FEG@wiki 090302 環境その8~FEG企業と環境問題

●FEG企業と環境問題

 ○環境と社会と経済のバランスの確保
 ○環境保全活動・環境配慮製品・環境対策技術の推進

 環境を保全したほうが経済は発展します。

 環境保全用の設備導入、環境税ほか、政府側の税金のUPによる規制などが企業としては苦痛や損に繋がっているという見解もあります。
 しかし、社会全体で考慮すれば、企業が環境保全を推進しない限り、環境は悪化し、商品を購入する人々の健康は阻害され、結果として社会や経済が麻痺します。

 そもそも、FEGでは環境保全活動・環境配慮製品・環境対策技術の開発などの企業を応援する側面を持っています。
 これらは企業、政府、そして家庭の環境問題への意識の高さであり、連携です。

 ○企業の社会的責任
 企業は社会への大きな影響力や権限を持っているため、果たすべき多くの責任が存在します。

 「税金を払えば社会的責任を果たしている」

 この考え方は問題があります。
 たしかに、短期的に考えれば正解かもしれません。
 しかし、FEGは公害問題などの苦痛からの脱却を目指す際、長期的存続による企業活動を支援する方向に生まれ変わっています。
 その際、企業のみならず、政府も家庭もそれぞれが歩み寄り、現在があります。

 消費者、地域住民、従業員、環境などの企業と関係する利害関係者と良好な関係を維持することが企業に課せられたテーマであり、責任です。

 ○非営利活動を通じた企業の社会的貢献
 福祉・芸術・教育ほか、様々な分野へのボランティア活動。
 先だってのODAなどもこれらの一環と考えられます。
 直接の企業の利益には結びつかない慈善活動ではあるものの、従来の事業活動の枠を超える豊かな社会作りは新規事業の発見や健全な精神の育成に繋がる行為であり、FEGの平和を構築する一翼を担っているという意識を持って推進していきたい。

 ○企業の社会的責任活動への投資
 企業価値を高める意味合いでも、慈善活動だけではなく、従来の事業活動の中から出来ることを発見していくことも重要であり、社会貢献活動は長期的に見れば企業の競争力の強化にも繋がります。
 社会の意見を反映させることはその評価に繋がります。

 昨今のFEGの投資家には、これらの企業投資選定の際には社会的責任投資を視野にいれ、経済的観点のみならず、環境・社会・企業統治体制などが良好な長期的に継続する企業体への応援を支援したい。

 ○環境コミュニケーション
 企業体はなんらかの問題が発生した場合、政庁城へと報告・連絡・相談する義務を持つ。