FEG@wiki 防犯カメラと街灯による防犯体制

防犯カメラと街灯による防犯体制

(作業@久珂あゆみ)

部品構造


  • 大部品: 防犯カメラと街灯による防犯体制 RD:11 評価値:5
    • 大部品: 防犯カメラによる防犯システム(システム) RD:8 評価値:5
      • 部品: システム概要
      • 部品: 有効範囲と規模
      • 部品: 設置型カメラ複数設置による死角フォロー
      • 部品: 広域データ観測による時系列の把握
      • 部品: 防犯カメラの情報の集積
      • 部品: 防犯カメラの設置場所の工夫
      • 大部品: 防犯カメラ RD:1 評価値:0
        • 部品: 防犯カメラの規格
      • 部品: プライバシーの保護
    • 大部品: 街灯による防犯 RD:2 評価値:1
      • 部品: 街灯による防犯効果
      • 大部品: 街灯 RD:1 評価値:0
        • 部品: 街灯の規格
    • 部品: 防犯カメラと街灯の連携効果



部品定義


部品: システム概要

観測される範囲の安全を確保し防犯につとめるために運用されるシステムであり、当然ながら観測する側が範囲内のものを管理、支配するためのものではない。


部品: 有効範囲と規模

防犯カメラが設置されている場所でしか有効にならない。
個人、民間組織、公共など利用者に制限はないが
防犯カメラを設置する範囲が自己の管理下であることが必要。
範囲が広くなればなるほど、そのデータを管理する組織、機材の規模も大きくなる。



部品: 設置型カメラ複数設置による死角フォロー

設置型カメラの首は回る角度が決まっており、360度すべてを見られるわけではないのでどうしても死角が出来てしまう。
複数台設置することでその死角を補い、より精度のある情報を記録できる。

部品: 広域データ観測による時系列の把握

同時に広域を観測することで、その時系列を追うことができる。例えばそこに写っている人がどのような順序で道を歩いたか…などが複数のカメラの映像を繋ぐことで推測できる。

部品: 防犯カメラの情報の集積

過去の情報を解析することで犯罪捜査に役立ったり、事件発生率を把握、危険地域を特定できる。ただ、記録情報も記録媒体の容量を必要とするため、特別な情報以外は一定期間で廃棄される。
警察組織以外が管理している場合、犯罪捜査協力として警察組織に情報を提供する場合がある。

部品: 防犯カメラの設置場所の工夫

テロ防止、防犯の意味であれば人の多く集まる場所に設置し、犯罪の抑制に使用する。また、薄暗い通りなど住民に危険がおよびそうな場所に設置することで同様の効果が得られる。


部品: 防犯カメラの規格

犯罪の証拠として撮影した映像を解析し犯罪捜査に役立てるのはもちろんだが、そこに防犯カメラが「ある」と思わせるだけで犯罪の抑制になりうる。
前者の場合は目立たない場所に、後者の場合は目立つ場所に設置されることが多い。
情報は設置者の下へ集められる。
複数設置することで死角を補う効果はあるが 全く同じ場所に沢山つけて同じ方向を写しても意味はない。

部品: プライバシーの保護

国民のプライバシーは守られることは、重要である。
しかし、テロ対策として、個人の記録の閲覧・利用が必要な場合もあり、その場合は、法の司、護民官と協議の上、藩国上層部の責任として閲覧・利用することがある。

部品: 街灯による防犯効果

街灯を複数をある程度の間隔で並べることで 広い範囲を明るくできる。おもに交通上問題のある薄暗い道路や、防犯上の不安がある場所をカバーするために使われる。
明るくなることで、見通しがよくなり、その範囲を利用する人が
危険を察知しやすくなる。交通上の安全が確保される。
また、物陰に潜むことが難しくなり、顔を見られたくない犯罪者などが近づくことをためらう効果がある。
個人で設置することもあるだろうが基本的には公共のものとして実施される。

部品: 街灯の規格

夜道を照らし、野外活動の安全を確保するとともに、夜間の犯罪発生を抑制するものでもある。戦時は爆撃対策で消灯されることもある。ある程度の間隔をおいて配置する。密集させても一部は明るいかもしれないが、明るくできる範囲が狭まるため効果は上がらないだろう。

