FEG@wiki 090302 環境その6~大統領府と環境問題

●大統領府と環境問題
 温暖化・オゾン層破壊・酸性雨
 エネルギー問題

 国際問題・開発途上国の環境問題
 国際条約
 ほかの国の環境対策

 1:汚染源と被害地域が違う・離れている。
 大気汚染は藩国の国境の関係でまったく別問題として処理をされている可能性はあります。
 しかし、技術の流出(クローン・機械化・遺跡関係)は全藩国に影響を与えました。
 そのほか、開拓進出(西国が西国。などは問題が起こりにくいが、西国が森国。などだと森林伐採、経済の変革など、諸問題が起きやすい)、ゴミ問題(FEGとナニワ藩、解決済みではあるが、国民心情は残っている)など、環境問題は時に各国に分派することがあります。

 2:途上国での環境汚染への対応。
 途上国では環境対策に目を向けずに農地開拓や工業化を進め、環境汚染を招く場合があります。
 予算や技術の問題でもあるため、先進国の資金援助や技術転用が求められます。
 なお、具体的に言う開発の波は西国→森国などがあり、特にFEGからの支援・開発介入に関しての是非が問われております。
 しかし、昨今、未政策によるアイドレス取得・開発は方向性によっては弊害を生むことも明らかになっております。
 例:よけ藩の巨大ドッグには西国支援が存在した。
 例:akiharu国の宇宙ステーションには宇宙技術を持つセプテントリオンの介入が存在した。
 例:FEGも魔術系に走ろうとすれば、森国からの支援やTLOの発動などの弊害が生まれる可能性が高い。
 つまり、現状では各国が推進した政策からの転換は他国や他勢力の介入により可能となっている。
 と、考えるのが素直な経緯となります。

 FEGは光の国と呼ばれる直前は大気汚染問題など、各種問題を内包しておりました。
 この段階からの脱却は多くの技術・政策投下が存在します。

 他国への政策介入は根底的に望まれるものではありませんが、連携することでの悲劇回避は行うべきです。
 例:FEGとキノウツン藩国の緑地化への連携・技術交換など。

 環境の悪化を止めるため、他国での経験や政策を学ぶことは重要です。

 3:環境対策の公平化
 環境問題などはまだ原因と結果の因果性が不透明なものは多いですが、各国の歩調をあわせた際の効果の高さはすでに様々な問題への対応で立証されています。
 国家の規模による取り組みの大小は存在するにせよ、どの国も藩王はひとり存在します。
 各藩王がこれらへの意識を強化し、足並みを揃えることが重要です。

 大統領府はそれらの足並みを揃える作業と連携、牽引の役割を担います。