FEG@wiki 090302 環境その9~FEGの家庭と環境問題

●FEGの家庭と環境問題

 資源浪費・ゴミ問題・電力消費が与える環境問題。
 買物と食卓と暮らしのエコ協力により環境破壊の停止。
 省エネ・自動車環境の改善による自然との共存など。

 すでに多くの問題を政府・企業、現在までの法律により提示してきました。
 最終的に環境改善の鍵を握るのは国民の皆さんです。

 自然との共生を再び。

 ○環境教育
 環境と生命の繋がりを学ぶのが環境教育です。
 環境問題に関する知識を身につけるだけでなく、自身以外のすべての「環境」を敬う心。
 すなわち国・民族・世代を超えたすべての人々も「環境」です。
 共和国にすら存在する国境、帝國との戦圧、他世界からの侵略、オーマ・竜族などの他種族などの様々な「環境」。これらすべてと共存するための道を模索しなければいけません。

 生きとし生けるものの命を慈しみ、共に生きていく姿勢を身につけること、その「環境」を守るために自発的に行動できる心を育成することが環境教育の目的です。

 関心:環境に対する関心と感受性を身につける。
 知識:環境に対する基本的な理解力を身につける。
 態度:環境の改善に積極的に参加する態度を身につける。
 技能:環境問題を解決するための技術を身につける。
 評価:環境状況や教育プログラムを評価、確認する。
 参加:環境問題に対する責任や参加を支援する。
 (ベオグラード憲章参照)

 段階に応じての企業や政府への警鐘。
 セプテントリオンへの対抗策、情報交換などが重要視されます。