FEG@wiki 090304 分析その1~FEGの歴史(政策のまとめ)

●分析その1~FEGの歴史(政策のまとめ)

 フィールド・エレメンツ・グローリー国民も一読してほしい。
 これが、現在のFEGである。

 また、政策を改めてまとめなおすことにより、その効果が出ているか? 変更点はないか? を、確認するものである。


●現在までの政策(環境や人々の営み、労働など)

081018 FEGの急激な発展に対する対策

081028 案件:FEG経済集中の拡散について(ODA導入について)

 01. 大統領によるFEGへの経済集中対策(ODA政策)では、当時19ヶ国のtera共和全藩国に向けてエールを送った。
 ODA政策は格差の再生産を阻止し、「富めるものほど納税する」というFEGの理念に乗っ取って行なわれた。
 もちろん、無策に資金を投下してもらうためではなく、自国発展のために使用する。と、いう紐付きの金策であり、各国はこれを土台の一部として発展した。
 02. 桜の並木道 また、桜並木はSHQの存在のため、現在でも皆の心を癒しているはずである。
 http://electriclifes.web.fc2.com/ace/item1/sakura/
 t:→次のアイドレス = サクラ花見ブーム到来(イベント)

081021 クローン技術対策

 玄霧藩国からのアドバイスを参照に、「医療用の部分クローン」に限り、クローン技術を使用することを奨励した。
 舞踏体が特化した環境の中、生身を重要視し、倫理観や生命とは? をFEGが考えていることを表明する政策である。

081021 人身売買対策

 共和国内での違法な人身売買に対応した政策であり、効果を発揮している。
 昨今、FEG国内の人口増に目をつけ、流れ込んできた人身売買組織も壊滅。
 (2/27-15:42:44)段階にて一斉検挙された模様。
 本件に関して、カラスや悪童っぽいのとかピンク頭とかに感謝するダガーマンの姿があったとかなかったとか噂がある。

081027 NACトレーサビリティ制度導入

 NACのトレーサビリティ制度に協力・提携する。

090116 NACトレーサビリティ強化用機器運用

 その後、食料安全の強化対策としてNAC提供の検査機器を購入する。

081031 産業、一般廃棄物対策案

 ナニワアームズ商藩国へFEGが廃棄物投棄を行なっていることが発覚した際における法案。
 「産業廃棄物」または「有害物質」「産廃物」などの不法投棄禁止を定めている。
 ナニワアームズ商藩国も産業廃棄物処理場にて対応。
 FEGが明確に他国に問題点を投下しており、永劫に語られる汚点である。
 国民一同、他国干渉は政治問題に発展するので、藩王に相談することを約束してほしい。

081201 治安について

 下記の081201のすべての法案と連携した治安対策。
 1)シオネ・アラダ遺跡保全保護法●シオネ・アラダへの感謝と、不用意な開発によるゲート開放阻止。
 2)地下施設開発基準法●FEG:共和国環状線の高い安全基準を中心とし、他国の窓口としての治安保持確認を行なう。
 3)燃料生産地●砂漠の緑地化を有効利用しつつ、砂漠保全。
 4)その他の地下施設●シオネ・アラダ遺跡保全保護法およびFEG:共和国環状線安全施設に準ずる。
 5)環境保護法●環境保護、日照権や空気汚染なども含め、監視・管理体制を強化。
 6)居住区助勢法●区画整理、住居人の再確認が可能であり、登録することによって今後の管理を可能とする。
 7)労働基準法●7-1)登録証。労働基準法 7-2)登録証の発行。と連動、軍部が暴走しないように管理体制を取る。
 8)テロ対策●金属探知機、魔術探知、虹彩、指紋認証バイオチェック、クローン登録の有無(旅行先にクローン技術が存在する場合は生体チェック)、環状線持ち込み荷物の制限。
  ※魔術探知はFEGとしては特化技能のため、久珂晋太郎、松井総一郎などの魔術特化ACEへの協力を求めることが前提となる。(魔術暴走を回避する目的)
  ※PLACEは是空とおる、久珂あゆみ、松井いつかなどのオーマ属性の存在するメンバーにて対応する前提。追加法案を検討している状況である。(TLO化対策も含め)
 9)風紀対策●風俗営業法を施行する。飲食、喫煙、賭博、風俗の営業規制管理。
 10)藩王権限● 軍部の指導に関しては藩王が責務を負うこととし、藩王の許可のもとに活動を行なう。それらはISSと連携する前提とする。
 11)歴史●ネコリス童話やHOKE財団の業務推進。慰霊碑の設立。