部品: 防犯カメラと街灯の連携効果

暗視装置のついていないカメラの補助として街灯が使える。また、明るくて監視されている場所という印象を与えることで後ろ暗い気持ちを持つ者を遠ざける。



提出書式


 大部品: 防犯カメラと街灯による防犯体制 RD:11 評価値:5
 -大部品: 防犯カメラによる防犯システム(システム) RD:8 評価値:5
 --部品: システム概要
 --部品: 有効範囲と規模
 --部品: 設置型カメラ複数設置による死角フォロー
 --部品: 広域データ観測による時系列の把握
 --部品: 防犯カメラの情報の集積
 --部品: 防犯カメラの設置場所の工夫
 --大部品: 防犯カメラ RD:1 評価値:0
 ---部品: 防犯カメラの規格
 --部品: プライバシーの保護
 -大部品: 街灯による防犯 RD:2 評価値:1
 --部品: 街灯による防犯効果
 --大部品: 街灯 RD:1 評価値:0
 ---部品: 街灯の規格
 -部品: 防犯カメラと街灯の連携効果
 
 
 部品: システム概要
 観測される範囲の安全を確保し防犯につとめるために運用されるシステムであり、当然ながら観測する側が範囲内のものを管理、支配するためのものではない。
 
 
 部品: 有効範囲と規模
 防犯カメラが設置されている場所でしか有効にならない。
 個人、民間組織、公共など利用者に制限はないが
 防犯カメラを設置する範囲が自己の管理下であることが必要。
 範囲が広くなればなるほど、そのデータを管理する組織、機材の規模も大きくなる。
 
 
 
 部品: 設置型カメラ複数設置による死角フォロー
 設置型カメラの首は回る角度が決まっており、360度すべてを見られるわけではないのでどうしても死角が出来てしまう。
 複数台設置することでその死角を補い、より精度のある情報を記録できる。
 
 部品: 広域データ観測による時系列の把握
 同時に広域を観測することで、その時系列を追うことができる。例えばそこに写っている人がどのような順序で道を歩いたか…などが複数のカメラの映像を繋ぐことで推測できる。
 
 部品: 防犯カメラの情報の集積
 過去の情報を解析することで犯罪捜査に役立ったり、事件発生率を把握、危険地域を特定できる。ただ、記録情報も記録媒体の容量を必要とするため、特別な情報以外は一定期間で廃棄される。
 警察組織以外が管理している場合、犯罪捜査協力として警察組織に情報を提供する場合がある。
 
 部品: 防犯カメラの設置場所の工夫
 テロ防止、防犯の意味であれば人の多く集まる場所に設置し、犯罪の抑制に使用する。また、薄暗い通りなど住民に危険がおよびそうな場所に設置することで同様の効果が得られる。
 
 
 部品: 防犯カメラの規格
 犯罪の証拠として撮影した映像を解析し犯罪捜査に役立てるのはもちろんだが、そこに防犯カメラが「ある」と思わせるだけで犯罪の抑制になりうる。
 前者の場合は目立たない場所に、後者の場合は目立つ場所に設置されることが多い。
 情報は設置者の下へ集められる。
 複数設置することで死角を補う効果はあるが 全く同じ場所に沢山つけて同じ方向を写しても意味はない。
 
 部品: プライバシーの保護
 国民のプライバシーは守られることは、重要である。
 しかし、テロ対策として、個人の記録の閲覧・利用が必要な場合もあり、その場合は、法の司、護民官と協議の上、藩国上層部の責任として閲覧・利用することがある。
 
 部品: 街灯による防犯効果
 街灯を複数をある程度の間隔で並べることで 広い範囲を明るくできる。おもに交通上問題のある薄暗い道路や、防犯上の不安がある場所をカバーするために使われる。
 明るくなることで、見通しがよくなり、その範囲を利用する人が
 危険を察知しやすくなる。交通上の安全が確保される。
 また、物陰に潜むことが難しくなり、顔を見られたくない犯罪者などが近づくことをためらう効果がある。
 個人で設置することもあるだろうが基本的には公共のものとして実施される。
 
