FEG@wiki 090304 法案その5~救急医療情報システムの構築について

●法案~救急医療情報システムの構築について

 下記に示す要項のとおりに、救急医療情報システムの構築を支援する。
 診療所の開設、病診連携ネットワークの確立からの派生であり、連携ネットワークと情報システムの相互共有により、診療所の実数が少ない場合に置いても効率よく対応できることを期待している。
 FEGは特に他国進出も多いため、これらへの情報提供、協力を推進、支援する。

 各種システム事態はセプテントリオンほか、流入組織対策も盛り込まれているため、Central Medical Serviceの内容を採用する。


L:救急医療情報システムの構築 = {
 f:名称 = 救急医療情報システムの構築(イベント)
 f:要点 = 連絡するスタッフ,モニターに映る配置図,政策
 f:周辺環境 = 災害現場
 f:評価 = なし
 f:特殊 = {
  *救急医療情報システムの構築のイベントカテゴリ = ,,,世界イベント。
  *救急医療情報システムの構築の位置づけ = ,,,{特殊イベント,自動イベント}。
  *救急医療情報システムの構築の使用制限 = ,,,このイベントを使用するには救急医療情報システムの整備に関する政策を発表しなければならない。
  *救急医療情報システムの構築の内容1 = ,,,このイベントを行うことで全国に救急医療情報システムが配備される。
  *救急医療情報システムの構築の内容2 = ,,,このイベントを行うことで救急医療に関する連絡、情報交換が緊密かつ迅速に行われるようになる。
  *救急医療情報システムの構築の内容3 = ,,,システムの整備によって、救急医療に属するヘリや車両は現地への到達が早くなり、より被害を極限することができる。
  *救急医療情報システムの構築の内容4 = ,,,システムの整備によって、救急医療に属するヘリや車両は配備や搬送法がより効率的になり、治療の効率化と救急医療全体のコストダウンを図ることができる。
 }
 f:→次のアイドレス = 全国救急医療隊の組織(イベント),緊急災害派遣(イベント),プライマリ・ヘルスケアの推進(イベント),NWHOの設立(イベント)

#救急医療情報システムの構築についての定義
f:救急医療情報システムの構築 = {
 救急医療情報システムの構築とは救急医療に関する連絡情報交換の緊密化および迅速化を図るために作られた医療情報ネットワークシステムのことで、災害現場など救急医療を必要とする現地へ最速で、必要とする医療を提供できる医療チームを送り込んだり、緊急搬送を行ったりすることができるようになる。

f:救急医療に関する医療コストの削減 = {
 救急医療情報システムの構築により、全国に救急医療に係る救急車両、救急ヘリなどの配備が効率化され、全体的な医療コストが削減される。

f:救急医療に関する連絡、情報交換の迅速化、および緊密化 = {
 救急医療情報システムの構築によってもたらされる効果の一つ。医療関連情報交換の迅速化、緊密化により、救急医療における医療チームの派遣、緊急搬送がより迅速になり、救急医療に属するヘリや車両は、現地への到達が早くなり、それが被害の極限につながる。

f:共通フォーマットを用いた情報の共有 = {
 救急医療情報システムの構築に伴う共通フォーマットを整備することで、より医療関連情報の交換、共有が迅速化される。これはフォーマットが統一されることで直接のやり取りをする場合においても見たい情報同じ場所から得られ、自動処理も行いやすくなるためである。また、これらは統一であるがゆえに騙りの防止にも役立つ。

f:救急医療情報システムの構築におけるセプテントリオンの介入対策 = {
 救急医療情報システムの構築においてセプテントリオンの介入が考えられるのは次の点である。これらは<定期的な監視体制>を継承する。
 1 救急医療情報を統括する部門の設立に伴う人的・資本的介入
 2 救急医療情報システム納入時のシステム的介入
 3 救急医療情報システムの偽情報による情報攻撃

 l:信頼性が高い = セプテントリオンの人的、資本的を問わず介入がないことが確認されていること。
 f:救急医療情報部門の設立に伴う人的・資本的介入の阻止 = {
  救急医療情報部門の設立に伴う新規雇用や新規購入が発生した時にこれらの人や物品が<信頼性が高い>必要がある。ただし、新設にかかる税金はすべて無料となるため、費用負担も大きくならない。
 }
 f:救急医療情報システム納入時のシステム的介入の阻止 = {
  救急医療情報システムのソフトはセプテントリオンの影響を防ぐために<信頼性が高い>医療系システム作成会社により作成されたものを用いる。管理者についても各医療機関で<信頼性が高い>担当者を選択する。
 }
 f:救急医療情報システムの偽情報による情報攻撃の阻止 = {
  統一のフォーマットを採用しているため、間違った情報が流れないように監視することができる。この場合、人的エラーにより正しい情報が偽情報としてうまく連携できないことがないように講習会を開くことで対処する。
 }