FEG@wiki 090304 法案その1~着用アイドレスについて

●法案~着用アイドレスについて

法案の狙い
  • 舞踏体増加に対するゆるやかな規制。
  • 舞踏体を整備するための整備士たちへの支援。(同時に舞踏体の安全性向上)
  • WSO、パイロットたちへの支援。
  • 歩兵・パイロット・整備士の連携。

国内のアイドレス状況は090304 分析その2~FEG国内の着用アイドレスのバランスを参考にしてください。

1:舞踏体着用者の整備士登録
 ※車の車庫登録と同じく、舞踏体着用者は専用の整備士を同時に登録することを着用条件とします。
 ※整備士はFEGで着用登録した整備士とします。

2:舞踏体着用者維持費
 ※舞踏体の管理費用、整備支援などの費用捻出は
 081201 労働について~その1
 081201 労働について~その2
 081201 労働について~その4
 の法案にのっとり、傾斜税率とする。(高所得者ほど高額納税である)
 舞踏体は生身と違い維持費用が高額になりやすいため、税を集めることで全体への支援を捻出する。
 ※ガソリン税や道路税と同じく、舞踏体で得た費用は生身の整備士たちの労働環境保全や舞踏体自体の向上に役立てます。
 ※これらの税や予算の使用は内政執行部隊監視下とし、汚職・脱税を監視する。

3:舞踏体、または生身への費用の免除例外
 舞踏体は一種の生命保全に役立つ場合も多く、貧富の格差=命の格差ではあり得ないため、非常事態における生命維持や救出のための措置などは申請により費用を免除とし、国庫からの援助とする。
 これらの診断、判定、申請は内政実行部隊やこの後可決される
 090304 法案その5~救急医療情報システムの構築について
 などを大いに活用し、その判断・受理をする。
 FEGの理念に乗っ取って、連携・融和してください。

4:WSO、パイロット系統の保険導入
 共和国での需要の高まりが明確なため、安全教育の支援や医療保険を導入する。
 ※安全向上のため、医薬品のチェックや普及。(診療所開設により対応)
 ※WSO、パイロット系統は共和国全土での活躍が期待できるため、着用者育成のための資金投入を検討する。

5:整備士系統の保険導入
 FEG国内での需要の高まりが明確なため、安全教育の支援や医療保険を導入する。
 ※舞踏体やWSO、パイロット系統の整備体制支援。
 ※舞踏体着用者維持費資金の投入。これにより、舞踏体の安全を向上し、整備士の育成に努める。

6:歩兵・パイロット・整備士の連携
 上記1~4の流れの中、舞踏体40%、パイロット30%、整備士30%の連携を目指す。
 整備士の負担が増える場合、舞踏体35%、パイロット25%、整備士40%を目指す。

 3種類の職業すべてにそれぞれの特長・長所・短所が存在するため、それぞれを支援、規制、調整することでこれらの比率連携を高める。

 以上をもって、歩兵・パイロット・整備士の連携を狙う法案を実施します。

 フィールド・エレメンツ・グローリー藩王 是空とおる