FEG@wiki 081201 フィールド・エレメンツ・グローリーの人口と階層

081201 フィールド・エレメンツ・グローリーの人口と階層


●階層設計案と無許可建築物製造の禁止

 フィールド・エレメンツ・グローリーの階層構造。

 -4:宇宙ステーション
 -3:空中庭園 or 第三階層居住区 or 大統領府? or FEGAG(Aerial-Garden?
 -2:居住層(雲上層):太陽エネルギー・緑地化推進居住区、80階以上での公園地帯など。
 -1:地上層(雲下層):工業・商業・可能範囲での農業生産地区・保護区、一部平地もあると想定。
 -0:地下層:シオネ・アラダ遺跡保全、環状線

 第3階層、および第4階層の構造は未定。大統領府は別途構築の構想もあるため、現状は大統領府機能がFEGに存在する状況。

 政庁城を中心とした部分は高層化されており、その全体敷地面積はFEG国内の1/2~1/3。
 中心部は高層化居住区となっており、無限に高い。過密化した人口を高層化にて対応している。
 政庁城から離れるほど、なだらかに階層は低くなり、地上層には一部ではあるが平地も存在する。
 なお、現在は可能な限り人工灯に頼らない日照確保は検討されている。

 地上層のスラム化を防ぐために、浄化装置や太陽灯、保護区などを設置する。
 なお、これらの監視には是空とおる(PL)、是空とおる前期型、ぜくうとおる、是空とおる後期型、鷹野徹などが連携する。
 他のACE陣営にも協力を求めることとする。

 FEGの人口はT12終了までで3240万人、さらにその後、藩王の大統領就任後としても経済発展しています。
 当時(現在は法案にて規制を行なっているが)入国規制をしているわけではないため、「空前の経済発展」とまで言われた現状では、労働者が流入して倍近くに膨れ上がっていることも考慮できる。

 公爵としてもらえる藩国の面積は
 縦10×(公爵として1.5×1.5×1.5×1.5)×横2×(公爵として1.5×1.5×1.5×1.5)=50.625×10.125=512.578(平方km)
 大体北海道根室市ぐらいの広さです。
 比較対象として、東京都の総面積が2187平方kmで、FEGの約4倍ぐらい。
 東京都の総人口は住んでる人の人数が2005年の時点で1257万6601人。
 (もちろんこれはあくまで東京都の登録人口であり、出勤者、労働者が一日に東京に集まる人口ではない)

 FEGは東京都の1/4の面積に対して3240万人。(東京の約2.5倍)

 これらの打開策として高層化されたのは理解できる部分である。
 また、山岳部を開いや高層化、最低でも政庁城周辺の商業地区の総ビル化と居住区のマンション化、高層化はすでに行なわれているものと思われる。
 南北の農業・工業・緑地化地帯などは各種イグドラシル藩国要点にも含まれるため、完全に無くなったとは判断が付きにくく、政策上は保護区と設定する。

 その上で、基本的に宅地は完全高層化し、日照不足分は太陽灯にて確保。
 屋上緑化だけでは高層階の人しか利用できないので何階層か置きに層内公園とか作る形で環境を確保する。

 また、FEG国民、および全FEG登録企業が他国に宅地開発する場合、特殊建造物を設計する場合、藩王・または摂政の認可を得ること。
 (他国進出による植民地化を防ぐ意味合いと共に、進出国家は政治相談にて決定しなければならないため)
 これらは「特別住宅地」などの開拓などの特殊性を有する物件も可能範囲で禁止するものである。