※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●エンゾ早川と行く天城の渓流釣りツアー●

http://www.roadbike-lodge.com/20enzoamago/enzoamago.html
実は渓流釣りの達人(本当かどうか疑わしい)エンゾ早川と
秘密のポイントでアマゴ釣り!!
しかしエンゾファンで釣りも好きという人間がそうそういるわけもなく、
早速集客に困っている模様。
アマゴより人間を釣り上げるためのツアーになってしまった。

エンゾ早川と行く絶景天城の渓流釣りツアーに参加して
カリスマ・エンゾ早川の素顔に触れてみませんか?
60日前までにお申し込みされた方にはもれなくエンゾ早川サイン入り渓流竿をプレゼント!!
※いきなりもうどこかのテレビの通販番組レベルですね。

■あなたがこのツアーで得られるメリット 
・カリスマ・エンゾ早川氏の素顔に触れられる!
・初心者でも渓流でおいしい「アマゴ」が釣れる!
・釣り人あこがれの毛ばりの作り方が伝授される!
・幻の渓流魚アマゴの炭火焼きやアマゴ寿司を堪能できる!
・あなたのバイクがエンゾ・セッティングで生まれ変わる!
・ラクダのコブがあるフォームが手に入る!
・エンゾ早川流の自転車の新しい楽しみ方が手に入る!
・エンゾ・ファミリーの一員として今後のイベントに優先的に招待される!
※エンゾファンでラクダのコブのフォームを手に入れたいならこのコースが格安ということですね。
 ロードバイク講習の半額以下だから申し込まない手はありませんね。

●エントリー料に含まれるもの
・宿泊費・・・1泊2日の貸別荘ロッジ宿泊で、参加者3名で1棟利用です。
*ご希望により、差額5,000円別途で隣接ペンションを1名1室利用可。
*女性の方は個室利用になる場合がございますのでお申し込み前に電話確認ください。
*カップルの方は2名でコテージ1棟利用です。追加料金はありません。
・お食事・・・初日の夕食、2日目の朝食
・講習費用と釣り道具一式レンタル
・毛ばり製作

●受講料に含まれないもの
・ツーリング中のジュース代
※渓流釣りは入漁料が必要なのですが、エントリー料に含まれていません。
 代金を後で徴収するつもりなのか密漁なのか分かりませんが、とにかく悪質です。
 それとも森本氏はその程度のことも知らないでツアーを開催しているのでしょうか!? 


*エンゾ早川の素顔に触れてみたい方
*自転車で天城越えを体験してみたい方
*毛バリで天然のアマゴを釣ってみたい方
*毛ばりの作り方を伝授してもらいたい方
*車や信号のない絶景コースを思いっきり自転車で走りたい方
*自分のバイクのサドル、ハンドル、ステムのセッティングに不満がある方
*チーム走行を体験してみたい方
*カップルで南伊豆サイクリングを楽しみたい方
*エンゾ早川氏を囲んで深夜まで自転車や渓流釣りについて語り合いたい方

そんなエンゾ早川好き、自転車好き、にはピッタリのツーリングです。 

当日は、往復70km走りますので最低限の準備や心構えは必要です。
※ツアーを企画するにあたり、このすべてを満たす人間がどれだけいるかまでは考えていなかったようです。

 ついでにいうと釣りに当てられた時間は8:30~11:30の3時間しかありません。
 編者は釣りに詳しくありませんが、せっかく行くからにはもっと長く楽しみたいのが普通だと思います。
※この他2ちゃんねるでは
 「渓流釣りなのに軽装過ぎる。絶対危険だ」
 「自転車でいけるような場所に秘密のポイントがある訳ない」
 などのツッコミが入った。


●このツアーは私とエンゾ早川氏とが
「自転車」と「釣り」をテーマに実験的に開催する少人数限定
サイクリングツアーで今後も定期的にやるかどうかは未定です。
ひょっとすると後にも先にもこれ1回きりの「幻の天城ツアー」になるかもしれません。
エンゾ早川ファンのみなさん、超レアなこの「お宝ツアー」をお見逃しなく!

●今ならエンゾ早川手作りの毛バリをもれなくプレゼント!

■「興味はあるけど・・・エントリー申込みを迷っている・・・」皆様へ最後に一言!
おそらく、
たぶん、
私の第六感では、
次のエンゾ早川氏の小説のテーマはズバリ、
「自転車と釣り」
ではないかと勘ぐっています・・・
と、すると、
ひょっとして、ひょっとすると、
このツアーが次回作に取り上げられるかも・・・
そして、参加したあなたのお名前が
エンゾ早川氏の小説の中で活字になるかも・・・
永久に・・・
エンゾ早川ファンを自称するあなた!
これ以上の勲章はありません!
これはあくまで私の勝手な想像ですが・・・
それが現実になったとき・・・
Viva, bicicletta !
※もちろん森本氏の勝手な憶測で何の保証もありません。
 冷静な目で見ると銭儲けに必死な姿が浮かびあがるばかりです。
 (2010年2月15日に削除。)




.