 部品: 街灯の規格
 夜道を照らし、野外活動の安全を確保するとともに、夜間の犯罪発生を抑制するものでもある。戦時は爆撃対策で消灯されることもある。ある程度の間隔をおいて配置する。密集させても一部は明るいかもしれないが、明るくできる範囲が狭まるため効果は上がらないだろう。
 
 部品: 防犯カメラと街灯の連携効果
 暗視装置のついていないカメラの補助として街灯が使える。また、明るくて監視されている場所という印象を与えることで後ろ暗い気持ちを持つ者を遠ざける。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "防犯カメラと街灯による防犯体制",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "防犯カメラによる防犯システム(システム)",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "システム概要",
             "description": "観測される範囲の安全を確保し防犯につとめるために運用されるシステムであり、当然ながら観測する側が範囲内のものを管理、支配するためのものではない。\n",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "有効範囲と規模",
             "description": "防犯カメラが設置されている場所でしか有効にならない。\n個人、民間組織、公共など利用者に制限はないが\n防犯カメラを設置する範囲が自己の管理下であることが必要。\n範囲が広くなればなるほど、そのデータを管理する組織、機材の規模も大きくなる。\n\n",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "設置型カメラ複数設置による死角フォロー",
             "description": "設置型カメラの首は回る角度が決まっており、360度すべてを見られるわけではないのでどうしても死角が出来てしまう。\n複数台設置することでその死角を補い、より精度のある情報を記録できる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "広域データ観測による時系列の把握",
             "description": "同時に広域を観測することで、その時系列を追うことができる。例えばそこに写っている人がどのような順序で道を歩いたか…などが複数のカメラの映像を繋ぐことで推測できる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "防犯カメラの情報の集積",
             "description": "過去の情報を解析することで犯罪捜査に役立ったり、事件発生率を把握、危険地域を特定できる。ただ、記録情報も記録媒体の容量を必要とするため、特別な情報以外は一定期間で廃棄される。\n警察組織以外が管理している場合、犯罪捜査協力として警察組織に情報を提供する場合がある。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "防犯カメラの設置場所の工夫",
             "description": "テロ防止、防犯の意味であれば人の多く集まる場所に設置し、犯罪の抑制に使用する。また、薄暗い通りなど住民に危険がおよびそうな場所に設置することで同様の効果が得られる。\n",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "防犯カメラ",
             "type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "防犯カメラの規格",
                 "description": "犯罪の証拠として撮影した映像を解析し犯罪捜査に役立てるのはもちろんだが、そこに防犯カメラが「ある」と思わせるだけで犯罪の抑制になりうる。\n前者の場合は目立たない場所に、後者の場合は目立つ場所に設置されることが多い。\n情報は設置者の下へ集められる。\n複数設置することで死角を補う効果はあるが 全く同じ場所に沢山つけて同じ方向を写しても意味はない。",
                 "type": "parts"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "プライバシーの保護",
             "description": "国民のプライバシーは守られることは、重要である。\nしかし、テロ対策として、個人の記録の閲覧・利用が必要な場合もあり、その場合は、法の司、護民官と協議の上、藩国上層部の責任として閲覧・利用することがある。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "街灯による防犯",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "街灯による防犯効果",
             "description": "街灯を複数をある程度の間隔で並べることで 広い範囲を明るくできる。おもに交通上問題のある薄暗い道路や、防犯上の不安がある場所をカバーするために使われる。\n明るくなることで、見通しがよくなり、その範囲を利用する人が\n危険を察知しやすくなる。交通上の安全が確保される。\nまた、物陰に潜むことが難しくなり、顔を見られたくない犯罪者などが近づくことをためらう効果がある。\n個人で設置することもあるだろうが基本的には公共のものとして実施される。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "街灯",
             "type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "街灯の規格",
                 "description": "夜道を照らし、野外活動の安全を確保するとともに、夜間の犯罪発生を抑制するものでもある。戦時は爆撃対策で消灯されることもある。ある程度の間隔をおいて配置する。密集させても一部は明るいかもしれないが、明るくできる範囲が狭まるため効果は上がらないだろう。",
                 "type": "parts"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "防犯カメラと街灯の連携効果",
         "description": "暗視装置のついていないカメラの補助として街灯が使える。また、明るくて監視されている場所という印象を与えることで後ろ暗い気持ちを持つ者を遠ざける。",
         "type": "parts"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]