FEG@wiki E98 偵察

作戦

   【陣形】
   ・縦列隊形で周囲360度をカバーするように偵察隊の一人一人が視界を分担する。
   ・先頭の兵がポイントマンとして隊を誘導し、後続が側面や後方を警戒する。
   ・単独行動は厳禁。最低でも必ずバディとペアを組んで行動すること

   【体術】
   ≪全般≫
   ・退路を複数確保、また隠蔽潜伏後は極力身動きしない。また視界を重複させ見落としを極力なくすこと。
   ・目標を確認し次第、随時後方隊へ連絡。敵目標の種類にしたがって交戦か撤退かを知らせる。
   ・味方部隊と情報を常にリンクさせ、現在地点と偵察ポイントを分析し、探索範囲の絞込みを行なう。
   ・敵発見の場合、瞑想通信等速やかに本部へ連絡したのち、継続して監視を行い戦闘部隊の準備が整うのを待ってから敵の誘導を開始する。
   ・逆に敵に発見された場合、即座に本部へ連絡し、誘導と足止めを行ないつつ後退し、戦闘部隊のいる場所まで敵を誘導する。
   ・敵がいない場合、引き続き監視を行い、本隊到着まで待機する。
   ・遮蔽から遮蔽へと縫うように移動。
   ・偵察視界は広域警戒
   ・おおまかな位置を予知夢などで把握する
   ・展開箇所も既に敵勢力下となっている為、周辺の敵には極力警戒。偵察に必要な以外の挙動は一切取らない。
   ・得られた情報は森国人の瞑想通信等で、各部隊が共有。
   ・目立たないように匍匐移動やカモフラージュで身を隠して、詳細な位置を確認する。
   ・移動は匍匐と忍び足。枯れ木に注意
   ・地形地理を最大限生かして、身を隠しながら移動する。
   ・敵にこちらの存在を発見されないよう、なるべく森や林に身を隠して偵察する。
   ・偵察する際は、「いつ、どこで、どの程度の規模の部隊が、なにを装備し、なにをしていたか」を確実に把握し、仲間に伝える。
   ・地形は、可能なら、作戦前にあらかじめ調べておき、変化がある場合のみ報告することで、連絡にかかる時間を短縮する。
   ・斥候中は、遭遇戦が発生したり、敵に待ち伏せされたりすることがあるので注意する。
   ・敵の攻撃が脅威でない場合は、威力偵察も視野に入れる。
   ・威力偵察を行う際は、本格的な戦闘に発展してもいいように準備しておく。
   ・威力偵察の目的はあくまで偵察であり、戦闘よりも部隊の帰還を優先することを認識しておく。

   ≪情報収集≫
   ・敵の規模を数字や種類など具体的に調べて本隊に伝える。
   ・敵の行動、位置、見つけた時間、装備などを具体的かつ詳細に調べる。
   ・五感を使い、特に視覚と聴覚を駆使して探索を行う。
   ・偵察地域全体を広く見渡した後、目だったものや気になるものを探す。
   ・先入観を排除し、五感で感じたものをすべて拾い上げるよう意識する。
   ・足音や声、移動の際の騒音など不自然な音も聞き逃さないようにする。
   ・必要に応じて地形スケッチしたり、カメラの映像を送る。
   ・足跡や目印などの不自然な痕跡がないかを調べる。
   ・反射光やものの影、色、敵部隊の移動の様子を的確に捉える。
   ・視界を重複させ見落としを極力なくすこと。
   ・必ず斥候を出す場合2人または3人1組で斥候を出す。
   ・あらかじめ不審な場所には石か何かを投げ込んで安全を確認する。
   ・安易にライトで照らさずに暗視装置か夜目を利かせて確認を行う。
   ・視覚だけではなく温度・湿度計などを使用して先ほどいた地点と周辺環境に異常がないか調べる。
   ・少しでも以上があったら本隊と連絡して対策を練る。
   ・敵の反応やトラップがあった場合、本隊に報告して直ちに本隊と合流する。

   ≪通信≫
   ・通信は極力短時間で必要なときのみ行う。
   ・本部と情報をリンクさせ、現在地点と偵察ポイントを分析し、探索範囲の絞込みを行なう。
   ・敵発見の場合、速やかに本部へ連絡したのち、継続して監視を行う。
   ・目標を確認し次第、随時仲間部隊へ連絡。敵目標の種類にしたがって交戦か撤退かを確認。
   ・偵察は出来る限り高所から、身をひそめて偵察のみに専念し、敵の行動を攻撃班、狙撃班に伝える。
   ・偵察ポイントは、其々の死角をカバーするように配置すること。

   ≪移動≫
   ・急に移動したり、姿を現さない。
   ・建物や森、谷、くぼ地や土手など遮蔽物のあるルートをとおり、目立たないように移動する。
   ・低い遮蔽物の背後で移動するときは匍匐前進で進む。
   ・遮蔽物から遮蔽物の間はダッシュで一気に移動する。
   ・物音を立てずに移動したいときは静粛歩行で移動する。
   ・敵に発見された場合に備えて退路を確保しておく。
   ・いきと帰りでルートを変更し敵の追跡をかわす。
   ・退路を複数確保する

