FEG@wiki 081201 労働について~その4

081201 労働について~その4


●税収について

目的:
 貧しい環境で育つ人々は成人しても貧しいという、格差の再生産を阻止する。
 FEGは高所得者ほど高納税者であり、藩王含め国家支援のために巨額を放出している。
 それらを前提に高所得の企業体などにも理解を求め、暫定傾斜税率を導入する。
 他者、他国の富みが発展すれば経済が回り、最終的にFEGも潤う。という循環の考えを根底に引いている。
 すなわち、富めるものからの放出を推進するが、富めるものから搾取する法案では無い。

 企業理解を求めるため、藩王含めた国民や企業との対話を重要視する。

政策:
1)すでに施行済みの政策を中心に対応する。
 081028 案件:FEG経済集中の拡散について(ODA導入について) http://www.zekuu.com/field/12orip/081027ODA.html
 081021 人身売買対策 http://www29.atwiki.jp/feg2/pages/281.html

2)税収の調整など
 税収、税率は半期に一度、または戦火時などの場合に調整をかけることとする。
 当然ながら、高所得企業が存在するからこその税収であり、各種政策に準拠する優良企業は伸ばし、支援する。

3)実体経済の推進
 IT技術の発達を推進する反面、実体経済(モノの生産やその消費に関わる経済)も推進する。
 実体経済とマネー経済の総資産が50%:50%を理想とする。
 個人資産家、他国取引、先物買いなどを代表とするマネー経済(株取引など)の取引手数料を高める。

4)貿易協定の設定
 貿易摩擦、ダンピング対策を行なう。
 特にダンピングや外資確保などによる経済戦争を監視する。
 状況によってはセーフガードによる輸入制限措置も視野に入れる。
 081027 NACトレーサビリティ制度導入 http://www29.atwiki.jp/feg2/pages/278.html