081201 最優先事項(シオネ・アラダ遺跡保全保護法)

 シオネ・アラダへの感謝を忘れぬ最重要法案。遺跡保全。

081201 フィールド・エレメンツ・グローリーの人口と階層

 階層設計案と無許可建築物製造の禁止する法案。
 人口問題は現在他国進出を生みだし、一部では占領とも言われている。
 進出を完全に禁止するわけではなく、各種事情によって藩王自ら推進したい案件でもあります。
 時に政治問題に発展しやすい内容のため、藩王に相談することを約束してほしい。

081201 第零階層を中心とした地下施設、開発について

 FEG:共和国環状線を安全基準中心とした法案
 L:駅ビル(FEG)(施設)
  *駅ビルの施設カテゴリ = 国家施設として扱う。
  *駅ビルの位置づけ = 輸送施設として扱う。
  *駅ビルの特殊 = 共和国環状線に参加することを示す。
  *駅ビルの特殊2 = 非改造者にもやさしく、金がなく、またマスクなしでも呼吸できる。
  t:→次のアイドレス = たくさんのお祭り(強制イベント),砂漠の滅亡(強制イベント)
 ※今後のテーマは「非改造者にもやさしく」「金がなく」「またマスクなしでも呼吸できる」のFEG全土の改善である。
 ※生身を大切にし、格差の再生産を阻止し、空気を清浄化することである。
 ※藩王も生身のため、空気が無いとダガーマンが活動できなかったりもする。

081201 第一階層を中心とした環境保護法について

 1)砂漠緑地化を併用した、再緑地化。
 2)森:植林、伐採規制、資源利用。
 3)空:空気清浄化、エアカーの交通管理。
 4)光:日照権、太陽エネルギーの使用。
 5)風:エネルギー対応、風力発電など。
 6)振動エネルギー対応。
 7)地殻エネルギー対応。
 8)水:汚水制限、下水処理などによる環境保全。

 特に、空が見えず、大地がコンクリートで埋め尽くされているため、
 シリーズ「未来を変える運動」パート1
 未来を変える運動~人間の形質を最後まで守ること~環境と経済とアイドレス→090302 目次へ。
 これらの環境に対する指針なども参考に、FEG一同、対処していきたい。

081201 居住について

 住居を企業買収などにより強制移動させられぬように管理する法案、援助案。
 FEGの高層化に対して制定されている。

081201 労働について~その1

 FEG国内に即した労働基準法。登録証の発行や教育機関なども盛り込んでいる。
 081021 人身売買対策に引き続き不法労働力確保の禁止を再度謳っている。
 先だってFEGに巣くう(逃げ込んだ)人身売買組織が壊滅されたことにより、自浄作用は効果を発揮している。

081201 労働について~その2

 サイボーグ対応政策。射出便利舎に繋がる法案である。
 FEGの発展による環境悪化の対策としてサイボーグ化をした国民、または開発特化して採用された機体などを主に対象とする。
 経済効果として医療関係が伸びるため、共和国の一員として、サイボーグ→生身に戻るための支援などを制定している。

081201 労働について~その3

 労働環境の保全。安全向上。汚染軽減などの条項。

081201 労働について~その4

 税収について~格差の再生産を阻止する法案。
 FEGは高所得者ほど高納税者であり、藩王含め国家支援のために巨額を放出している。
 それらを前提に高所得の企業体などにも理解を求め、暫定傾斜税率を導入する法案。
 FEGは「富めるものほど納税する」と、いう形になっており、藩王含め、首脳陣は率先してそれらを行なっている。


●各国との政策(FEGの歴史)

081027 流言蜚語に関する声明

 リワマヒ国がクーリンガンと手を結んだという流言蜚語に関する声明。
 マンイーター事件への伏線だったのかもしれないが、リワマヒ国は盟友であるため、この時点での政策は正解だと考える。