   ≪夜間、暗視≫
   ・暗いところや夜間の偵察には暗順応を利用したり、周辺視野を生かして観察する。
   ・夜間であることを利用し、闇にまぎれる。

   ≪隠密行動≫
   ・敵に見つからないよう体の線を背景に溶け込ませて目立たないようにする。
   ・物陰に潜み、影から体が出ないようにする。
   ・目立つ色は排除し、周囲の色に自然に溶け込むようにする。
   ・物音をださないように無線は簡略な通信にとどめ、部隊内では手信号などで連絡をとりあう。
   ・空き地や斜面、足場の悪い場所は避ける。
   ・ゴミを出したり、足跡を極力残さないようにする。
   ・隠蔽潜伏後は極力身動きしない。
   ・敵にこちらの存在を発見されないよう、なるべく森や林などの障害物に身を隠して偵察する。
   ・迷彩や林、地形を使用して姿を隠蔽する。
   ・目立たないように匍匐移動やカモフラージュネットで身を隠して、対象の詳細な位置を確認する。

   ≪帰還≫
   ・可能ならば、偽装工作によって敵の追撃を躊躇わせる
   ・足の遅いものを護衛と共に先行させ、殿は戦闘力の高い者が行う。
   ・脱出経路と手段を予め把握もしくは戦闘中に入手しておく。
   ・倒した敵から、敵に関する情報を出来る限り入手解析。予め頭に入れておく。
   ・どこも構造は似ているのである程度分かる
   ・現地のエースに撤退のルートに関して助言をしてもらう
   ・迅速に脱出する為、戦闘は極力控える。
   ・隠密行動しつつ速度重視で脱出をはかる。
   ・背後を狙われる危険性もある為、必ず背後を警戒する。
   ・魔を使い攻撃させて脱出の援護をさせる
   ・付近の隔壁などを閉鎖し、時間を稼ぐ。
   ・移動通路の一部を破壊して敵の足止めをはかる。
   ・姿勢を低くして移動することで敵の矢弾に当たりにくくする

   【装備】
   ≪装備≫
   ・装備しているものが反射しないように光るものは取り外したり色を塗りつぶす。
   ・音を立てそうな装備品ははずしたりテープで止めて固定したりする。
   ・負傷時に備え負傷者輸送用のハーネスは必ず持っていくこと

   【地形】
   ≪市街地≫
   ・道路が整備されており、速やかに部隊展開が出来る
   ・街路や建物を背景として敵の姿を確認しやすい。
   ・隠蔽や防御に使える建築物がたくさんある。
   ・放置されている車両に身を隠せる。
   ・建物の中や、屋根の上で身を隠せる。
   ・移動するときは常に建物の壁を背にして敵から見えにくい位置を取る。
   ・建物の中に敵が潜んでいることを警戒し、身をかがめながらすばやく通過する。
   ・建物が壊れているので、瓦礫の山に身を隠せる。
   ・見慣れている風景なので異質な存在である根源種族は見つけやすい
   ・市街地詳細地図の存在による敵の侵攻経路・展開等の予測
   ・大規模な軍隊(根源種族)は市街地では侵攻展開速度が比較的鈍る
   ・入り組んだ路地は大型の平気には邪魔でしかない為、歩兵には攻防共に有利である。
   ・屋内や狭い道では素早く接近でき、また距離を離されにくい

   ≪山林≫
   ・周囲の森や林、くぼ地に身を隠す
   ・土や枝、葉っぱをかぶせて偽装する。
   ・枝葉などを使って偽装するときはなるべく自然な模様になるようにする。
   ・偽装に使う植物はその土地の気候にあったものを選び、定期的に交換する。
   ・森林の模様をした迷彩服を着る。
   ・偽装用ネットを使う。
   ・皮膚に擬装用のペイントを施したり、どろやすすをつかって迷彩を施す。
   ・歩兵による伏撃が可能
   ・木々を遮蔽として身を隠す事が出来る
   ・木々や凹み地に伏せて衝撃を緩和
   ・密度の高い森林地の場合、大型機はつっかえるため行動の邪魔が出来る
   ・歩兵ならば小さいので、活動に支障がない
   ・木に登る事で上から攻撃することが出来る
   ・下生えや木の根、木の洞などに身を隠す事で防御効果が期待できる
   ・高低差、木々により入れる戦力に限りがあるため、敵戦力の選別を行える。(ただしこちらも歩兵、山岳騎兵に限られる)
   ・機動力はあまりないが歩兵であれば、この地形でも踏破可能。

   ≪段々畑≫
   ・通常の滑らかな丘陵地帯と違い、段があるために彼我に高低差がある場合(ない場合でも一応)遮蔽として利用できる。
   ・畑(水田)は土が軟らかく、またはぬかるんでいるため自重で沈み動きが取りづらくなる。
   ・自重の重い敵は大幅に動きが制限される。
   ・足場の悪くなることを嫌い、あぜ道を通ってくる敵は一直線になるため射撃の的にしやすい。
   ・作物が育っている状態では茂みとなるため隠れることができる