FEG@wiki 090302 環境その3~環境と経済と着用アイドレスの新常識

●環境と経済と着用アイドレスの新常識

 「環境と経済とアイドレスの好循環」これをFEGの新常識として認知していかなければなりません。
 以前のFEGの最大の問題は経済発展のために環境問題を後回しにしていたことだからです。

 これまでと同じペースで人口が増加し、経済が成長し、その一方で環境保全を無視すれば、環境悪化による国家滅亡が待っています。

 逆に「経済」を無視しても「環境」の保全対策は難しく、環境問題解決のためにも経済活動を止めることはできません。
 経済が生み出す資金が環境保全活動を支えている現実も存在するためです。
 これらは環境税や居住・食品・消費などの関税によって支えられているのが通常の社会です。

 「経済が生きるための食事」「環境が生きるための場所、住宅」とたとえたとしましょう。
 環境問題を無視して経済発展を目指すのは、雨漏りする家の中でごちそうを食べ続けるようなものであり、食事を我慢してでも家を補修しなければ生活ができなくなり、家を豪華にし続けて食事を我慢すれば餓死してしまいます。

 また、食と住を例にたとえましたが、衣食住の観点から「衣」とはなんでしょう?
 衣食住をこれらの例題にたとえた場合。

 衣=アイドレス
 食=経済
 住=環境

 と、なります。
 健全な経済と環境。そこに健全なアイドレスという衣をまとうことが大事なのです。
 アイドレス=精神。と、呼んでも良いでしょう。
 経済や環境をいくら整えても、使用する我々の精神がお粗末では、すべては意味を成さなくなってしまいます。

 健全な精神とはなにか?
 冒頭にも説明したように「恩恵を次の者へ」受け継ぐことです。
 たとえば、僕(鷹野徹)もいずれはこの世界から消えます。
 ほかの世界に支援に行くのか、死ぬのか、それはわかりません。
 ただ、生きるものはいずれ、次世代へと何かを引き継ぐものです。
 健全な精神は利己的ではない精神が生み出す平和を作り出すことができます。
 利己的ではない=押し付けではない。
 「他国の幸せとは何か?」を考慮し、自己の幸せを他者に贈る場合、押し付けにならないように一考する。
 「恩恵を次の者へ」贈ることは利己的であってはいけませんが、決して忘れてはいけない精神です。

 我々は消えても、アイドレスは残る。
 次世代へ何を残せるか?
 これが「環境と経済とアイドレスの好循環」の根底のテーマだとお考え下さい。

●どれを取るか? どれを選ぶか? という発想を捨てる
 我々は少なからず衣食住にお金をかけて生きています。
 どれも必要なもののため「どれをあきらめる」という考えはあまりないはずです。
 環境と経済、着用アイドレスは我々の将来に不可欠なものであり、「共存させるにはどうするか?」を考えましょう。

●共存の道
 1:エコロジー技術の開発と普及
 自然エネルギー技術、省エネ商品技術、リサイクル技術、代替(燃料などの)技術。
 代替燃料のためにコーンやビーンほか(食料)を消費するのはさらなる【環境破壊・生態系の変動を生む可能性】があるので熟考する。
 食料あまりが現実のものであり、各国に分散してもあまるのであれば、代替燃料にすべき。
 基本戦略は自然エネルギー技術、省エネ商品技術、リサイクル技術の3本柱。

 2:エコノミーライフスタイルの開発と普及
 リフォーム、レンタル、資源の長期保存精神。

 3:新規アイドレスの開発と普及
 学業系、医療系、環境教育、情報提供、技術開発。

 では、これらの共存の道を4つのテーマ+αに分けて考えましょう。
 FEG・家庭・企業・政府+大統領府です。

 ※なお、これらの考え方を基軸に各国支援、自国の労働力の確保、などの循環を狙ったのが「射出便利舎」です。
 http://tkt.lix.jp/sb