081203 FEGビル爆破について

081209 憲章発令とテロ行為に向けた声明

 玄霧藩国と連携して対応された声明。これにて、互いの内乱は回避された。

081213 光の国聖誕祭における演説

 FEGが暴走せず、共に和するための内容

081203 ネコリス誘導のお願い

081215 開戦における避難勧告

081216 星見司からの情報と追加避難勧告

081217 FEGの逆襲

 VSエリスタン。各国の協力に感謝します。

081203 共和国大動員令対策法 批准

081209 共和国聯合憲章を批准

090211 にゃんにゃん共和国共同政策 批准

 共和国全体の動きに協調する数々の批准政策。


●FEGの歩み

 ■ターン1
 EV008 ”新型I=Dの設計” EV011 ”テストパイロット出撃”
 EV014 ”食糧増産命令” EV015 ”I=Dの量産”
 これらで、FEGは各国から資源・食料・燃料の貿易が必須と判明。

 ■ターン2
 EV018 ”はじめての戦争” EV020 ”レンジャー救済法可決”
 国民数の多さで戦力を出す、前線国家となることが決まる。
 市場の重要さを学ぶ。市場崩壊その1:タマ大統領失脚。

 ■ターン3
 EV035 ”FEG査問会→シナリオ分岐”
 是空、タマに捕まる。共和国藩王が完全連動したのもこの時期から。

 ■ターン4
 EV051 ”是空の春” EV053 ”FEGの死闘”
 EV056 ”同時多発爆発”
 初の大型戦闘連発。FEGはいつでも最初に事件勃発(笑)

 ■ターン5
 EV065 ”FEGの戦い”
 滋賀小助(ACE) レイカ(ACE) 岩手(ACE) を救出
 EV067 ”共和国の行く末” EV072 ”共に和す故、共和制”
 共和の意味合いをかみしめる時期。

 ■ターン6
 EV082 ”食糧恐慌” EV083 ”降伏勧告”
 核投下。多面作戦が多くなり、各国が各国で対応しないといけなくなる。
 全体で見ると、ちょっとだけ、連携が薄い。
 EV084 ”その花は1000億にゃんにゃん”
 この辺は連携した。

 ■ターン7&8
 EV091 ”ガンパレード・ブルー” EV094 ”ノワールの戦い”
 EV095 ”ルージュの戦い” EV096 ”宇宙の戦い”
 EV097 ”ベールの戦い” EV098 ”九州会戦”
 大戦争。とにかく戦いの日々。帝國も共和も関係なく。ターン9へと繋げる。
 EV-EX ”ロジャー奪還”
 なんか、黒と仲良くなった気がする。(是空談)

 ■ターン9
 EV101 ”ラーカウ要塞攻略戦”
 EV102 ”白いオーケストラ再び”
 EV103 ”帰る場所を守るための戦い”
 アイドレス1のオーラス。参加重複がほとんどNGだったため、多面作戦。
 ターン7~9のFEG出撃率は異常。
 その後、別枠で「是空救出作戦」なんてのもあった。皆、世話になった。

 ■ターン10
 EV105 ”自由なるにゃんにゃんの旗の下に”
 冒険ゲームや内政のフォローに動く。FEGは政策でも戦うことになる。

 ■ターン11
 EV114 ”第1波”
 EV116 ”第2波”
 EV119 ”ダガー伝説とおる(第3波阻止)”
 共和の対空の弱さを噛みしめた。ダガーマン登壇。活躍開始。(青への道へ)

 ■ターン12
 EV125 ”外交戦”
 EV126 ”内政戦”
 EV127 ”FVB逆侵攻”
 EV128 ”共和国大統領選挙”
 外交、内戦、戦闘支援、選挙。各位が前線で働く。

 EV129 ”ひとまずの休み”

 ※この、休みの間に内政関係は加速していく。

 FEGで言えば、公害(国内の建設ラッシュ)や他国(ナニワなど)への汚染。

 早期解決の方法は金(資金投下)と政策(函、生活ゲーム)とイグドラ(アイドレス枝取得)の三本柱。
 これらが絡めば、国は大きく変えることができることを学んだ。

 これらの早期対応・解決により、FEGは光の国と呼ばれるようになる。

 ■ターン13
 是空が大統領業務で超多忙化する。
 対抗策として、鷹野徹(ACE)召喚、内政部隊をFEG国内へと対応させるべく準備開始。

 そして、新規政策にて事前対応することで、ターン14へと繋げていきたい。

 以上がFEGの大まかな歴史……共和国の転機にはほとんど関係しているので、全体的になってしまった。失敬。
 まぁEV090-3 ”護民官出動”で各国にご迷惑おかけしました……。
 とか、ほかにもナンバリングイベントになってない歴史が真の歴史かもしれない。

 ともあれ、上記を乗り越えてFEGは成長し、次のステージに行かなければならないことを認識しております。