FEG@wiki 090302 まとめ

●まとめ

 ●資本集中について
 ○FEGの発展とは?=砂漠の国から光の国へ。

 資本集中についての話題が何度もありました。
 一局政権を危惧する声もお聞きしております。

 資本が集中しないと投資ができないので経済が発展しないという裏理論がありまして……。
 藩王もこの辺は悩んでおるそうです。
 FEG国民の努力を各国に理解してもらうために、今後も尽力するそうです。

 FEGの経済発展の恩恵は多くの国が受けているはずではありますが、盲目的に応援できない。
 と、いうのも人の心でしょう。

 人の心がある以上、各国との軋轢や国民たちの感情面もまた、存在します。
 そして、それは当然である。とも考えます。

 ~自然敬愛の方面から考えれば光の国はありえません。
 ~FEGの悲劇は都市化であり、砂漠の国の人情が捨てられている。
 ~光の国が生み出す力は強大であり、気付かぬ場所で生み出される闇もまた強大である。
 ~藩王(大統領)のひとことで各国の経済が左右される操作は異常である。
 ~昔の方が良かった。砂漠の民が心配だ。

 上記は、様々な人々が指摘する負の面です。
 実際、その負の面は存在するでしょう。
 ですが、FEG国民はそれらを乗り越える気概を持っていると感じています。

 藩王:是空とおるを中心とした国民一同の戦いの歴史やその背中を見ているはずです。

 現在、藩王が見つめる未来は「是空がいなくなっても機能するFEG」です。
 そのための「循環型社会」であり、「恩恵を次の者へ」という教えです。

 FEGの伝統的な価値観。
 砂漠の国の時代には「循環型社会」は完成していたのではないか? と、推測します。
 人々は自然と共生しながら環境にやさしい暮らしをしていたはずです。
 元来、FEGには自然を愛し、慈しむ心とモノを大切にする精神が染みついているのです。

 その後、FEGは高度経済成長を達成し、その代償として発生した公害問題を克服しました。
 これにより、高度な環境技術を持つ技術立国を果たしました。
 それが、FEGであり、光の国です。

 FEGの持つ伝統的価値観と先進的な環境技術、深刻な公害問題を克服した経験値を全世界に発信し、貢献する。
 これが、FEGの最終形態です。
 もちろん、各国が独自に持つ技術、取り組みを国際交流で学び、さらなる経験値を積み重ねることは言うまでもありません。 

 大きな事業をやり遂げるために、更なる努力、苦難を藩王は乗り越えるでしょう。
 そのために、再び皆さんの力を貸してあげてください。

文責:鷹野徹(ACE)