FEG@wiki 第零階層を中心とした地下施設、開発について

081201 第零階層を中心とした地下施設、開発について


●地下施設開発基準法

目的:
 シオネ・アラダ遺跡保全保護法を支援すると共に、地下施設関係をすべて確認、管理する。
 また、地下という閉鎖空間を活用した安全技術を広くFEGに安定させる。
 一部税率の増収が存在するが、環境対策を提示しつつ、FEG:共和国環状線の使用許可などの輸送コスト削減の誘致などで対応する。

 それぞれの施設に対する政策を個別に発令する。

●FEG:共和国環状線:http://electriclifes.web.fc2.com/idress12/line/
 物資の運搬と旅行者の移動を兼ねた地下路線。ステーションホテルも完備されている。
 手すりの設置は勿論のこと、点字ブロックや音声案内など高齢者や体の不自由な人の為のバリアフリー対策も打たれている。
 環状線開通に伴い各種イベントが開催中。
 L:駅ビル(FEG)(施設)
  *駅ビルの施設カテゴリ = 国家施設として扱う。
  *駅ビルの位置づけ = 輸送施設として扱う。
  *駅ビルの特殊 = 共和国環状線に参加することを示す。
  *駅ビルの特殊2 = 非改造者にもやさしく、金がなく、またマスクなしでも呼吸できる。
  t:→次のアイドレス = たくさんのお祭り(強制イベント),砂漠の滅亡(強制イベント)
 なお、この施設においては
 http://electriclifes.web.fc2.com/idress12/line/staff/staff.htm
 全体指揮:03-00041-01是空とおる
 製作指揮:03-00045-01久珂あゆみ
 施設企画設計(設定上):是空素子
 などの総力にて開発されている。(設定文章より)

政策:
 ※FEG:共和国環状線は藩王ほか、総力を結集しているため、技術力、安全面なども最高峰である。
 ※駅構内自体の安全基準も高いため、このケースを現在のFEGの安全基準として推進する。
 ※地下地盤の安定は、シオネ・アラダ遺跡の保全を目的とした側面も持っている。

●燃料生産地:http://www.zekuu.com/field/02job/51work.htm
 FEG北部に存在し、生産地の関係上地下からの油田開発を行なっているのは周知の事実である。
 砂漠の滅亡(強制イベント)もあるが、これらは重要拠点でもあるため、政策としてこれを保全する。
 FEG、ひいては西国人をを成り立たせてきた砂漠の減少を止めるべく、国土数箇所に環境保護公園を設定する。
 同地域内では国家による特別認可のない建築物・開発・その他人造物による加工を禁止する。
 この環境保護公園は公園保護官らによって運営・監視を行う。必要な保護官については広く人員を募集する。

政策:
 ※緑地化地域はシオネ・アラダの恩恵であるため、これを保全する。
 ※天然資源、原油や天然ガスの精製効率化を図る。前提として、大気クリーン化を目的とする。
 ※これらの安全基準はFEG:共和国環状線安全施設に準ずることとする。

●その他の地下施設

政策:
 ほか、地下にI=D開発地域やサイボーグ研究所なども存在すると思われる。
 これらすべての環境条件はシオネ・アラダ遺跡保全保護法およびFEG:共和国環状線安全施設に準ずることとする。
 地下施設の一定期間での点検、調査を行ない、不正開発を禁止、摘発する。