が生えてくるらしい。

部品: 究極大規模破壊魔法メチャゲドン
究極大規模破壊魔法メチャゲドンが使えるが、この魔法はオチにしか使えず、死傷者はでないがアフロヘアになる。

部品: 結婚指輪とは
結婚指輪とは結婚の誓約のしるしとして取り交わす指輪のこと。
お互いが左手の薬指にはめるのが通例である。

部品: 知らないものは書けない
初級精霊回路は技術である。なので知らないものは書くことができない。
久珂あゆみは初級を晋太郎から教えてもらっている。


部品: 真似対策
久珂が精霊回路を記述する際はドラゴンにしか見えない蛍光ペンを使用するため普通の人は見て真似をすることが出来ない。

部品: サポート付与
初級精霊回路は指定した条件を満たした行為で+2の修正を与える。
あらかじめ行為を指定しておかなければいけない(システム2記述)


部品: 行為指定
あらかじめ行為を指定しておかなければいけない。
同じ行為を指定することはできない。
この効果は使いきりではなく、条件が発動すれば何度でも発生する。また、回路を破棄して書き換えることができる

部品: 準備時間
1つの初級精霊回路の準備に1時間かかる。
これは模様をひとつひとつ書き込んでいくからである。
準備していないと利用できない。

部品: 有効期間
101日間と1時間持つ。これは派生元のドラゴンにしか見えない蛍光ペンの有効期間と同じである。
つまりドラゴンにしか見えない蛍光ペンで書かれる前提の技術である。

部品: 準備可能数
初級精霊回路は3つまで記述できる。同じ行為を指定することは出来ない。
何に記述するかは決められる。(なんでもいい)が破棄されて困らないものに書くのが普通だろう。

部品: T20指定内容
T20での初級精霊回路サポートの指定内容は以下になる。

1・防御(コインに記述し胸元に)
2・白兵攻撃(手袋に記述)
3・感覚(度のない眼鏡に記述)


部品: 急速機動とは
T17リザルトアイドレス。
急速機動とは急速に機体を動かすこと。
なので乗り物にのっている前提の技術となる。


部品: 急速機動の効果
急速機動の効果は回避の難易を2減らす、である。
危険からの回避のために機体を急速に動かし対応する技である。

部品: 習得するには
まず、傘で落下は「傘」つまり「竜太郎の盾」が必須になる。
なのでこれは久珂あゆみおよび久珂家の技術であり他人には真似できない。

部品: 登場効果(傘で落下)
好きなタイミングで戦場に登場できる効果がある。
これは何もない空間から突然あらわれるという意味ではなく
上空から傘で降下してくるという形である。
スピードレーサーや竜太郎の協力だろう。

部品: 着地するまでは無敵として扱う
何故傘で落下は無敵なのか。
それは奇襲効果もあるだろうが、傘とは竜太郎の盾のことであるからである。
傘で防御しながら降下するため無敵判定なのであろう。

部品: 急げ馬よのあらまし
馬を走らせ、短期間で長距離移動するための技術。はいよーシルバー!
馬を所有していない場合は貸し馬屋にレンタルしたりするらしい。

部品: 急げ馬よの取得条件
馬術の習得及び、馬での長距離移動訓練を年四回は行っていること。
なお、越境及び交通法規は各国のルールを事前に調査し、遵守すること。

部品: 急げ馬よの陸路移動効果
急げ馬よは、具体的には陸路に限り一航路分の移動を可能とする技術である。
緊急事態があれば即座に現場に急行することが可能となる。
馬を保有する必要が無いのは前述の通り。


部品: 馬と心を通わせる
テレパシーというわけではなく、馬との信頼関係を築く練習。
背筋を伸ばし、力を抜いて余裕を持つことで、馬に不安を与えないように心がける。

部品: 乗り降り練習
まず馬に乗るための練習。馬の左側から鐙に片足を掛けて跨がる方法から、飛び乗りまで練習する。
折り方は乗り方を逆順で行う。

部品: 騎乗姿勢
鞍の相性知り、跨がり方を覚え、正しい姿勢で騎乗するための訓練。
速さに応じて姿勢を変える必要があるので注意。

部品: 歩法の習得
歩法とは馬術における、馬の歩き方、走り方のことである。
常歩、速歩、駈歩、襲歩が基本歩法とされ、それぞれに訓練を行う。

部品: 常歩
なみあし。歩きの状態。常に二本ないし三本の肢が地面について体重を支えている状態。
正しい姿勢で発進や停止、曲がり方なども覚えよう。

部品: 速歩
はやあし。二本の肢をペアで着地、離地する走り方で、速度は常歩の二倍程度。
強く上下に揺れるため、動きに合わせて鐙に立つ、鞍に座るを繰り返して衝撃を軽減したりする。

部品: 駈歩
かけあし。速度は速歩のおよそ1.7倍ぐらいか。
三肢で接地しているタイミングと、四肢が地面を離れているタイミングがある。
パカラッパカラッといった感じか。
ゆったりと前後に揺れる。

部品: 襲歩
しゅうほ。全速力の走り。後肢と前肢の着地点をなるべく離し、脊椎のバネを利用して歩幅を伸ばし疾走する。
速度は駈歩の三倍にも達する。

部品: 長距離移動計画
連休のお父さんには必須の計画能力。
地図を広げ、目的地に辿り着くルートを導き、適切な時間に適切な道を進む計画を立てることが重要。


部品: 地図を読む
道路地図を読み解く力。これがなければそもそも長距離移動は諦めるべきだろう。
ルートを検索するだけでなく、休憩の予定も立てよう。

部品: 越境の準備
移動に於いて国を越えることもあるだろう。国が変わればルールも変わる。
各国のルールに従い、越境できる様、事前の予習と準備をしよう。

部品: 休憩・補給
事前に予定を立て、所定の場所で人と馬の休息と補給を行う。
日を跨ぐのであれば馬小屋のある宿の確保も忘れてはならない。

部品: 馬と野営
やむなく野営することもあるだろう。
野営をするのであれば、馬をきちんと繋いでおくこと。
もちろん、世話と手入れを忘れてはいけない。